「father」と「further」の発音の微妙すぎる違いを比べてみました

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

発音が似ていて
違いが分からない
英単語ってありますよね。

今回は
そんな英単語の中から

“father”と

“further”の


発音の違いや
発音のコツについて
紹介します。

意味が全く
異なるこの2つの単語、
発音はどのように
違うのでしょうか?

正しく発音するうえで
欠かせない舌の使い方と
発音記号をみていきましょう!

「father」「further」の音の違いが分かりにくい

“father”と“further”
聞き比べても

それだけでは違いが
分からないかもしれません。

しかし、
スペルや発音記号を確認すれば
一目瞭然なのです。

“father”のスペルは
「fa」と綴り、

発音記号は
father【fɑ́ːðər】です。

一方の

“further”のスペルは
「fur」と綴り、

発音記号は
further【fə́ːrðər】

となります。

ポイントは「R」の音があるかないか

“father”と“further”の音が
どのように違うのか
具体的に説明いたします。

“father”
冒頭は「fa」、

つまり「ファー」
という音になります。

この単語には
「R」の音はありません。

コツとしては
上の歯を下唇に当ててから
ファ」と発してみます。

その時の舌の位置は、
舌の先を
上の歯の先端に当ててから、

あまり口を広げないように
「ダー」と発音し、

舌を反るような
イメージをもたせます。

次に
“further”の冒頭は
「Fur」、

つまり「ファー(ル)」
という感じになります。

発音のコツとしては
上の歯を下唇に当ててから、

あまり口を広げずに
「ファ」と発音します。

舌の位置は、
舌の先を上の歯の先端に
当てるまでは
“father”と同様ですが、

口はあまり広げずに
「ダー」と言ったら、

すぐに舌を反らす点が
ポイントです。

「R」の音があるかないかで
「ファ」と「ファー(ル)」
となります。

文字表記では、
なかなか
伝わりにくいと思いますが、

音の違いについて
なんとなく
お分かりいただけたと思います。

冒頭部分の
音の違いを学んだ上で、

“father”と“further”
全体の音がどのように聞こえるのか
整理してみましょう。

“further”には
「ファ」のあとに
「R」
音が付いていますので、

“Fur”「ファー(ル)」と発音します。

“further”

「ファー(ル)ザー(ル)」

“Father”

「ファーザー(ル)」

以上のような
違いがありますので、

「ファ」のあとに
「R」の音があるかないかを
聞き分けることができます。

“Father”
「ファーザー(ル)」と

“further”
「ファー(ル)ザー(ル)」を

聞き分けるには

「R」の音があるかないか
という点を意識して
聞き分けてみてください!

「father」と「further」の発音の微妙すぎる違いを比べてみましたまとめ

スペルや
発音記号だけでは

発音の違いを
理解することが難しい単語、

「father」と
「further」について
比べてみました。

違いを理解したうえで
リスニングや発音を
意識することで、

聞き分けが
しやすくなると思います。

“Father”と“further”

この2つの単語は、
綴りの違いや

「R」があるかないかに
注目してあげることが
ポイントです。

これによって
微妙に発音が
変わってきますので

ポイントを
しっかりと意識して
聞き分けてみてください。

動画でおさらい

「「father」と「further」の
発音の微妙すぎる違いを比べてみました」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket