1. TOP
  2. せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント
Sponsored Link

せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

LINEで送る
Pocket

留学やワーキングホリデーを充実させるために海外に行く前に準備しておきたいことを3つの切り口から紹介します。

Sponsored Link

行く前に日本でしてほしい事

shutterstock_388170499

「留学やワーキングホリデーを充実させる3つのポイント」について紹介します。

まず1番最初のポイントは行く前の準備についてです。

留学やワーキングホリデーを充実させるためにはまだ日本に居るときにある程度は英語の勉強をした方がいいということです。

27才ぐらいの時にワーキングホリデーを経験された人のお話しになるのですが、まったく英語を勉強せずにアメリカに行ったところ、簡単な英語も通じなかったらしいのです。

まったく英語が通じなければ何をしようにも何を言ってるか全然分かりませんので、最初の2年間は言葉がまったく分からなくて、すごくストレスがあったとのことです。

1年ほど経ったころからようやく日常会話の中ではカタコトの会話は出来てきたそうです。

たとえばワーキングホリデーの仕事先で細かい指示を出されたりした場合、対応できずしどろもどろになってしまったことが1度や2度ではなかったそうです。

その方は「行く前にもう少し英語を勉強しておけば、ストレスを抱えたりとか無駄な時間を膨大に費やさなくてよかったかもしれない」と強調しておっしゃっておりました。

短期留学やワーキングホリデーは期間が短いため、初期段階から行き先での勉強や生活を楽しめなければ損をしてしまいます。

短期先やワーキングホリデー先に到着後の走り出しがスムーズなように、できる限り日本での準備期間を長めに確保して出発されることをお勧めします。

ワーキングホリデーの持ち物についてはこちら
⇒電子辞書はやっぱり便利!ワーキングホリデーに必須の持ち物

時間をどれだけ有効に使うか

留学の場合、短期間の場合は、大人の場合のワーキングホリデーは1年となどのケースが多いので、そんなに長い期間ではないのです。

この期間、どれだけ有効に時間を使うかと考えた場合、ブロークンイングリッシュでもいいので、ある程度は英語が出てている状態であれば、海外に行ってもすぐに友達ができる可能性が高いですし、日常生活で様々な人とコミュニケーションをとることもできます。

英語を少し勉強すれば様々なことを楽しむことができます。

しかし、全く話せない状態で海外に行ってしまって、留学だったりとか、ワーキングホリデーに行ってしまいますと、最初の数ヶ月は英語を勉強するのに必死で、たとえば楽しみたいこと、友達を作る、ネイティブの友達を作ったりとかお出かけするということがなかなか出来なくなってしまったりする可能性が高いです。

繰り返しになりますが、ブロークンイングリッシュでも構わないので、日本にいるときに少しは英語が話せるように、コミュニケーションが取れる程度にはなっておいたほうがいいと思います。

ブロークンイングリッシュであれば最低限の日常会話レベルですので、押さえるべきポイントも少なく、日々発音練習をするなど、レッスンの頻度を高くすれば比較的短期間で身に付くはずです。

 

なるべく日本人とは関わらない!

そして2つ目のポイントです。

2つ目のポイントは、海外に行った先ではなるべく日本人と関わらないほうがいいと思います。

たとえば高校でも大学でも日本人は日本人で集まるし、韓国人は韓国人で集まるし、台湾人は台湾人で集まってるんですね。

こうなってしまいますと、グループの中で英語がまったく話せないで終わる人も結構居ます。

理由はグループ内で英語を話せる人が人を助け続けてしまうことにより、一向に英語にさらされる機会が無くなってしまうからです。

特に短期留学だったりとかワーキングホリデーの場合ですと、限られた時間しかありません。

日本人とは、日本に帰ってきてからでも付き合うことが出来ますので海外にいる間はなるべくネイティブの人とお付き合いをしたりとか、日本人以外の人で違う国から来てる人とお友達を作った方が、英語力がアップすると思いますし、自分の人生の経験にもなると思うので、なるべく日本人とは関わらず、ネイティブだったりとか他の国の外国人と遊ぶようにしてみた方がいいと思います。

せっかく海外まで行くわけですし、限られた期間での海外生活になりますので、可能な限り自分をオープンにして積極的に外に出ていくことをお勧めします。

ワーキングホリデーについては、こちらの記事も参考になります
⇒ワーホリで海外で学校に行って仕事もして休暇も楽しむ!

やりたいことリストを作る

そして3つ目ですが、期間が短いので、「やりたいことリスト」を作っていくといいと思います。

本当に一年とか特に短期留学だともっと短いですよね。

三ヶ月とかが経過したとき、この三ヶ月、あっという間に時間が過ぎてしまったと実感するかと思います。

そしてその三ヶ月の間で自分が何をやりたいのか、何を達成したいのかっていうのを明確にしていくことを通して、後悔ない留学をすることが出来るはずなのです。

この3つのポイントを頭に入れながら、短留学やワーキングホリデーに行ってきてください。

ワーキングホリデーについては、こちらの記事も参考になります
⇒2016年ワーホリに行ける国リスト!

まとめ

留学やワーキングホリデーを充実させるために海外に行く前に準備しておきたいことを3つの切り口から紹介して参りました。

既に留学やワーキングホリデーを予定されている方や将来的に予定されている方はぜひ押さえておいてください。

 

動画でおさらい

短期留学やワーキングホリデーを充実させるための3つのポイント!を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • いざという時の英会話「携帯を盗まれました!」誰が何をしたをハッキリと?

  • 電子辞書はやっぱり便利!ワーホリに必須の13コの持ち物

  • 丸暗記しよう!「パーティーは手ぶらで来てね」を英語で

  • CAさんに何かをもらってみよう!機内で使える英語表現

  • 英語の決まり文句「ゆっくりしていってね」を使って場を和ませよう

  • 5つのシチュエーションごとの「接客英語」を覚えて、ワーキングホリデーをしてみよう