ð(th)の発音|θとの違いは声の有無!ZやSも音声付きで解説

英語 ð 発音 th 単語

英語を話すと言っても、簡単じゃないよね…と感じている人は多いはず。では、英語を話すとき、上手く話せないと感じるのはどんな時なのでしょう?その答えとして返答に困ってしまう時、言いたいことが英語で上手く言えない時などが多いと思います。

しかし、多くの場合、発音をしっかり練習したつもりなのに、会話になると上手く発音出来ない、または正しく発音できているか心配など、英語を話す際に難しく感じる人も多いのが現実ではないでしょうか。

そこで今回は、日本人が苦手とする発音の1つであるthの発音にフォーカスし、発音記号ðとθ、またthの発音とよく似たzやsとの違いを紹介します。一緒に正しい発音をマスターしていきましょう!

ðとθの発音~think&thisの違い~

英語 ð 発音 th 単語

まずはthの発音であるðとθについて紹介します。
最初に、ðとθの発音は日本語にはない音であることを覚えておきましょう。

thには2種類の音があります。その2種類とは声を出すthの発音と、声を出さないthの発音です。例えば、thisは声を出すthの音で、thinkは声を出さないthの音です。
違いを聞いてみましょう。

有声歯摩擦音の単語(声を出すthの発音)
発音記号:ð
this

they

father

無声歯摩擦音の単語(声を出さないthの発音)
発音記号:θ
think

bath

earth

どちらの発音も、上の歯と下の歯のスキマを舌でピタッとふさぐイメージです。

スペル上は同じthですが、音が違いますね。専門用語では声を出すthの音を有声歯摩擦音(ゆうせいはまさつおん)と言い、発音記号はðと表します。
一方、声を出さないthの音を無声歯摩擦音(むせいはまさつおん)と言い発音記号はθと表します。

なお、ðの代わりにƉと表記されることもあり、Ɖは大文字、ðが小文字です。スマホやパソコンの入力時にƉが使われるケースもありますが、厳密に言うと国際音声記号では小文字のðが採用されています。

以下の動画ではthの発音をわかりやすく解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

sとzとの発音~thinkとsink、thisとzipの違い~

ðとθの発音は日本語にはない発音と紹介しました。英語を学ぶ際、日本人に親しみのあるカタカナ表記に添って単語を覚えることが多いと思います。

例えば、thinkとsink、thisとzipの発音を挙げてみましょう。
カタカナ表記するとthinkとsinkがシンク、thisはディス、zipはジップになりますよね。

ネイティブスピーカーはthの音とsの音、zの音は日本語の音とは微妙に異なります。
sとzをネイティブスピーカーのように発音するコツは、子音を長く発すること

使い分けのポイントは息を混ぜる量です。
sは息だけで発音し、zは音と息を混ぜて発音します。

日本語でセと英語のseの発音を比べてみましょう。
日本語でセと発音する時、eの母音が長くなるのに対し、英語ではsの子音が長いという違いがあるんです。

以下の動画で発音ポイントを確認しましょう。

sとzともに英語らしくいう発音する為には、子音を強調すると英語が伝わりやすくなります。日本語下にてsとzの単語をおさらいしてみましょう。

sの単語例
sea

say

kiss

zの単語例
zoo

zone

his

 
 
あわせて読みたい。

発音トレーニング

さてここからは、今回紹介した発音をおさらいしてみましょう。
まず、以下の発音を自身で発音し、答え合わせとして発音を再生してみましょう。

ðとsの発音
that

sat

ðとzの発音
this

zip

θ、s、zの発音①
think

sink

zinc

θ、s、zの発音②
bath

bass

buzz

この練習を重ねることで英語発音力だけでなく、聞き取りの力も鍛えられますよ!
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

英語 ð 発音 th 単語

今回は発音記号ð(th)の音を中心に、よく似た発音θ、s、zの発音を紹介しました。カタカナ英語ではネイティブスピーカーに伝わりにくいと感じている人は多いと思います。

英語の発音は、日本人に馴染みのある発音ではないと認識することが大切です。この認識を持つことこそ、伝わる英会話の第一歩です。今回紹介した発音のポイントを参考に、ぜひ英会話力を上げていきましょう!

最初のコメントをしよう

必須