1. TOP
  2. リスニング
  3. リスニングの上達と発音の関係。これを知っていれば英語は絶対聞き取れる!

リスニングの上達と発音の関係。これを知っていれば英語は絶対聞き取れる!

LINEで送る
Pocket

英語の
リスニングに苦手意識を
持っている
日本人はたくさんいます。

これは、
日本語と英語では
言葉の音の構造が
大きく異なることが
理由の1つです。

日本語は
母音(a,i,u,e,oの音)
終わる言葉が
ほとんどなのに対して、

英語は
子音(k,p,rなどの音)
終わる言葉が多く、

また、
母音と子音の組み合わせも
複雑です。

当然、
日本語の音に
慣れ親しんだ耳には、

聞き取ることが
難しい言語であると
言えるでしょう。

では、
どうすれば英語の
リスニング力が向上し、

ネイティブが
喋っていることでも
分かるように
なるのでしょうか。

今回は、
英語の音の特徴や、

リスニングと発音の
密接な関係を紹介します。

知らない音は発音できない

なぜ、日本人は
「R」と「L」違い

聞き取ることが
できないのでしょうか?

その理由は単純に、
「R」と「L」の音が
日本人にとって
知らない音だからです。

日本語には
「R」と「L」の音が
存在しません。

よって、
「R」と「L」
聞こえてくると、

日本語で
一番近い音となる

「ラ」、「リ」、「ル」、「レ」、「ロ」
のいずれかに、

脳が勝手に
あてはめてしまいます。

例えば
「Read」(読む)の「R」と
「Lead」(鉛)の「L」

多くの日本人にとっては、
これらがまったく同じ
「リード」
聞こえてしまいます。

このような理由から、
日本語に存在しない、

日本人が知らない音は、
聞きとることができません。

そして、
聞き取れない音=理解できない音

であるため、

発音を真似することも
難しいのです。

英語脳については
こちらの記事も参考になります

知っている音は絶対に聞き取れる!

日本語に
存在しない知らない音の
「R」と「L」でも、

どのように発音されていて、
どういう音なのかを
理解することはできます。

音を理解すれば
「R」と「L」
たちまち知っている音となるため、

絶対に聞き取ることが
できるようになります。

ネイティブにとって
「R」と「L」の違いは、

実は日本人にとっての
「バ」と「ボ」ほどの
大きな違いがあります。

驚きの事実ですが、
ほとんどの日本人には

この「R」と「L」
違いを聞き取ることが
できないので
焦ることはありません。

理解さえすれば
聞き取ることが
できるようになるため、

尚更、
心配する必要もないわけです。

英語には、
日本人が知らない音が
沢山あります。

それらの音を
1つずつ
知っている音にしていけば、

リスニングは
目覚ましく上達します。

地道な
作業になりますが、

頑張ってみる
価値はありますよね。

では、知らない音を、
実際に

どのようにして
知っている音にしていけば
良いのでしょうか?

実は
リスニングの上達には
発音が大きく影響するのです!

その他、
リスニングの上達に関する
トピックはこちら

発音を矯正すれば聞き取れるようになる!

知ってる音は
絶対に聞き取るわけですから、

聞き取れない音を
ネイティブの発音に
矯正すれば
聞き取れるようになります。

カタカナの発音ではなくて、
ネイティブの発音を
徹底的に真似して
マスターすれば、

おのずと
「Read」の「R」と
「Lead」の「L」

聞き取ることが
できるようになる
というわけです。

自分の耳が
正しい英語の音を

聞き取れるように
なりはじめると、

自分の発音も
どんどん上達するはずです。

練習すればするほど、
発音もリスニングも
相乗効果的に上達し、

とても良い
スパイラルを生みます。

例えばTOEICなど
英語試験ののための勉強では、

リスニングの練習さえ
しっかりしておけば大丈夫、

と思う人も
少なくありません。

しかし実際には、
英語を
ただ聞いているだけでは、

リスニング能力は
それほど伸びないのです。

聞いても
わからない音を
何度聞いたところで

わからないまま
聞き取ってしまうため、

結果的に、
足りないリスニング力を
語彙力や文脈からの
推測に頼って
補うことになってしまいます。

そうすると、
「R」と「L」から
始まる単語を誤って
認識してしまったり、

まったく見当違いな
リスニングをしてしまうことも
考えられます。

これまで
あまり発音の練習を
してこなかった方は、

特に発音とリスニングを
セットで練習して、

両方を同時に
上達させることを
お勧めします!

今まで
聞き取れなかった
英語の発音の謎が解けて、

英語の上達も
早くなりますよ。

海外ドラマを使った
リスニングの
上達法についてはこちら

発音とリスニングの関係は深い!

発音を頑張って
練習することで、

リスニングも
みるみる上達していきます。

ネイティブの
発音を真似して、

口の形の作り方や
アゴの動かし方、

唇の形や歯や舌の位置
徹底的に研究してみてください。

最近は
Youtube等に
ネイティブによる発音の
解説動画がたくさんあるので、

そういったものを
参照するとやりやすいでしょう。

解説通りに
口を動かしてみると、

口から出てくる音が
まったく
変わることに気づきます。

それを何度も
繰り返し真似をして
練習することで、

今まで
発音できなかった音が
発音できるようになります。

発音できる音は
理解できる音です。

つまり
今まで聞き取れなかった
英語の音が、

はっきりと
聞こえるようになるのです!

辞書で
単語を引いてみると、

単語の意味と一緒に
発音記号が
載っていますよね。

英語は、
きちんと発音記号どおりに
発音されています。

発音記号を
きちんと確認しながら、

ネイティブの発音を
真似することをお勧めします。

こういった
地道な特訓を
繰り返すことで、

脳は英語の音を
きちんと理解してくれ、

「R」と「L」
簡単に
聞き取れるようになります。

発音とリスニングには、
切っても切り離せない
密接な関係があります。

今回紹介した
発音練習は、

英会話の初心者に
限ったことではなく、

特定の音を
聞き取り難いと
感じている

中級者以上の方にも
お勧めです。

何度か
発音練習を
経験している方の中には、

発音記号を
きちんと理解している方も
少なくないはずです。

英語の発音は
発音記号によって
忠実に再現されています。

この発音記号を
照らし合わせながら
ネイティブの発音を
真似すれば、

きっと短期間での
発音とリスニングの上達
期待できることでしょう。

リスニングの
上達のためにも

毎日発音練習
することをお勧めします!

リスニングの上達と発音の関係。これを知っていれば英語は絶対聞き取れる!まとめ

日本語には存在しない音は、
それがどんな音なのかを
理解しない限りは

何度聞いても
聞き取ることはできません。

聞き取れない音を
聞き取ろうと頑張って
無理やり聞き続けるよりは、

ネイティブが発音した音を
口の形の作り方や
アゴの動かし方、

唇の形や歯や舌の位置まで
真似して
発音できるように訓練しましょう。

繰り返し練習することで
日本語には存在しない音も
発音できるようになり、

脳にその音が
正しい音で認識され、

リスニングが
できるようになります。

リスニングの上達は、
発音がカギなのです!

発音を何度も練習し、
英語の音が
認識できるようになってから

リスニングに力を入れて
行った方が上達は早いです。

また
このようなメカニズムからも、

効率よく英語を
習得するためには、

発音練習は
なるべく早い段階から
始めるましょう。

発音を
繰り返し練習することが、

ネイティブらしい発音に
近づく近道です。

毎日でも
発音の練習のための
時間を確保して

練習することを
お勧めします。

また、
早期に発音を矯正すれば、

同時に
聞き取れるようになる音も増え、
英語の勉強自体も楽しくなるはず!

成長が
実感できる勉強方法こそ、

モチベーションを
保つ鍵にもなり、
長続きしますよね。

リスニングの上達のカギを握る、
英語の発音。

今まで以上に
重要視してみてください!

動画でおさらい

「リスニングの上達と発音の関係。
これを知っていれば
英語は絶対聞き取れる!」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

こちらの記事も読まれています!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。