1. TOP
  2. 英単語の覚え方
  3. 単語だけで勉強するな!英会話をマスターする英単語の覚え方
Sponsored Link

単語だけで勉強するな!英会話をマスターする英単語の覚え方

 2016/12/13 英単語の覚え方
 
LINEで送る
Pocket

英単語を単体で覚えることが多い日本の学校教育ですが、学校教育を通して覚えた単語を実際の英会話で使えているという人はごく少ないのではないでしょうか。

英単語を単体で覚える勉強法ですと英単語を使わないまま忘れてしまった時点で、その単語が自分の英会話に登場することはありません。

このように英単語を単体で覚える勉強法ですと英会話に活用し難いばかりか、どんどん忘れてしまうので大変勿体ないと言えます。

特に単語帳を使った勉強法などは覚えるのが早かったとしても単語を単体で日常的に使うわけではありませんので、忘れるのも早いことが想像されます。

英単語を単体で覚えるよりも英会話として活用しやすく、さらに忘れ難くなる、表現ごと覚える方法を紹介します。

Sponsored Link

単語帳は使わない!

shutterstock_521801254.jpg

英単語が覚えられないという方は少なく無いかと思います。

単語帳を使っていくら覚えてもどんどん忘れていってしまうという方も少なく無いでしょう。

また単語帳を使った学習法を推奨している学校なども多いため、単語帳は英単語を覚えるための代表的なツールとして定着しております。

しかし、英単語を覚える場合、単語帳は使わないことをお勧めします。

単語帳以外での覚え方を知らない方にとっては意外かもしれません。

これにはちゃんとした理由があるのです。

単語帳というのは表のページに英語の単語を書く、裏のページに意味なり、日本語の単語を書き、めくりながら記憶力を使って単語を覚えていくという方法なのですが、実は単語だけで覚えても、いざ英語を話そうとしても単語しか出てこないということが起きます。

次の項では単語のみを覚えた場合、英会話にはどのような影響があるかなどを紹介して参ります。

英単語学習ついてはこちらの記事も参考になります
⇒日本の英語教育はとっても残念・・・・!?

単語で覚えたら単語単位でしか話せない

よく単語でしか英語を話すことができないと言われる方が多いのですが、なぜ単語を並べて英語を話してしまうかといいますと、その大きな要因の1つとして、中学生のときから単語を覚えるのに単語帳を使っていることが挙げられます。

単語で覚えてしまっているので単語単位でしか、英語を理解できていないのです。

中学校や高校の簡単な英語のテストくらいですと単語の意味を述べなさいといった問題がよく登場しますので単語帳で覚えた通りに回答すれば良いのですが、英会話になりますと単語のみでは会話がほとんど成立しません。

そのようなことから単語帳を使った学習方法はあまりお勧めはできません。

また単語帳で覚える癖がついてしまうと他の方法でも単語を覚えられるという考えが薄れてしまいますので、とにかく単語を覚えるには単語帳という一通りの手段しか知らないまま学生時代は単語帳を使い続け、大人になってしまうケースも少なくありません。

いざ大人になってから英会を話そうと思っても授業などで習った例文やフレーズなどよりも単語帳で覚えた単語の方が記憶に残っているため、そっちに頼ってしまい単語ばかりの英会話になってしまいます。

このような状況から抜け出すには単語よりも表現を覚えることをお勧めします。

次の項では英語を表現で覚えるための具体的な方法を紹介して参ります。

単語以外にも学習が必要!ビジネス英語のマスターに関するトピックはこちら
⇒超重要!ビジネス英語をマスターするには!

単語よりも表現を覚える!

shutterstock_534783325

単語を覚えるということは漢字を覚えることに近いのではないでしょうか。

例えば受験勉強などで漢字を1日100個覚えるという経験をされた方もいらしゃっるかもしれませんが、すぐに忘れてしまう漢字がほとんどなのではないでしょうか。

習慣的に自分が使っている漢字であれば忘れ難いかと思いますが、パソコンやスマートフォンを使うことが日常的になった今ですと実際に手で書くことが少なく読むことができたとしても、漢字を書くことができなくなっている人が多い状況です。

それと同じく、英語を単語のみで覚えたとしても英会話への活用は難しいのではないかと考えます。

このようにどんどん忘れていってしまう単語をどうすれば、会話に活用できるのでしょうか。

答えは単語よりも表現を覚えることです。

何か決まったシチュエーションの中で出てくるのが表現となり、センテンス単位となります。

このときに、こういうシチュエーションのときに、こういうことを言っていたというのを覚えるようにすれば必然的に表現の中に単語が入っているので単語とセットで覚えることができます。

これを繰り返すことによって、結果的に英単語も覚えられるようになります。

単語のみ勉強しようとしたときに、いくら覚えても忘れてしまうのは文脈もシチュエーションも無い中で単語だけを覚えようとするからです。

表現で覚えるということは、文脈の中から与えられた表現を覚えるので、あまり忘れないはずです。

単語帳を使わない英語力上達の秘訣はこちら
⇒マルチリンガルはやっている!語学上達5つの秘訣

量を増やすにはどうすればよい?

表現を覚える中で同時に使える単語の量を増やすにはどのようなシチュエーションでその単語が使われるのかを考える必要があります。

例えば「This is the pen.」これを覚えたとしても、どんなシチュエーションで使えばいいのかまで想像ができていないと英会話で話すことはできません。

「This is the pen.」(これが(まさに)そのペンです。)のように少し特殊な表現ですので、なおさら使うシチュエーションが想像できないかもしれません。

このように単語を覚えようと思った場合、どのようなシチュエーションで、どのような表現を使って自分がこの単語を使うことを想定されるのかを頭で理解する必要があります。

そのような理解ができなければ表現と一緒に単語を覚えても英語を話すときには単語しか話せなくなってしまいます。

 

シチュエーションにあったセンテンス

shutterstock_534437416

表現で英語を覚えることが習得できれば「こういうシチュエーションのときにはこう言えばいいのか」という覚え方をするはずですので、覚えたセンテンスを実際に使えるようになります。

使えるということは、使う頻度が増えていくので、覚えることができて、最終的にはその表現の中にも含まれる英単語を覚えることができるようになります。

例えばアメリカなどに留学をしている人のほとんどが、最初は単語を頑張って勉強をするのですが、覚えても実際には使わなかったり、どんなシチュエーションで使えば良いのかわからなかったりする場合がほとんどなのでキリが無く、諦めてしまうことがほとんどです。

留学したほとんどの人が表現で英語を覚える方法に切り替えることになります。

もしも使える単語の数を増やしていきたいということであれば、表現を覚えていくことをお勧めします。

そして、どんなシチュエーションのときに、どんな表現を使われているのかを一緒に覚えていくことを通して知らず知らずのうちに習得した英単語の数も増えてくるはずです。

 

まとめ

英語を表現で覚えるということは、日常会話などで想定されるシチュエーションごと覚えるということになり、結果的に多くの単語も覚えられることがわかりました。

また表現で覚えるということは、文脈の中に沿った表現を覚えることになりますので実用的で忘れ難いということもわかりました。

従来の英単語を単体で覚える方法を見直し、覚えるべき対象を英単語単体から表現に移してみることで、抜本的に実際の英会話に役立つ勉強法に変えられます。

どうしても中学校や高校での英語学習法が定着してしまっている方もまだまだ多いかと思いますが、ネイティブとの会話ができるようになるくらいの英会話のマスターを目指す場合は根本的に勉強方法を変える必要があります。

英単語を単体で覚える癖が付いてしまっている方はぜひこの機会に勉強方法を見直して英語を表現で覚える勉強法に切り替えることをお勧めします。

動画でおさらい

英単語の覚え方は○○を使わない!を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • “S”が入ります。「バレンタインデー」を英語で何と言う?

  • 初心者からのやり直し英会話。1番やって欲しい2つの勉強!

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 粗大ゴミは英語で?アメリカ人に粗大ゴミの概念は無い?

  • 日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?

  • 英単語のスペルを覚えることは大事?