1. TOP
  2. アメリカの道端で100ドル札を拾ったら
Sponsored Link

アメリカの道端で100ドル札を拾ったら

 2016/12/15 英語圏の文化
  1,481 Views
LINEで送る
Pocket

交番が無いアメリカで100ドル札が落ちていたならどこに届けるのでしょうか?

日本とはまったく異なる習慣について事例を交えてご紹介します。

Sponsored Link

お金が落ちていたらどうする?

shutterstock_269178503

もし、道端に1万円札が落ちていたら、あなたならどうしますか?

色々な答えはあると思いますが、お金、もしくはお財布までいくと、大体の人は「交番に届けよう」と頭に思い浮かびますよね。

何か落ちていたら交番に届ける、日本では小さい頃からそうゆうふうに習っているので、届けるという頭になっていると思います。

それでは、アメリカではどうでしょう。

もし、100ドル札が落ちていたら、日本のように皆さん交番に届けるのでしょうか。

今回はそんな疑問に答えていきます。

 

アメリカと日本の違いについてはこちらの記事も参考になります
⇒親しい人に思いを込めて♪アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現

アメリカに交番はなかなかない

実を言いますと、アメリカでは、道端に100ドル札が落ちていたなら、だいたいの人は届けることはないです。

「そんな自分勝手な」と思った方もいると思いますが、届けることがないのには、ちゃんと理由があるんです。

それは、アメリカには交番がなかなかないからなんです。

日本には、どこでも、少し歩けば交番は割とすぐありますよね、なので「拾ったら届ける」ということも小さい頃から教えられますし、大体の日本人の頭の中にインプットされています。

しかし、届ける交番がなかなか近くにないアメリカでは、日本ほど「届ける」という意識が高くないのです。

むしろ何か拾ってもどこに届けていいのかわからないと言った感じです。

なので、お金を拾っても届けようがないので、自分のものにしてしまう、あるいは教会やなにかの募金だったり、寄付するという考えの人が多いかもしれません。

もちろん近くにあれば届ける人もいると思いますが、それはなかなか稀なケースかもしれません。

 

交番に関してはこちら記事もお役立ちです。
⇒覚えていたら便利な道案内の英語

日本はすごい国

僕の今までの経験ですと、100ドルを拾ったら、大体の人はポケットの中に入れてしまうか、もしくは教会に寄付します。

元の持ち主に戻すという考えの人はほとんど見たことがありません。

そう思うと、日本はすごい国だと思いませんか?

お金やお財布を道端で落としてしまっても、翌日近くの交番に届けられていてちゃんと戻ってくることは割と多いですし、何より日本人は「元の持ち主に届けてあげよう」という意識がきちんとあります。

そうゆうマインドが備わっていることは素敵なことですよね。

アメリカは、街のシステムとして「拾ったら届ける」という意識が薄いので、アメリカでもし、何かを落としてしまうようなことがあれば、そこが違うという事を覚えておいてください。

 

まとめ

交番の無いアメリカの習慣に驚かされたことかと思います。

日本ではお金に限らず落し物を見つけたら「元の持ち主に届けてあげよう」という意識がきちんとあります。

日本とアメリカの違いについてぜひ考えてみてください。

 

動画でおさらい

アメリカの道端で100ドル札を拾ったらどこに届ければ良い?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたは聞き取れる?オーストラリア英語のリスニング攻略!

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

関連記事

  • ホームステイはどんな感じ?留学の実体験から語る良いところ悪いところ

  • 親しい人へ心を込めて、アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現

  • 「いいけど・・・」を英語で言うと?はっきり説明を加えて!

  • 「卒業おめでとう!」を英語で伝える23個のメッセージ例&豆知識

  • スラッシュは無視!「24/7」の読み方と意味

  • 「初売り」に関する英語。アメリカではお正月にはお金が・・・