1. TOP
  2. 英語圏の文化
  3. 親しい人へ心を込めて、アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現

親しい人へ心を込めて、アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現

LINEで送る
Pocket

年の終わりが近づくと、
クリスマスの予定で
そわそわする人もいるでしょう。

欧米において
クリスマスは1年で最大のイベントです。

今回の記事では
日本と欧米のクリスマスの違いと、
欧米のクリスマスに基づいた英語表現
紹介します。

アメリカと日本のクリスマスの違い

アメリカのクリスマスと
日本のクリスマスの違いについて
紹介します。

日本でクリスマスというと、
家族で過ごすというよりは、

カップルが恋人同士で過ごすものという
イメージが強いのではないでしょうか?

もしくは
友達同士でパーティをしたり、
ケーキを食べたりして
盛り上がる人もいるかもしれませんね。

一方、アメリカのクリスマスは
家族で過ごす、家族のためのイベントです。

そのため、
家族に対して感謝の言葉を述べたり、
家族で時間を過ごすのが、
非常に重要なのです。

そのような文化の違いが
英語の表現にも表れています。

この文化の違いを念頭に置きながら、
これから紹介する4つのフレーズを覚えましょう。

両親や兄弟に感謝を込めて

最初の表現は、
「I’m so lucky have you as my dad.」
というものです。

「I’m so lucky」
「私はすごくついてる」

何がすごくついているかというと、

「have you」 は直訳すると
「あなたのことを持っている」。

「have you as my dad」
「私のお父さんとして
あなたのことを持っている」。

直訳すると
「私のお父さんとしてあなたのことを
持っていて私はとってもラッキーです」

つまり、

「パパが私の
お父さんで本当に良かった」

みたいな表現ですね。

こういうことをクリスマスの時に言ってあげたり
もしお父さんと
クリスマスを過ごすことができないのであれば、

クリスマスカードを
書いてあげたりするといいですね。

この「as my dad」の
部分を変えていくと、
表現の幅が広がります。

例えば、
「my best friend」「my sister」
としても、なんでもいいでしょう。

「you」の部分に人の名前を入れると、

「あなたが私の何々で
本当に私は良かった、嬉しいわ」

という意味の表現になります。

おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶメッセージ

2つ目の表現はこちらです。

「You are the best grandma in the world
(あなたは世界で一番のおばあちゃんだ)」。

こんなフレーズをおばあちゃんに言ったら、
嬉しさのあまり
うるうる泣いちゃうかもしれないですね。

日本の場合は、
このような愛情表現をなかなか言いませんが、
アメリカ人はこういう感じで自分の持っている愛情を
家族にもちゃんと言葉に出して言う傾向にあります。

離れているところに住んでいる、
おじいちゃん、おばあちゃんなどに
クリスマスカードを送る時に書くのも
いいですね。

一緒にクリスマスを過ごせない相手へのメッセージ

3つ目のメッセージはこちらです。

「I’m so sad you’re not with us this Christmas」
です。

ひとつひとつのセンテンスを
見ていきましょう。

まず、
I’m so sad
「とても悲しいんです)」。

何が悲しいかというと、
you’re not with us
(あなたが私たちと一緒に居ないことを)」。

this Christmas
(今年の冬、今年のクリスマス)」
ですね。

「今年のクリスマスは
あなたと一緒に過ごせなくて悲しい」

という意味になります。

離れて暮らしている
子どもたちが忙しくて
クリスマスに帰ってこられなかった時に、

子ども宛てのクリスマスカードに
書くようなメッセージですね。

もちろん、
帰れない子どもからのクリスマスカードに、

帰れない謝罪と一緒に悲しい気持ちを
表現するのにも使える文章です。

プレゼントをもらったら!

最後のフレーズです。

親しい人や家族からプレゼントをもらったら、
ちゃんとありがとうと言わなければいけないですね。

どういうふうに言えばいいかと言いますと、
「Thank you for the Christmas present.」
となります。

この文章、
「for the Christmas present」
「the」 がありますね。

なぜ 「the」が入るかと言いますと、
クリスマスプレゼントはすでにもらっています。

このプレゼントだと判っているものに対して
冠詞の「the」を付けます。

つまり、
お互い共通の認識としてこのプレゼントだと
判っているので、the が入るのです。

「Thank you for ~」
日常でもよく使うフレーズですよね。

日常で何かプレゼントをもらったり、
誕生日プレゼントをもらったりした時も

「the Christmas present」の部分を
変えて使ってみてください。

クリスマスカードのフレーズ

欧米では、クリスマスは家族と過ごすため、
その代わりに友人や恋人に
クリスマスカードを送る習慣があります。

ここではクリスマスカードに
書くフレーズを紹介します。

クリスマスカードは
だいたい3~5行ほどの短い文章で、

「相手への感謝」と「相手の幸福を祈る」
言葉を入れるのが一般的です。

大切な友人に送るクリスマスカードの例

Dear ◯◯,(相手の名前)

A Friend like you are truly rare.
You are always there to support me.
You are my best friend.
I wish you many happy smiles.
Merry Christmas to you!

Yours,
◯◯(自分の名前)

<訳>
あなたのような友だちは本当にめったにいません。

あなたはいつもそばにいて
私をサポートしてくれます。

あなたは私の親友です。

あなたにたくさんの
幸せな笑顔がおとずれますように。

よいクリスマスを!

恋人に送るクリスマスカードの例

Dear ◯◯,(相手の名前)

You are the best thing that happened to me.
Without you it’s tough to survive.
I love and will always love you.
Merry Christmas!

Love,
◯◯(自分の名前)

<訳>

あなたに会えたことは
私の人生で最高の出来事です。

あなたがいるから頑張ることができます。

今もこれからもずっと大好きだよ。
メリークリスマス!

このようなメッセージを
友人や恋人に感謝を込めてカードに書きます。

友人や恋人への感謝の言葉も
なかなか日本人は照れて口には出しません。

クリスマスを口実にして、
カードと一緒に想いも
送ってみるのはいかがでしょうか?

親しい人へ心を込めて、アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現まとめ

今回は、
欧米と日本との文化の違いに基づいた
クリスマスの英語表現を紹介しました。

どのフレーズも恋人だけでなく、
家族や友人に感謝を伝える
フレーズとしても使えます。

今年のクリスマスは、
家族や友人へ「ありがとう」という
感謝の気持ちを込めて、

このようなメッセージを
送ってみてはいかがでしょうか?

また、
クリスマスを一緒に過ごせない友人、
恋人にはいつもは恥ずかしくて
伝えられない想いを込めた
クリスマスカードを送ってみてはいかがですか?

習ったフレーズを身に着けて、
よいクリスマスをお過ごしください。

動画でおさらい

「親しい人へ心を込めて、
アメリカのクリスマスでよく使う4つの英語表現」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。