英語で「病院には行った?」のネイティブ風の言い方とは?




LINEで送る
Pocket

日本人が言えそうで言えない表現は思っているよりも多くありますよね。

今回はその中でも、「病院には行った?」と英語で聞く方法を紹介します。

冬季の風邪が流行するシーズンなどによく出てきそうなフレーズです。

日常会話の中でネイティブがどのように表現しているか早速チェックしていきましょう!

ネイティブらしい表現方法

病院には行った?の聞き方ですが、これを日本語から直訳してみると、Did you go to the hospital?(あなたは病院に行きましたか?)という表現になります。

直訳ベースで言えばこれは正解ですよね。

しかし実は、ネイティヴはあまりこの言い方を使いません。

ではネイティヴはどう言っているのかと言うと、Did you go see a doctor? というふうに聞くことが多いです。

動詞が二つ存在!文法上の疑問点

文法上の話をしていくと、まず、動詞にgoを使います。

ここでのseeは「見る」というよりも、「会う」という意味合いで使われています。

ですので、Did you go see a doctor?は直訳すると、お医者さんに会いに行きましたか?という意味になります。

ここで、あれ?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

Did you goが動詞、そしてseeも動詞なので、文法上では動詞が二つ並ぶことになります。

こんな風に動詞の原形が二つ並ぶというのは、文法的な観点では間違っていますよね。

では、なぜこのような表現になるのでしょうか?

病院で役立つ英語はこちらの記事も参考になります。

日常会話に存在する暗黙のルール

実は、日常会話で話される英語の中では、動詞がgoのときに限り、動詞が二つ並んでも問題ないという暗黙のルールが存在しています。

例えば、Did you go see a movie?といった表現がされることもよくあります。

こちらは「映画観に行った?」という意味になり、このように、日常会話では「go+動詞の原形」という表現をよく使います。

またアメリカ人の感覚の中では、病院に行った。と言うときは、お医者さんに会いに行き、お医者さんに診てもらった。という感覚のほうが強く、そのためこういった表現になりますので、そのことも覚えておいてください。

ちなみに、Did you go to a hospital?と聞くと、病院に入院していたの?と聞いていると解釈される場合もあります。

そういった誤解を防ぐため、病院に行ったの?と聞きたいときは、Did you go see a doctor?と聞きましょう。

またあまりにも相手の人の具合が悪そうであれば、I think you should go see a doctor.と言ったり、I think you should go see a doctor now.と言うことで、医者を受診することを促すこともできます。

shouldは、日本の学校ですと「〇〇すべき」というニュアンスを伝える表現として教えていることが多いです。

「〇〇すべき」というと、義務などを説く時に使いそうな表現という印象を受けますよね。

しかし実際、shouldは「〇〇した方がいい」と相手に何か勧めるときにもよく使う表現なのです。

病院行った方がいいと思うよ。と相手を気遣ってすすめるときには、I think you should go see a doctor.と言ってみてくださいね。

Hospitalは大きな病院(総合病院)を指す


一般的に、内科や眼科など単科の病院、個人病院はClinicと呼ばれています。

Hospitalは入院設備がある、大きな総合病院を指します。

そのため、go to hospitalと表現すると、何か大きな怪我や入院をしたニュアンスとなり、相手を驚かせてしまうかもしれません。

hospitalとdoctorを上手く使い分け、間違った情報を伝えないようにしましょう!

※go to hospitalとgo to the hospitalの違いは、theが省かれるのがイギリス英語、theが含まれるのがアメリカ英語です。

「病院」に関する表現紹介

病院へ行った

昨日から風邪をひろっていたようで、病院に行きました。
I went see a doctor because it seems that I had had a cold since yesterday.

病院へ行くつもり

今日は具合が悪いので、仕事を休みます。
I’m feeling sick today, so I cannot go to work.

これから医者に行くつもりです。
I’m going see a doctor from now.

私は明日、病院に行きます。
I’m going to see the doctor tomorrow.

病院へ行くべきと提案する

大丈夫?すぐに病院に行った方がいいよ。
Are you okay? You should see a doctor right away.

病院へ連れていく

彼女は心臓発作を起こしたように聞こえるよ。
It sounds like she had a heart attack.

病院には連れて行った?
Did you take her to the hospital?

母を病院に連れていく。
I take mother to the hospital.

その他の表現紹介

医者にかかるのが怖い。
I am scared of seeing a doctor.

病院に行くのが面倒だ。
It’s too much of a hassle to go to see a doctor.

覚えておくと便利!豆知識

ここで、通院/入退院は英語で何というのか、確認してみましょう。

通院:attend the hospital
入院:go into the hospital / enter the hospital
退院:left the hospital

まとめ


今回紹介したように、ネイティブは病院に行ったという表現は、Did you go to a hospital?ではなくDid you go see a doctor?という表現を使います。

これは、病院にいくということは、医者に診てもらうということであるためです。

また、これは口語表現のみに当てはまる「go+動詞の原形」という表現の一例でもあります。

「go+動詞の原形」は日常生活のなかではよく使う表現なので、おさえておきましょう!

動画でおさらい

英語で「病院には行った?」のネイティブ風の言い方とは?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。