1. TOP
  2. 英語スピーキング
  3. ネイティブの英会話が速いから聞き取れないのはウソ!リスニング力アップの秘訣を伝授
Sponsored Link

ネイティブの英会話が速いから聞き取れないのはウソ!リスニング力アップの秘訣を伝授

LINEで送る
Pocket

日本人の多くは受験勉強や学校の勉強を通じて、リーディングとライティングはある程度出来るのですが、リスニングやスピーキングといった、耳を使う英語について、あまり得意ではありません。

そこで、今回はリスニング力の秘訣についてお伝え致します。

Sponsored Link

音節の違い

shutterstock_284225426

ネイティブの人と話をしていると、ものすごく速く聞こえると思います。

そこで、英語が早く聞こえるから聞き取れない、と思っている方が多いと思うのですが、実はネイティブの人が話しているのが早すぎて聞き取れない、というのは正しくないのです。

そこで、”comfortable”という単語を使って説明していきたいと思います。

comfortable”、「心地よい」という表現なのですが、カタカナで書くとしたら、「コンフォタブル」とかけます。

英語の音節についてこちらの記事も参考になります。
⇒カタカナ発音から抜け出す4つのポイント!

英語と日本語の音節

ここで良く見て欲しいのですが、”Comfortable”とコンフォタブルという単語は、全く音が違うのです。

もちろん発音も違うのですが、一番大きく違うポイントは「音節」です。

Comfortable”という単語は、音節が3つしかないのです。

しかしながら、「コンフォタブル」には音節が6つもあります。

英語の”Comfortable”の発音は音節が3つしかないのに比べ、カタカナの「コンフォタブル」には音節が6つもあります。

多くの日本人が英語を話すときは、日本語のカタカナ英語を思い浮かべていることが多いと思います。

記憶している単語も多くはカタカナ英語で整理されているのでは無いでしょうか。

そこで、この”comfortable”という単語を見たとき、日本人の頭の中に思い浮かべるのは「コンフォタブル」、音節6つの音を思い浮かべてしまいます。

しかしながら、ネイティブの人がこの”comfortable”という単語を喋ったとき・見たときにどのような音を思い浮かべるのかというと、音節3つの単語として耳に入ってきます。

 

何を意識すればよいのか?

shutterstock_533658433

comfortable”と「コンフォタブル」の音節はそれぞれ3つと6つなので、当然出している音についても、カタカナ英語にしてしまった時の方が多いのです。

したがって、ネイティブの人が話す音を聞くと、頭の中では6音節なのに、実際は3音節なので、思っているより速く聞こえてしまいます。

日本人は6つの音節で言っているところを、実際にはネイティブは3つの音節でしゃべっているのです。

ということは、単純計算ではありますが、半分のスピードで聞こえているわけです。

思い描いている音節の違いで速く聞こえてしまうだけなので、リスニング力をアップするために何をしていかなければならないのかと言いますと、発音の矯正です。

既に日本語に慣れ親しんでいる皆様にとって、ネイティブのような完璧な発音をするのは難しいかもしれません。

そのときに何を意識するべきかと言いますと、なるべくこの音節をネイティブがしている音節、この場合は3つの音節を意識します。

6つではなく、3つの音節に合わせて発音するようにするだけで、結構近い音になるのです。

近い音を発音できるようになれば、自分が発音できる音が増えていき、その結果、基本的にはネイティブの発音も聞き取ることが出来るようになります。

 

日本語は母音が多い

自分が英語で話をするとき、正しい音節に気をつけて話をするだけで、リスニング力はアップしていきます。

そこで、どのようにして正しい音節を意識しておけばいいかと言いますと、日本語は基本的に全部の文字に母音がつくということを意識してください。

例えば、「コンフォタブル」の場合jは、「Ko n fo ta bu ru」と全てに母音がついています。

しかしながら、英語は子音がメインなので、母音の発音より先に、子音を意識して、子音を発音するように意識することが大事です。

例えば、「コ」というのではなく、”K”の発音を強調して、意識して発音するだけで、音節は基本的にあっていくはずです。

他にも英語の子音について、こちらの記事もどうぞ
⇒Wの自然な発音の仕方

まとめ

当然ながら、英語にも母音を発音するところはあるのですが、音節を合わせるために子音を意識して話せるようになるだけで、英語の発音はかなり変わっていきます。

英語を話すときは、音節を重視して、母音ではなく子音がメインの言語だというのを意識するようになるだけで、リスニング力はアップ致します。

 

動画でおさらい

英語は早いから聞き取れないわけではない!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • あなたが日頃考えていることを英語で言える!英語スピーキング上達法

  • ママさん英会話「そろそろ寝る時間よ〜」家庭で使う日常英会話

  • 丸暗記しよう!久しぶりにあった時に必ず使う決まった英語表現

  • 英語スクリプト付き!2つのおすすめPodcastでリスニング強化!

  • 英語で「こってりしてて美味しい」濃厚なチョコレート・ラーメンを食べた時に

  • オーストラリア英語のリスニングがなかなか聞き取れない3つの理由