1. TOP
  2. 英語スピーキング
  3. オーストラリア英語のリスニングがなかなか聞き取れない3つの理由
Sponsored Link

オーストラリア英語のリスニングがなかなか聞き取れない3つの理由

LINEで送る
Pocket

イギリス英語とアメリカ英語に違いがあるように、実はオーストラリア英語にもさまざまな違いがあります。

しかし、その違いによって“会話が成り立たない”なんてことはほとんどない模様。

今回は、そんなオーストラリア英語とアメリカ英語の違いにフォーカスして解説をしてみます。

Sponsored Link

同じ英語でもスペルや発音や表現までも違う

shutterstock_357493934

オーストラリア英語はアメリカ英語に比べると、以下の3点に違いがあると言えます。

  • スペリング
  • 発音
  • 表現

すべての違いを解説していくと膨大な量になってしまうので、それぞれについて、特徴的な例を挙げながら解説をしていきましょう。

スペリング

オーストラリア英語は、イギリス英語に近いスペリングになることが多いです。以下はその一例です。

  • アメリカ英語:center
  • オーストラリア英語:centre

このように、”r”と”e”が逆になるパターンが少なからずあります
また、以下もオーストラリア英語ならではのスペリングです。

  • アメリカ英語:color
  • オーストラリア英語:colour

この場合は、”r”の前に”u”が付いていますね

すべての単語がそうとは言いませんが、オーストラリア英語にはちょっとしたスペルの違いがある、ということを覚えておきましょう。

発音

次はオーストラリア英語ならではの発音の違いについてです。これに関しては、スペルよりも違いが多いかもしれません。

特に、都市部以外の場所に住まわれているオーストラリアの方の場合は、いわゆる“なまりがきつい”といった感じになるのだとか。以下で、例を挙げながら説明します。

G’ DAY

オーストラリア英語で”G’ day”と書かれたもの。これは英語で言うところの”Good day”です。つまり”G’”が”Good”の省略形になっています。これは綴りも違うのですが、発音も異なります。

  • アメリカ英語:Good day[グッディ]
  • オーストラリア英語:G’ day[グダッ] 

MATE

“mate”についてはスペリングはオーストラリア英語もアメリカ英語も一緒です。しかし、発音の仕方が異なります。

  • アメリカ英語:mate[メイト]
  • オーストラリア英語:mate[マイト]

DAY

前述の”G’ day”でも登場した”day”。こちらについては、単体で読むと以下のような違いになります。

  • アメリカ英語:day[ディ]
  • オーストラリア英語:day[ダイ]

たとえば以下の例文を見てみましょう。

We’re going today.

文脈にもよりますが、上記の文はアメリカ英語だと「今日行くつもりです」のような意味合いになります。しかし、オーストラリア英語では”day”を[ダイ]と読むので、そのことを知らない人には以下のように聞こえてしまう可能性があります。

We’re going to die.

こう聞こえてしまうと「私たちは死ぬつもりです」という意味になってしまうんですね。

もちろん、前後の文脈から判断すればまさか「死ぬ」なんてふうには捉えないのですが、突然の発言だと混乱してしまうかもしれません。

表現

表現の仕方が異なることもオーストラリア英語にはしばしばあります。以下、例です。

GOOD ON YOU

“Good on you.”という表現は、アメリカ英語だと「あなたにとって良かったね」といった意味になります。「良かったじゃん!」的なニュアンスですね。しかし、オーストラリア英語だと以下のようになります。

  • アメリカ英語:Good on you.(それは良かったね)
  • オーストラリア英語:Good on you.(よく似合っているね)

ちなみに、「あなたに似合っていますね」をアメリカ英語で言うと”Good for you.”になります。オーストラリアの人は、そんなニュアンスで”Good on you”を使っているのですね。

SHEILA

これは少し方言的になりますが、Sheilaはオーストラリア英語で“女性”を意味します。

  • アメリカ英語:Woman
  • オーストラリア英語:Sheila

Womanでも通じるのですが、Sheilaと使う人も多いようです。
その他のオーストラリア英語についての記事はこちら
⇒オーストラリア英語は方言を聞く感覚!

日本でいう大阪の人と東京の人が話をする会話

このように、スペルや発音、表現に違いがあるオーストラリア英語とアメリカ英語ですが、実際のところ、この差によってコミュニケーションが阻害される、といったケースは少ないです。

「東京と大阪の人が会話している」というのを想像してみれば分かりやすいかもしれません。

関西弁というのは日本の中でも有名な方言です。そのため、標準語を話す人であっても、ある程度理解することができるでしょう。

また、関西弁を話す人というのは、標準語を話す人の前では意味の通じにくい方言を控える傾向にあります。

中には、東京にいる時は標準語のイントネーションを使う、という方もいらっしゃいますよね。

オーストラリア英語を話す方にも同じことが言えます。

地元の家族や友人と話すときは、前述でご紹介した表現や発音をしますが、アメリカ英語を話す人の前では少し気を遣い、そちらに寄せた話し方をするようです。

また、アメリカ英語を話す人側としても、オーストラリア英語の表現や発音の違いを認知していますし、だいたいの文脈からニュアンスを予想できるようです。

そのため、もしもあなたがオーストラリア英語を学びたいというのであれば、実際に現地へ旅行に行ったりワーキングホリデーで訪れたりして、実際に使われている現場に居合わせるのが効率的です。
ニュアンスの表現についてはこちらの記事も参考になります
⇒難しく考えないで!現在完了進行形のニュアンス

まとめ

今回はアメリカ英語とオーストラリア英語の違いについて、いくつか例をあげながらご紹介しました。

ただし、最後にお伝えしているように、両者の違いは日本語の“なまり”のようなものだと考えておけばOKです。

英語を学習されている方は、ぜひこのポイントを覚えておいてくださいね。
英語学習法についてはこちらの記事も参考になります
⇒とにかく情報を並べて!スラスラと英会話が出来る鉄則の学習法

動画でおさらい

オーストラリア英語は方言を聞く感覚!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • 「ひな祭り」を英語で説明するとどうなる?

  • 英語でサブウェイの激ムズ注文にチャレンジ!アメリカでの注文方法

  • TOEFLスピーキング対策!受験前にするべきあることとは?

  • 「不良に絡まれた」を英語で?いざという時のトラベル英会話

  • 「I reckon〜」の使い方と発音。イギリス英語で「I think〜」

  • 日本人が間違えやすい「Rice」と「Lice」の発音の違い