英語での見積もりの取り方・提示の仕方とは?メールで使えるテンプレも紹介!

LINEで送る
Pocket

グローバル化が進む中で、海外との取引が増えている会社は多いのではないでしょうか。

同時に、英語で見積りを取ったり、見積依頼を受けたりする機会も増えていると思います。重要な取引の場面だからこそ、自分の英会話の能力にも自信を持って、スマートにやり取りしたいですよね。

今回は、そんなビジネスの場面で使える、英語での見積依頼の仕方や、見積提示の仕方を紹介します。辞書で引いただけではなかなかわかりにくい部分も例文を用いて解説します。

メールでそのまま使えるテンプレート見積関連のフレーズもあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

見積もりの英語表現

日本語で見積のやり取りをする際には、概算と正式な見積の二種類がありますね。それは英語の場合も同じです。

概算見積

英語では概算見積価格のことをestimateといいます。

特に為替や資材調達・運搬のコストの変動などが激しく一定の価格を提示することが難しい業界では、複数のwritten estimates(概算見積書)を提示し、不慮の自体に備えるということが良く行われます。

正式見積

正式な見積価格のことは、quotationといいます。

このquotationを用いて見積書を提示した後は、顧客の同意なしに価格を変えることはできなくなるという点がポイントです。突然の価格変動に備えるため、このタイプの見積書では見積項目を細かく提示することが多いとのこと。もし予定よりコストが多くかかった際には、この見積もり項目に基づいて交渉することもできますね。

よって、発注したい物や依頼したい事柄の詳細がすでにきちんと細かく決まっていて、それに対する詳細な見積もりが欲しい場合はquotationを使うのがおすすめです。
しかし、初めて取引をする相手や、今後詳細の話し合いを下うえで発注内容を確定する必要があると思われる場合には、estimateを使った方が良いことも多いようです。

場面にあわせてこの二つの単語をうまく使い分けるようにしましょう。

見積依頼の仕方

では実際に、見積もりを依頼する場合には英語でどう表現したらいいのでしょうか。
いくつか例文を用いて確認してみましょう。

外壁の補修にかかるコストの概算の見積もりをいただけますか?
Could you give us an estimate of the cost of repairing the outer wall?

概算の見積書をメールで送っていただけますか?
Could you send me a written estimate via an e-mail?
viabyとしても大丈夫ですが、viaの方がよりフォーマルです。

概算ではなく、正式な見積もりが欲しいというニュアンスを強めたい際はestimateの部分をquotationに変えましょう。

外壁の補修にかかるコストの見積もりをいただけますか?
Could you give us a quotation of the cost of repairing the outer wall?

見積書をメールで送っていただけますか?
Could you send me a written quotation via an e-mail?

また、動詞estimate(推定する)を使うことで見積もりを尋ねることもできます。

この製品の費用の見積もりはどのぐらいですか?
What is the estimated expense for this product?

こちらも応用編として押さえておきましょう。
これらの表現は、電話や会議中に口頭で見積を依頼するときの会話の中でも、ビジネスメールの文中でも使えます。

こちらの記事もおすすめです。

見積価格について話す際の例文

一方、動詞のquote(値段をつける)は価格を提示された際に良く使われる動詞です。

あのディーラーは車の修理代に100ドルかかると言ってたよ。
That car agency quoted us $100 for car repairs.

新しい浴槽を入れるのに200ユーロかかると言った。
They quoted us €200 for installing a bathtub.

見積もりで提示された金額について話し合うときなどに使えるフレーズですね。

ビジネス英語を学びたいならこちらもおすすめ。

見積提示の仕方

依頼を受けて見積書を提示する際にも、前述のestimatequotationを使うことができます。こちらも例文で確認しましょう。

概算見積書を添付しました。
Please find the attached written estimate.

見積を添付しましたのでご確認ください。
Please find the attached quotation for your review.

そのまま使えるテンプレート

見積依頼のテンプレ

題名:見積依頼
Requesting a quotation

宛名:関係者様
To whom it may concern,
※名前がわかる場合には、Dear〇〇,と書き始めてOK。

本文:~の見積をお願いいたします。御社でさまざまなモデルの取り扱いがあるようですが、製品が〇〇で△△な必要があるため、~が最も良い製品だと思いました。
また、12月中に搬入できるものを探しているため、【配送先】までの運送にかかる期間も教えていただけますか。
お返事お待ちしております。

I would like to request a quote for a ~. I have seen that your company sells several different models, but since I need it to be 〇〇 and △△, I feel the ~ would be the most appropriate.
I would also like to know how long it would take to ship the ~ to【place】since I need it to be delivered by the end of December.
Looking forward to hearing from you.

結び:敬具
Yours sincerely,

見積提示のテンプレ

宛名:〇〇
Dear〇〇,

本文:この度は弊社の製品にご興味いただきありがとうございます。見積書を添付しました。ご参照の上、今後の話し合いに都合の良い日時を教えていただけますか。
見積の内容は11月25日までに受注した場合に適用されます。また、ご注文から20日以内の発送となることをご了承ください。
お返事お待ちしております。
Thank you for your interest in our products. Please find the attached written estimate. Please review it and suggest a convenient time for follow-up discussions.
The price quoted will apply only to orders received on or before November 25th. Be kindly reminded that we deliver within 20 days after receipt of order.
I hope to have an early response from you.

結び:敬具
Yours sincerely,

見積関連の便利なフレーズ

その他、見積書でよく目にするフレーズを紹介します。この機会に押さえておき、見積書を読むや作成する際にぜひ活かしてください。

最少販売単位
minimum ordering quantity

返品についての約束事項
goods return policy

支払いが遅れた場合の約束事項
overdue payment policy

梱包と発送の料金
packing and delivery instruction

見積有効期限
quotation validity period

見積仕様書
quotation specifications

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、ビジネス英会話の一環として見積の依頼・提示の仕方と、メールの場合のテンプレート、そしてその他便利な見積に関わる用語について紹介しました。

和訳・英訳、そして今回説明したニュアンスの違いをよく確認し、ビジネスの場面に活かしてくださいね。
綺麗な英語を使うビジネスマンは、自然と相手からの印象も良くなるはずです。的確な表現を覚え、グローバル化の世の中で一層活躍できる人材になりましょう!

LINEで送る
Pocket

無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須