英語でどうやって断る?きっぱり&やんわり断れる便利なフレーズ26選

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

日本語でも断ることが苦手な人は多いですが、円滑なコミュニケーションを行う上で断ることは非常に大事な行動ですね。

では実際にネイティブスピーカーはどのような表現で断っているのでしょうか?実はカジュアルから丁寧なものまで、様々な断りを表す言い方があるんです。

この記事では、断るを意味する5つの英単語や熟語の違い、日常会話やビジネスで応用できる様々な断りの表現方法を紹介します。

断るを表す5つの英語

まず最初に、断るを表す英単語と熟語について意味と発音を一緒に覚えていきましょう。

以下に示すの5つの単語は上から順番に強い否定を表現します。使い方を間違うと、内容によっては相応しくない表現になることもあるので要注意。

各単語は2つの例文とともに説明していくので、使い方の感覚を掴んで各単語の持つ意味をしっかり覚えましょう。

reject

reject

断る、拒否する、拒絶する、不合格にするという意味を表します。

rejectは強い否定を表し、申し出や提案に対してはっきりとした拒絶の意思を示す時に使います。

彼女は真実を話すという私たちの提案を拒否した。
She rejected our suggestion to tell the truth.

これらの仮説は、それを裏付ける証拠がほとんどないために却下された。
These hypotheses were rejected because there is little evidence to support them.

refuse

断る、拒否する、拒絶するという意味を表します。

refuse

refuserejectとほぼ同じ意味の動詞です。申し出や提案以外にも使われ、何かを拒絶する強い意思を表します。

注意点は、〜することを拒否するという表現をする際に動名詞が使えないところ。

refuseの場合は、to 不定詞の形しか使いません。例文で見てみましょう。先ほどのrejectとも比較してみてくださいね。

彼と彼の家族はコミュニティに参加することを拒否している。
He and his family refuse to join any community.

彼女は個人情報に関する質問に答えることを拒んだ。
She refused to answer questions about her personal information.

deny

断る、否定する、要求を拒否する、認めないという意味を表します。

deny

否定するという意味で翻訳される単語ですが、人の要求を拒むという意味もあります。行動を実行させない、自由にさせないというニュアンスで断ることを表現することができます。

上司は私の昇給希望を断った。
My boss denied my salary raise request.

教師は生徒が締め切り後に提出した課題を拒否した。
The teacher denied the assignments submitted by the students after the deadline.

decline

断る、辞退するという意味を表します。

decline

これまで紹介したrejectrefusedenyと比べると優しい否定の表現です。やんわりと断ることを表現する場合はこちらの単語を使います。

彼女はもう一杯のワインを断って友達に迎えを頼んだ。
She declined another glass of wine and asked her friend to take her home.

私は彼を誘ったけど、彼は断った。
I invited him to join us, but he declined.

turn down

断る、見送るという意味を表します。
見送るというやんわりとした拒絶の意味が含まれた言葉です。

turn down

なぜマイクの結婚式の招待を断ったの?
Why did you turn down Mike’s wedding invitation?

私の本はかつて7つの出版社に断られたことがある。
My book has been turned down by seven different publishers in the past.

これらの5つの言葉を使い分けて、誤解のない表現ができるようにしましょう。
英単語の効率的な覚え方についてはこちらの記事を参考にしてください。

英語で断る―会話編

ここからは日常生活で使える英語表現を学んでいきましょう。
まずは会話で使える2つの基本的な断る表現を紹介します。

No, thank you.

何かお飲みになりますか?
Would you like a cup of coffee?

いいえ、結構です。
No, thank you.

例文のように、No, thank you.は対面で何かを勧められた時によく使われる表現です。

非ネイティブスピーカーはNoを使うことを失礼だと感じる人も多いですが、実際はそんなことはありません。

対面での会話の場合、言葉だけでなく表情やしぐさなどのフィジカルコミュニケーションがプラスされるので、文章で見るよりもやわらかい表現になります。
ぜひ、ためらわずに使ってみてくださいね。笑顔を忘れないようにしましょう!

さらにより好印象で伝えたい場合は理由を付け加えると良いですね。さらっとこんな風に言えたらコミュニケーション上級者です。

デザートはいかがですか?
Would you like some dessert?

もう十分にいただいたので結構です。
No, thank you, I’ve had plenty.

こちらの商品をご紹介したいのですが。
Let me show you this new products.

それは既に持っているので結構です。
No, thank you. I’ve already owned it.

できませんと断る

同じように、会話の場合はできないことにははっきりI can’t.で返答しても大丈夫です。さらに表情や声色によってメッセージの雰囲気がやわらかくなります。

ねぇ、ちょっと飲みに行かない?
Hey, do you want to grab some drinks?

ごめんね。今日は行けないんだ。
Oh, I’m sorry. I can’t make it today.

この場合、I can’t go.とストレートに行けないと表現しても良いですが、I can’t make it.と言うことで、行きたいけど無理なんだというニュアンスになるのでおすすめです。この表現はぜひ覚えておきましょう。

次の例文もさらに一言理由を付け加えると相手への印象が良くなります。

ごめん、今夜は他に用事があるから無理なんだ。
Sorry, I can’t make it. I’ve already got plans for tonight.

このように誘いを断る際に、また誘ってよ!と言いたい場合もありますよね。そんな時はこちらの記事が役立ちます。

やんわり&丁寧に断る英語

残念ながらできない、できればそうしたいんだけどできない、という申し訳なさを加えた表現を見てみましょう。

残念ながらできない

残念だけど、今は時間がないんだ。また別の機会にしよう。
Unfortunately, I don’t have time now. Let’s do it another time.

残念ながら今日は通院の予定があるので行けません。
I’m afraid I can’t go. I’ve got a doctor’s appointment.

できればそうしたいんだけどできない

土曜日にニューヨークに行って観劇しない?
Why don’t we go to New York City on Saturday and see a show?

できればそうしたいんだけど、今週末はやることが山積みで行けそうにないよ。
I wish I could, but I have so much stuff to do this weekend.

こんな風に表現すると、誘ってくれた相手の気持ちを気遣って断ることができますね。
逆にちょっとした提案やお願いをしたいときはこちらの記事を参考にしてください。

きっぱり断る英語

少し変化球の表現を紹介します。強い語気で拒否する場面は日常生活では少ないですが、知っていて損はない表現です。例文をみてみましょう。

ねえ、お願いがあるんだけど。
Hey, Can I ask you a favor?

もしお金のことをお願いするなら、絶対にだめです。
If it’s about money, the answer is no.

車を貸してくれない?
Can I borrow your car?

だめです。
No, you can’t.

断る英語ービジネスメール編

最後に仕事上のやりとりでも使える表現を紹介します。
どんな内容でもそうですが、文章だけのコミュニケーションの場合は口語とは違って丁寧かつ優しい表現の方が相手に気持ちが伝わり誤解が生まれません。

この点に気をつけて、様々なシーンの例文を見てみましょう。きっと様々な場面で応用できるはずです。

ビジネスの提案を断る英語

申し訳ございませんが、弊社はあなたのご提案を採用できません。
I am sorry to tell you that our company can’t accept your proposal.

大変申し訳ございませんが、ご提案をお断りいたします。
We are very sorry, but we must decline your proposal.

論文の査読を断る英語

論文が学術雑誌に掲載されるためには専門家による査読という審査が必要です。しかし、査読の依頼を受けた専門家のスケジュールが立て込んでいる場合や論文の分野が異なる場合、査読を断ることも必要ですね。そんな時に使えるフレーズは以下の例文。

あいにく、スケジュールの空きがないため査読をお受けすることができません。
Unfortunately, it is not possible for me to finish the review due to a tight schedule.

医療工学は私の分野外のため、非常に残念ですがご依頼をお断りしなければならないことをお伝えします。
Since medical engineering is out of my field, I very regret to inform you that I must decline your request.

海外発送を断る英語

アメリカへの商品発送はしていますか?
Will you ship items to the US?

申し訳ございませんが、海外への発送は行っておりません。
We regret to inform you that we don’t make international shipments.

海外発送には対応していますか?
Do you offer international shipping?

残念ですが、海外への発送はしておりません。ご不便をおかけして申し訳ございません。
I’m afraid that we don’t ship internationally. We apologize for this inconvenience.

まとめ

日常生活やビジネスシーンはもちろん、海外旅行などでも断ることが必要な場面がたくさんありますよね。

断るのって申し訳ないなと考えてしまってなかなか断れない人も多いですが、一般的に英語圏では自分の意思を伝えることが歓迎され、コニュニケーションを円滑に行う上で断ることは非常に重要な行動です!

今回紹介した様々な英会話フレーズを上手に応用して、断るという否定的な状況でも誤解のないコミュニケーションスキルを身につけてくださいね。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須