「不良に絡まれた」を英語で?いざという時のトラベル英会話

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

海外旅行で危ない目にはあいたくないですが、いざというときにのために、役立つ英語表現を覚えて準備しておきたいですよね。

例えば、海外で不良に絡まれて困ったとき、あなたならどのように英語で伝えますか?
今回は、不良に絡まれた!という表現をはじめ、何かの被害にあったときに役立つ英単語や英会話表現を紹介します。

「不良に絡まれた」は英語で?

ずばり、不良に絡まれたを英語で言うと、
I got in a tangle with a hood.

です。
危険が迫っている状況ではHelp!

と叫ぶしかありませんが、周りの人や警察に何があったか話すときはこのように表現すればわかってもらえるでしょう。

I got in a tangle with a hood.という文章には、tanglehoodという耳慣れない単語がありますね。

tangleは、毛糸などが絡んでいる状態を表す単語です。
人と人が絡み合うというニュアンスも、この単語を使って表現され、get in a tangle人と人が揉めるという状況を説明できます。

hoodは、日本語で言うとガラの悪い人という意味です。
with a hoodで、ガラの悪い人、つまり不良が絡んできたということが説明できます。

親切な外国人が心配して何かありましたか?と質問してくれたら、I got in a tangle with a hood.と回答すれば、何らかの対処をしてくれるでしょう。

トラブル時の英会話関連記事はこちら。

その他 いざ!というとき使える単語一覧

不良に絡まれる以外にも、海外旅行中に怖い思いをしたり、盗難にあったりする可能性もありますよね。
そんなときに状況を的確に伝えるために、関連する単語や表現を覚えておきましょう。

関連単語

英語 日本語
be scared
怖い
pick on
からかう
pick up
ナンパする
wallet
財布(アメリカ英語)
purse
財布(イギリス英語)
アメリカ英語でpurse

はハンドバッグを意味します
be stolen
盗まれる

上記の単語を使った例文も紹介します。
単語をどのように使うのか、参考にしてくださいね。

例文

A:何があったのか教えてくれる?
Can you tell me what happened?

B:友達とストリートを歩いているときに誰かが私にぶつかったんです。そのとき、財布を盗られました。
Someone clashed me when my friend and I were walking the street.And then my wallet was stolen.

A:大丈夫?
Are you okay?

B:とても怖かった!あの男の人にいじめられたの。
I was so scared! That man picked on me.

身を守るために、ぜひ覚えておきましょう!

まとめ

今回は、不良に絡まれたという表現をはじめ、海外で怖い目にあったときに使える単語を紹介しました。

比較的治安がよい日本と違い、海外には治安が悪い場所もあるもの。
事前にインターネットのクチコミで情報収集したり、治安について現地の人に尋ねてみましょう。

万が一、怖い感じの人に絡まれたら、I got in a tangle with a hood. Help!と大きな声を出しましょう。周りの人に気づいてもらえれば、きっと手助けしてくれるはずです。

また、この表現を覚えていれば、訪日外国人に助けを求められたときも状況を理解することができるでしょう。いざというときのために、ぜひ練習してマスターしてくださいね!

動画でおさらい

「不良に絡まれた」を英語で?いざという時のトラベル英会話を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket