※当サイトはプロモーションが含まれています

シャチは英語で?オルカなど2つの表現の正しい読み方とグランパスの意味

シャチ 英語

白黒で海のパンダのような「シャチ(鯱)」は、水族館でも人気者。しかし、実はサメやクジラでさえも捕食する「海のギャング」と呼ばれる一面も。

今回は、そんな2つの顔を持つ「シャチ」の英語表現を紹介します。正しい読み方や発音、英語例文を通して「シャチ」の英語表現をマスターしましょう。

また、関連表現として、クジラやイルカの英語表現も紹介します。シャチと仲間たちの英語表現を学んで、ネイティブと海洋生物の話で盛り上がりましょう!

シャチを意味する2つの英語表現

シャチ 英語

シャチを意味する英語表現は2つあります。

シャチの英語表現 発音
Orca
Killer Whale

OrcaKiller Whaleは同じ動物(シャチ)を指します。2つの表現の違いは、使われるシーンです。

一般的には、科学や研究の文脈では「Orca」がより使われ、日常会話やメディアでは「Killer Whale」が好まれる傾向があります。

以下でそれぞれの単語を詳しく確認しましょう。

シャチを意味する2つの英語表現①Orca

「シャチ」を意味する英語の一つ目は、Orcaです。

Orcaは、シャチを指すための学名「Orcinus orca(読み方:オーシナス オーカ)」から派生したものです。そのため、Orcaは、一般的に科学的な文脈や専門的な議論で使われます。

読み方は、「オーカ」または「オルカ」が近いです。「オ」と「カ」の間には、「R」の音が入ることを意識しましょう。

実際の発音を再度確認しましょう。

シャチ
Orca

研究者たちは野生のシャチの声の研究を行っています。
Researchers have been studying the vocalizations of Orcas in the wild.

※Orcaの複数形は「S」をつけたOrcasです。

太平洋のシャチの移動パターンに関する研究が行われています。
Researchers are conducting a study on the migration patterns of orcas in the Pacific Ocean.

なお、「オルカ」という言葉を聞いたことがある人が、「オルカとシャチの違いは?」や「シャチのスラングがオルカ?」などと疑問に思うケースがありますが、答えはシンプル。

シャチ(鯱)は日本語、オルカ(Orca)は英語です。
Orcaはシャチのスラングではありません。

ちなみに、Orcaは英語でもありますが、語源はラテン語。つまり、ラテン語でもOrcaは「シャチ」を意味します。

シャチを意味する2つの英語表現②Killer whale

「シャチ」を表すもう一つの英語表現は、Killer Whaleです。
読み方は、「キラーウェール」または「キラーホエール」。こちらは一般の会話によく用いられます。

ボートツアー中にシャチの群れを見つけました。
We spotted a group of Killer Whales during our boat tour.

そのドキュメンタリーは、野生の中でのキラー・ウェールの驚くべき狩猟戦略を紹介しました。
The documentary showcased the remarkable hunting strategies of Killer Whales in the wild.

 
>>動物の名前を英語で覚えよう!50種類英名一覧【読み方・音声あり】

イルカやクジラは英語で?

シャチ 英語

シャチの英語がわかったところで、同じく海にいる大きな生き物、イルカやクジラはどのように表現するのでしょうか?これらの英語表現も合わせて覚えましょう!

イルカ
dolphine

クジラ
whale

クジラ(whale)をカタカナで表記すると、「ホエール」または「ウェイル」ですが、「ウェイル」の方が、実際の発音が近いです。

WH」で始まるwhaleの発音は日本人にとって難しいため、何度も聞いて、聞いた音の通りに発音することをおすすめします。

私は海で跳ねるイルカを見ました。
I saw a dolphin jumping in the ocean.

クジラは毎年長距離を移動します。
Whales migrate long distances every year.

 
>>「dolphins」「whales」のネイティブ発音「イルカ・クジラと泳ぎたいです」を英語で

名古屋グランパスのグランパスはシャチの英語表現?

Jリーグ・名古屋グランパスのマスコット「グランパスくん」を知っていますか?グランパスくんは、シャチをモチーフにしたキャラクターです。

実はグランパス(GRAMPUS)という言葉は、英語で「シャチを含むハナゴンドウと類似のクジラ類の総称」を指す言葉です。

ただし、GRAMPUSは古い言葉で、現代英語では一般的な単語ではありません。英語ネイティブでもGRAMPUSと聞いて「シャチ」を思い浮かべる人は少ないです。

日本でもシャチのことを「サカマタ」や「タカマツ」と呼ぶことがあるのを知っている人も少ないでしょう。これと同じ感覚と考えるとしっくりくるのではないでしょうか。

グランパスくんはさておき、シャチは英語でOrca、またはKiller whaleと覚えましょう!

Jリーグ・名古屋グランパスのマスコット「グランパスくん」は、シャチをモチーフにしています。
The J-League team Nagoya Grampus’ mascot, “Grampus-kun” is inspired by a killer whale.

 
>>レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

まとめ

シャチ 英語

「シャチ」の英語表現は2つ。科学的な議論ではOrca、日常会話ではより口語的なKiller Whaleという表現が使われます。

グランパス(GRAMPUS)もシャチを指すこともありますが、ネイティブでもほぼ使うことのない古い言葉です。ただし、もちろん知っていて損はありません!豆知識程度に頭に入れておきましょう。

パンダのような可愛らしい見た目を持つ一方で、捕食者としての強さも持つシャチ。英語で魅力を紹介できるようになるといいですね!