2つある消防車の英語表現|発音とカタカナ表記&サイレン音も紹介

消防車 英語 読み方 発音 カタカナ
LINEで送る
Pocket

真っ赤なボディに大きなサイレン。
火災現場にいち早く駆けつけて消火活動や救助活動を行う消防車(消防自動車)は、わたしたちの暮らしを守ってくれる特別な車です。

では、この消防車、英語で何と言うのでしょうか?

今回は消防車の英語表現を取り上げます。イギリス英語とアメリカ英語で異なる表現と、パトカーなどの関連表現を発音と共に紹介します。また、日本ではウ~、カンカンカンで表現するサイレン音が、英語でどう表現されているのか?アニメ「ロボカーポリー」のロイの由来は英語と関係あるのか?など、小ネタも満載です。

消防車の英語表現をマスターして、いざと言う時に消防車を呼べるようになりましょう!

消防車を英語で言うと

消防車 英語 読み方 発音 カタカナ

消防車は英語で、fire engineまたはfire truckといいます。
まずは、発音の確認をしましょう。

消防車
fire engine

fire truck

fireは一般的にカタカナでファイヤーと書かれますが、英語の発音に近い読み方はファイアですね。ファイヤーという発音になってしまわないよう、しっかりと練習しましょう!

イギリス英語とアメリカ英語では違う表現?

消防車の英語表現は、fire engineとfire truckであると紹介しましたが、この2つに違いはあるのでしょうか?

実は、消防車を表す英語表現は、イギリス英語とアメリカ英語で異なります。
イギリス英語で消防車は、fire engineが一般的。アメリカ英語では、fire truckと呼ぶのが一般的です。ただし、イギリスでfire truckと言っても、アメリカでfire engineと言っても通じます。
pants(パンツ)のように、アメリカではズボンを指すのに、イギリスでは下着の意味で会話が通じない、といった事態にはならないのでご安心を。
 
 
あわせて読みたい。

消防車を呼ぶ際の英会話フレーズ

消防車の英語表現がわかったところで、次に消防車を呼ぶ際の英会話フレーズを紹介します。これを覚えれば、いざと言う時に役立ちますね。

消防車を呼んでください!
Call a fire engine!

Call 911!

※アメリカでは消防車や警察などの緊急電話番号は911です。そのため消防車に限らず、緊急事態には、Call 911!と言うのが一般的です。
 
 
あわせて読みたい。

パトカーなど関連用語の英語表現

ここでは、パトカーや救急車、消防士といった消防車に関連する用語の英語表現を紹介します。

パトカー
police car

※パトカーという言葉自体はpatrol car(パトロールカー)の略です。patrol carでも通じますが、一般的にはpolice carが使われています。

覆面パトカー
unmarked police car

救急車
ambulance

※カタカナだとアンビュランスが近い表記です。最初のAにアクセントがきます。

消防士
firefighter

※fireとfighterの2語ではなく、firefighterとまとまったワンワードなので注意しましょう。また、昔は消防士はfiremanと呼ばれていましたが、現在ではジェンダーに配慮した呼び方でfirefighterと呼ばれています。

救急隊員
rescue worker

サイレン
siren

fire engine sirenで消防車のサイレンambulance sirenで救急車のサイレンという表現になります。

消防車の種類別英語表現

消防車にもポンプ車やはしご車などさまざまな種類がありますよね。代表的な消防車の種類別の英語表現も確認しましょう。

ポンプ車
pumper

はしご車(はしご消防車)
ladder truck

レスキュー車
rescue truck

消防車のサイレン音は英語でどう表現する?

消防車のサイレンは国によって違います。日本では消防車のサイレンは、ウ~、カンカンカンと擬音表現しますよね。日本語に比べ擬音語が少ない英語では、消防車のサイレン音を表現する言葉はあるのでしょうか?

英語では、決まった擬音表現というのはありませんが、以下の擬音表現がサイレン音として一般的に使われています。

Nee-Naw Nee-Naw(ニーノ ニーノ)
Woo-Woo-Woo(ウーウーウー)
Wee-Woo Wee-Woo(ウィーウー ウィーウー)
Woop-Woop(ウーップ ウーップ)
BWEEP bip bip BWEEP(ビーッ ビッ ビッ ビーッ)

海外に行った際など、何かの機会に実際に確認できると楽しいですね。

ロボカーポリーのロイの由来

ロボカーポリーというアニメを知っていますか?ロボカーポリーは、ロボットに変形できる車達がメインキャラクターのアニメ。日本でも放送され人気を博した韓国のテレビアニメシリーズです。
ポリスのポリー、アンビュランスのアンバー、ヘリコプターのヘリー、そして消防車のロイがメインの車達です。

さて、ポリスのポリー、アンビュラスのアンバー、ヘリコプターのヘリーまでは、英語由来の命名ということがわかります。では、消防車のロイは…?
消防車は英語で、fire engineまたはfire truckでしたよね。流れ的に消防車のファイア?などといった名前だとスッキリなのですが、なぜか消防車だけ違います。

ちょっと気になりますよね?

実は、1970年代の「Emergency!」というアメリカのドラマに、消防士ロイ・ディソート(Roy DeSoto)というキャラクターが登場していたそうです。

1話あたり60分で構成され全124話も放送されたほど大人気で、ドラマの中に登場する消防車をモデルにしたミニカーがグッズとして販売されていたそうです。

もしかしたら、このドラマのロイがルーツかも?と推測してみました。しかし、これはあくまでも憶測の域を出ませんので、頭の隅に入れておく程度で…。
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

消防車 英語 読み方 発音 カタカナ

消防車は英語で、fire engineまたはfire truckと表現します。
fire engineはイギリス英語圏で主に使われ、fire truckはアメリカ英語圏で主に使われます。

また、救急車はambulance、パトカーはpolice carと表現します。消防車を呼ぶ必要がある時には、Call a fire engine!と周囲に依頼しましょう。

アメリカでは消防車も救急車も警察も全て911ひとつのダイアルですが、世界各国で事情が異なります。海外に渡航する際には、その国の緊急時対応方法を事前に調べておくといいですね。

いざと言う時に慌てないよう、今回紹介した英語表現はしっかりと覚えましょう!

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須