花火は英語でfirework!夏の風物詩・花火にまつわる英語表現やフレーズ、例文

花火 英語 firework 夏の風物詩 英語表現 フレーズ 例文
LINEで送る
Pocket

夏になると、花火大会へ行ったり、線香花火のような手持ち花火を楽しんだりと、花火をする機会が増えますよね。

日本の繊細な花火は海外からも注目されるほど有名ですが、花火は英語でなんと表現するのでしょうか?

この記事では、そんな花火にまつわる英語表現やフレーズ、例文などを紹介していきます。

花火は英語でfirework

花火 英語 firework 夏の風物詩 英語表現 フレーズ 例文

花火は英語でfireworkと表現されます。
この単語は、fire(火)とwork(作品)を合わせた合成語です。

日本では、夏になると花火大会が各地で開催されていますよね。

それは海外でも同様なのでしょうか?
ここからはfireworkの発音や読み方、日本と海外の花火文化の違いについてみていきましょう。

fireworkの発音やカタカナでの読み方、複数形は?

読み方:ファイアワーク

fireworkは可算名詞です。
しかし、花火は2つ以上のものを打ち上げることが多いので、fireworksと複数形を表すsをつけて使うのが一般的です。

日本と海外で花火はどう違う?

日本では花火といえば夏の風物詩。
夏になると毎週のように日本各地で花火大会が行われていたり、家族や友人と手持ち花火を楽しんだりしますよね。
しかし、海外では夏をイメージするものとして花火を思い浮かべる人は多くありません。

年越しのカウントダウンで花火が打ち上げられることから、海外では花火=冬のイメージを持っている人も多いのです。
夏に花火を楽しむというのは、日本特有の文化であることが分かりますね。

また、花火に対しての認識も日本と海外で違いがあります。
日本の花火大会のメインはその名の通り花火ですが、海外で花火はイベントに花を添えてくれるおまけのようなもの。
イギリスのガイフォークスデイやアメリカの独立記念日といったお祝いの日に花火が打ち上げられ、その日を盛り上げてくれる盛り上げ役のような役割なのです。

また、日本では花火を購入するのに年齢制限がないので、子供でも手持ち花火やロケット花火のようなおもちゃ花火が買えますよね。
しかし、国によっては基本的に花火の売買は禁止されていて、独立記念日やハロウィンといった特別な期間しか買えなかったり、購入に年齢制限があったりするのです。
そのため、おもちゃ花火を体験したことがない外国人は実は多くいます。

外国人をもてなすことがあれば、ぜひ手持ち花火で遊んでみてください。貴重な経験となるはずなので、きっと喜ばれるでしょう。
 

花火に関連する英語表現5選

花火 英語 firework 夏の風物詩 英語表現 フレーズ 例文

花火には夏の夜空を美しく照らす打ち上げ花火や、手軽に家庭でも楽しめる手持ち花火がありますよね。
こうした花火を作る職人は花火師と呼ばれ、スターマインやナイアガラのような、大きな打ち上げ花火も作っています。

それでは、このような花火に関連する言葉は英語でどのように表現されているのでしょうか?
ここからは、花火に関連する英語表現を紹介します。

花火大会

前の項目で、日本と海外では花火に関する認識が違うとお話しました。
海外では日本のように花火がメインとなる花火大会のようなイベントは少ないため、花火大会を明確に示す英語表現はありません。
とはいえ、花火大会という言葉はfireworks displayfireworks festivalといえば伝わります。

fireworksだけでも花火大会と表現できますが、花火と混同しないようにfestival(祭り)とつけることで、より相手に伝わりやすくなるでしょう。

花火大会
fireworks display

他にもfireworks showfireworks eventといった表現が、花火大会という言葉を伝えることができますよ。

打ち上げ花火

打ち上げ花火は、英語でfireworksです。
花火そのものもfireworksと呼ばれているので、skyrocketやskyrocket fireworkと表現すると打ち上げ花火と分かりやすいでしょう。

また、日本でお馴染みのおもちゃ花火のひとつに、ロケット花火があります。
火をつけて空に打ち上げることから打ち上げ花火の仲間とされており、同じくskyrocketと呼ばれています。

打ち上げ花火・ロケット花火
skyrocket

また、近年の花火大会でよく見られる地上に仕掛けを作って文字やイラストが浮かび上がる花火は、仕掛け花火と呼ばれています。
有名な仕掛け花火のナイアガラの滝は、花火大会のクライマックスを盛り上げてくれますよね。
仕掛け花火は、英語でset fireworksfireworks pieceと訳されることが多くなっています。

仕掛け花火
set fireworks

手持ち花火

日本では、子供から大人まで楽しめる手持ち花火が人気ですね。
家庭でも手軽に楽しめるので、手持ち花火をしたことがある人が多いのではないでしょうか。手持ち花火は、片手で持てるという意味の形容詞handheldを伴い、handheld fireworksと言われています。

手持ち花火
handheld fireworks

手持ち花火の中でも、特に人気のある線香花火は英語でsparkler
sparkleはきらめく、火花を発するといった意味があり、-erをつけることできらめくものという名詞になります。

sparkleは語尾がeで終わるため、rのみを付けてsparklerとなっています。
ただし、sparklerをきらめくものという意味で使うのは、口語の場合が多いので注意しましょう。

線香花火
sparkler

おもちゃ花火

へび花火やねずみ花火のような、手軽に遊べるおもちゃ花火(家庭用花火)が日本では売られていますよね。
おもちゃ花火は英語でtoy fireworksやsmall fireworksと表現されています。

おもちゃ花火
toy fireworks

次は、いろいろな種類のおもちゃ花火にまつわる英語表現をみていきましょう。

ねずみ花火
pinwheel

回転するねずみ花火(回転花火)は、風車のようにくるくると回転するのが特徴ですよね。
この特徴から、おもちゃの風車(かざぐるま)を意味するpinwheelという単語を使って表現されます。

爆竹
firecracker

大きな音が出る爆竹は、日本でも見かけるメジャーなおもちゃ花火のひとつ。
爆竹は、中国の春節のときに大きな音で邪気を払うとされているものでもあります。
そんな爆竹は、firecrackerと呼ばれています。
fireを抜いて、crackerだけでも爆竹として伝わります。

へび花火
black snake

へび花火は、へび玉とも呼ばれる黒い花火です。
円状の花火に火を点けると、もくもくと黒いヘビのような姿になることから、black snakeと呼ばれています。

花火師

花火を作る職人のことを花火師と呼びますよね。
実は、花火師も英語で表現することができ、pyrotechnistと呼ばれています。

花火師
pyrotechnist

他にも、花火師と英語で言いたい場合は、火薬技術者の意味のpyrotechnicianや、専門家を意味するfireworks expertなどを使って言い換えることもできます。
製造者の意味のmanufacturerを使って、fireworks manufacturerと呼ぶこともできますので併せて覚えておくと英語表現の幅が広がるでしょう。

例文付き!花火にまつわる英語フレーズ

花火 英語 firework 夏の風物詩 英語表現 フレーズ 例文

今後、花火を見に行くと英語で伝えるシーンがあるかもしれませんよね。
最後に、花火にまつわる英語フレーズを例文とともに紹介していきます。

set off fireworks(花火を打ち上げる)

花火を表す英単語を知っていても、花火を打ち上げるという英語を知らない人は意外と多いかもしれません。
set off fireworks花火を打ち上げるや花火をするというフレーズになります。
また、set offは作動する、打ちあがるといった意味の熟語なので併せて覚えましょう。

日本では海や川の近くで花火を打ち上げます。
In Japan, set off fireworks near the sea and rivers.

see/watch fireworks(花火を見る)

花火を見るという意味のフレーズ、see fireworks
watch fireworksでも表現できますが、seeよりもwatchの方がじっくりと注意して見るというニュアンスです。

seeは対象となるものが自然と目に入ってきた場合に使い、watchは対象となるものを自分の意志で見るという違いがあります。
どちらを使っても問題はありませんが、ニュアンスの違いで使い分けられると良いですね。

花火を見に行きませんか?
Why don’t we go see fireworks?

家族で丘の頂上から花火を見ます。
Watch fireworks from the top of the hill with my family.

sound of fireworks(花火の音)

花火の音は英語でsound of fireworksといいます。
また、日本で花火の音を表すとき、ドン!やバーン!ドカーン!といった擬音語を使いますよね。

このような擬音語は、英語ではBang!やBoom!と表現します。
ただし、擬音語は英語であまり使われません。擬音語は子供が使うような表現となっているので注意しましょう。

イタリアでは花火の音を楽しむイベントがあります。
In Italy, there are events to enjoy the sound of fireworks.

 

まとめ

花火 英語 firework 夏の風物詩 英語表現 フレーズ 例文

日本では夏のイメージとなっている花火。
海外ではイベントを盛り上げるために打ち上げられ、花火がメインであるお祭りが開催されるのは日本特有であることが分かりましたね。
花火大会を英語で表すとfireworks displayやfireworks festivalが一般的です。

また、日本文化紹介として線香花火やねずみ花火といったおもちゃ花火を外国人に説明すると喜ばれるでしょう。
花火の音も英語表現ではBang!やBoom!と表現するものの、子どもが使うようないわゆる子ども英語になってしまうため注意が必要なことも分かりましたね。

このような英語と日本語での使われ方の違いは、オンライン英会話のようなスクールに通わないと身につかないと思っていませんか。
しかし、勉強のやり方次第ではスクールに通うことなく身につけられます。
例えば、分からない単語があったとしてもお手持ちのスマホで検索をすれば、簡単に意味を調べられますよね。

特にWeblio辞書: 英和辞典・和英辞典は、おすすめできる辞書サイトのひとつ。
単語だけでなく、サイト内にあるWeblio英語例文から例文も学習できます。
Weblio辞書には英語例文が豊富に掲載されているので英語学習にとても便利です。
無料で利用できるところも嬉しいポイントですね。

Weblio辞書には、日英・英日専門用語辞書やEDR日英対訳辞書のような専門用語を扱う辞書も情報を提供しているので、幅広い分野の英単語を学べます。
ビジネス英文メールテンプレート文例集(Weblio Email例文集)ではビジネスシーンでも使える英語表現が学習できます。
他にもオンライン英語辞典を利用したい方には英辞郎on the WEB Proもおすすめ。
有料ですが、英和例文数143万件と本格的に英語学習している人に人気のサービスです。

ライティング力を鍛えたい方は、ネイティブに英文を添削してもらえる英語便を利用してみましょう。
文法はもちろん、トーンやロジック、ニュアンスなどさまざまな観点から添削をしてもらえるのでおすすめです。
気になる方は、無料トライアルもチェックしてみてくださいね。

このように、いろいろなツールから英単語や英会話例文に多く触れることで、英語の語彙力が鍛えられるでしょう。

そして、英語学習では見たり聞いたりして学ぶだけでなく、書いたり話したりするアウトプットも大切です。

今回の記事で学んだfireworkを使った英語表現をノートにメモを取ったり、実際に声に出して読んだりすることで英語は身につきやすくなります。
学生さんで英語を学習している方も、英検®や学校で習う英語の勉強しかしたことがない社会人の方も、少しずつでも学習を進めることで、英語力を高めていきましょう!

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須