「詳細」を英語で表現すると?正しい発音と使い方を紹介




LINEで送る
Pocket

日常会話やビジネスの場面で、「詳細を教えてください」「詳細は後ほどお伝えします」など、詳細という言葉はよく使われますよね。

この詳細に関する表現を英語できちんと言うことができますか?

そこで今回は、日常生活やビジネスシーンで、知っておくと便利な「詳細」についてのフレーズを紹介します。

詳細を表す基本英単語「detail」の使い方と発音

詳細という日本語を英訳するとすぐに思いつくのが、detailという単語ではないでしょうか。

日本人にもなじみのある単語ですが、英語では日本語的なディテールという発音と少し違っています。

以下リンクより、detailの発音を確認してみましょう。
※Weblio辞書(英和辞典)にて確認できます。

detailの発音はこちら

eの部分を長めに伸ばし、ディーテールと発音しましょう。

英語辞書にもある通り、detailという単語は、細部、詳細などの意味を持つ名詞です。

それでは例文を見ていきましょう。

例文:
①I don’t know the details about it.
私はその詳細を知らない。

②She explained the details about the plan.
彼女はそのプランの詳細を説明した。

ネイティブは、detailの前にinをつけた形、in detailをよく使います。

in detailは、詳しく、詳細にという意味の副詞的な使い方をします。

例文:
③I explained in detail.
私は詳しく説明しました。

④She explained the plan in detail.
彼女はそのプランを詳細に(詳しく)説明した。

in detailを使った④の例文と、detailを使った②の例文、She explained the details about the plan.と見比べてみてください。

2つの文の意味は基本的に同じですが、detailを名詞として使っているか、in detailとして副詞的に使っているかの違いがあります。

どちらの表現も使えますので、覚えておくと良いでしょう。

知っておくと便利な英語表現「magnificent」の意味はこちら

他にもある!「詳細」に関する英語表現と例文

detail以外にも詳細という意味を表現する用語はいくつかあります。

語彙力アップのためにも、detail以外で「詳細」を表現する単語を見ていきましょう。

fullを使った表現

fullは、全部・いっぱいの・満ちたという意味の単語です。

そこから、fullを名詞の前につけて、詳細の(全部の)というニュアンスの形容詞として使うこともあります。

例:full report
(詳細なレポート)

また、in fullと副詞的に使って、詳細にという意味を表現するケースもあります。

例文:
Please report the situation in full.
状況を詳細に報告してください。

particularを使った表現

particularは、特定の・特有の、という意味の単語です。

particularsと、複数形にすることで、詳細という意味の名詞として使います。

例:go into particulars
(詳細に渡る)

minuteを使った表現

minuteと聞くと、時間の単位である分や、議事録という意味が思い浮かびますよね。

しかし、minuteを形容詞として使うと、詳細なという意味で使うこともできます。

例:minute examination
(細密な検査)

specificを使った表現

specificは明確な・具体的な、という意味の単語ですが、詳細なというニュアンスでも使えます。

例:specific idea
(詳細なアイデア)

moreを使った表現

moreは、manyの比較級で、もっと・より以上のという意味の単語ですよね。

このmoreを使って、詳細のニュアンスを表現することができます。

例文:
Can you tell me more about your job?
あなたの仕事についてもっと詳しく話してくれますか?

Can you tell me more about 〜?は、〜について詳しく話してくれますか?という表現で日常会話でよく使われています。

また、more info.(詳細な情報)という表現もよく使われます。
※info.はinformationを省略した形

間違いやすいイディオムの代表格をマスターするには、こちら

日常英会話やビジネスのシーンで使える「詳細」に関する英語表現

「詳細」を表す基本的な単語であるdetailを使用して、日常英会話やビジネスシーンで使える表現をいくつか紹介します。

I would like to know more about details.
詳細を知りたいのですが。

The details are as follows.
詳細は次の通りです。

Please check our website for more details.
詳細については弊社のウェブサイトをご覧ください。

I’m checking the details now.
詳細は確認中です。

Thank you for your detailed information.
詳しい情報をありがとうございます。

まとめ

いかがでしたか?

detail以外の単語でも「詳細」という表現はできますが、まずは基本的なdetailを用いた表現から使ってみましょう。

詳細に関する表現は、会話の中でもビジネスメールの文章を作成する上でもよく使用します。

使う機会が多い分、慣れれば自然と使えるようになるはず。

ぜひ、今回学習した表現を積極的に使ってみてくださいね。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須