I’ll Do my bestではない「がんばる!」を英語で

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

何かに挑戦するとき
モチベーションを上げるとき
誰かを応援するとき

「がんばる」や
「がんばって」

という言葉を使います。

この「がんばる」
英語ではどのように表現するのでしょうか。

「がんばる」は‟Do my/our best”?

辞書を開くと、
「がんばる」は

「Do my/our best.」
と訳されていることが多いかもしれません。

「I’ll do my best.」

は確かに
「がんばる」ですが

文章をよく見てみると、
「I’ll do my best.」

“best”が使われています。

ベストは日本語でも使いますが
「最善」という意味が強いですよね。

間違ってはいませんが
「がんばる」というよりも
「最善を尽くす」
というニュアンスに
近い表現になります。

それでは日本人が言う
「がんばります」には
いったいどのような表現があるのでしょうか。

その他にもある、
「best」を使用した英語はこちら
⇒美味しさを英語で思いっきり表現しよう!「今まで食べたステーキの中で一番美味しい!」

「We’ll do it」


日本人がよく使う、
日本人的な「がんばる」とは、

どのように
英語で表せばいいのでしょうか。

たとえば、
野球やバスケットボールのように、

実際のスポーツで
チームメイトたちと

「一緒にがんばろうぜ!」
というように
声をかけあう場合の「がんばる」は、
「We’ll do our best.」

と表現するよりも、

「We’ll do it, alright?」

近いです。

「We’ll do it」は直訳すると
「私たちはそれをします」
となりますが

このケースでの
「We’ll do it, alright?」
は、

「一緒にゲームや試合をがんばるよ。いい?」
のようなニュアンスとなります。

もしかすると、
これが日本人がよく使う

「がんばる」という表現に
近いのかもしれませんね。

「俺たちなら絶対出来るから!」みたいな感じで!

一緒にみんなでがんばっているときなど、
「がんばるよ!」と言いたいときは、

先ほどご紹介した
「We’ll do it, alright?」
のような表現のほか、

「We can do it.」

という言い方もします。

この場合の直訳は、
「私たちは、それをすることができる」
となりますが、

「俺たちなら絶対にできるから!」
のようなニュアンスとなります。

私たちは最善をつくします。
We’ll do our best.

というよりも

「We’ll do it, alright?」や
「We can do it.」

の方が、
モチベーションが上がる気が来ませんか?

まとめ

やってやろうぜ!
俺たちならできる!

のような
モチベーションをあげるときの「がんばる」

「I’ll do my best.」よりも

「We’ll do it, alright?」や
「We can do it.」の方が、

気合が入りますね。

そして
「I’ll do my best.」
最善を尽くします=がんばります

も、とても役立つ英語ですので
合わせて覚えておいてくださいね。

状況や感情によって
使い分けられるようにしましょう。

動画でおさらい

I’ll Do my bestではない「がんばる!」を英語でを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須