給料をもらうは英語で?成果報酬や時給など賃金に関する表現も例文解説!

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

給料を意味する英語というと、salaryという単語が思い浮かびますよね。もちろん、salaryは間違いではありません。でも、働いて得るお金のことを表す言葉は、salaryのほかにもいくつかあります。

時間給や日給、契約に対する報酬など、賃金に対する言い方は、シチュエーションによってさまざま。そこで今回は給料に関する英語表現を例文を使って解説していきます。では早速見ていきましょう。

給料を英語で言うとsalary

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

英語で給料と言えばsalary。和製英語の「サラリーマン」の語源にもなっているポピュラーな単語なので知っている人も多いはず。salaryは会社員や公務員の給料、俸給という意味があります。

彼、プロジェクトが成功してお給料が上がったらしいよ。
I hear his salary was raised a lot because of the success of the project.

だからあんなゴージャスな腕時計をしてるのね。
That explains why he wears such a gorgeous, dazzling watch.

ぼくの安い給料じゃ家族を養っていける気がしないよ。
I think I can’t support my family with my low salary.

そんな理由で私と結婚しないなんて。私だって稼ぐわ。
That won’t be a reason not to marry me. I will work and earn money, too.

monthly salary

通常、salaryといえば、ひと月分のお給料、つまり月給の意味。salaryは銀行口座振込みで支払われることが多く、日本語の「給料」と非常に近いイメージの言葉です。
monthly salaryと表現することもあります。

新入社員の月給は20万円です。
The monthly salary for new hires is 200,000 yen.

新入社員は、new hirenew employeeといいます。日本だと大学を卒業して入社してきたばかりの新人さんをイメージすることが多いですよね。

でも、日本のように新卒が一般的ではなく、転職も多いアメリカでは、新卒の社員も中途入社してきた社員も区別せず、new hire、new employeeを使って表現します。new comerという言い方もできますね。あわせて覚えておきましょう。

新入社員
new hire

new employee

new comer

annual salary

月給に対して、年俸はannual salary。annualは、年次の、一年の、という意味です。

彼の年俸は10億円なんだよ。そんな大金どうやって使えばいいんだろう?
His annual salary is ten hundred million yen! How can we use such a big money?

心配しなくていいと思うよ。
I believe you don’t have to worry about it.

和製英語サラリーマンは英語で?OLの英訳もサラリーマンと同じ!

時間給、日給の場合の英語表現はwage

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

salaryが会社員の月給を表すのに対し、wageは時間給、日給などの短い時間、期間単位で支払われる賃金、給料のこと。肉体労働者に支払われる賃金を指すのが一般的です。

part-time wage

アルバイト代は、part-time wageと言います。毎月まとめて銀行口座に振り込まれている場合でも、salaryは使いません。

厳密な定義はありませんが、やはりsalaryは社員に対して毎月決まった金額が支払われるもの、というイメージです。

昨日アルバイト代をもらったんだけど、今日全部使っちゃったんだ。
I got part-time wages yesterday, but I spent all of it today.

wage claim

wage claimは、賃上げ請求の意味になります。

チョコレート工場の多くの労働者が賃上げ請求に参加しました。
Many workers at the chocolate factory participated in the wage claim.

minimum wage

最低賃金minimum wageといいます。

最低賃金はふつう、田舎より都会の方が高いよね。でも家賃も高い。どっちに住むのがいいだろう?
The minimum wage is usually higher in the cities than in the countryside. But rent is higher, too. Which should I live in ?

「月給200万です」「給与明細」を英語で?ビジネスの場で役立つかもしれない英会話

条件を問わず給料全般に使えるpay

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

payは「支払う」の意味の動詞ですが、名詞だと給料、賃金という意味。payは給料を意味するいちばん汎用的で、一般的な単語と言えます。

口語的な表現なので、会話に登場する頻度が高いのもpay。正社員かアルバイトか、月給か日給か、仕事の内容はどういうものか、といった条件を問わず使えるので、とても便利です。

お給料はどんな感じ?
How is your pay ?

聞かないでよ。すごく少ないんだから。
Don’t ask me, it’s very low.

「お金がかかる」を英語で?2つの意味と費用など関連表現の例文フレーズ

その他の給料を意味する英語表現

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

月給を表すsalary、日給を表すwage、どちらにも使えるpayを解説してきましたが、給料を意味する英語はこれ以外にもまだあります。それぞれの言葉によってニュアンスが違うのでしっかり覚えていきましょう。

成果報酬や成功報酬を意味するfee

feeは、建築家や画家、弁護士、会計士、通訳など、専門的な仕事に対して支払われる成果報酬を意味する言葉。講演会のスピーチやコンサートの演奏などに対する謝礼の意味でも、feeを使います。

その国際会議の同時通訳の報酬は1時間当たり150ドルです。
The simultaneous interpreter’s fee is $150 per hour at the international conference.

成功報酬の平均は約30%です。
The average contingency fee is about thirty percent.

対価、報酬のフォーマルな表現compensation

少し耳慣れない言葉かもしれませんが、compensationは労働に対する対価、報酬の意味で、給料という意味で使われる少しフォーマルな表現。

動詞のcompensateは補償するという意味ですので、提供された労働に対して補償する、埋め合わせをするのがcompensation、つまり給料というわけです。

文脈によっては、会社側から提供される給料以外の補償や福利厚生なども、compensationの中に含まれることもあります。

あなたはかなり高い報酬をもらってる。これ以上何が欲しいの?
You get fairly good compensation. What more do you want?

ただ安心して仕事がしたいんだ。上司が毎日のように僕に怒鳴るから、自分に価値がないように感じるんだ。
I just want security when I work. My boss yells at me almost every day. That makes me feel I’m worthless.

まあ、それは最低だわ。あなたが受けたパワハラに対して補償を求めないと。
Oh, that’s the worst. We have to claim compensation for that power harassment you received.

「料金」の英語表現は6つに分けられる!正しく覚えて「料金」を使いこなそう

給料に関連した英語表現

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

ここからはお給料にまつわるフレーズを紹介します。日常生活でもときどき口にする言葉があるので覚えて活用してくださいね。

payday

給料日は英語でpayday慣習的にa、theといった冠詞をつけずに使われることもあります

何日が好き?
Which day of the month do you like the best?

変な質問させないでよ。絶対25日よ!給料日だから。
Don’t make me ask you such a weird question. Absolutely 25th! That’s payday.

pay well

「(あの会社は)給料がいい」「高給」と言いたいときは、会社などを主語にして、pay well という表現を使います。

君の働いてる会社はお給料がいいよね。いいなあ。
The company you work for pays well. I’m jealous.

そんなことないよ。早起きが苦手だから、早く辞めて自分の会社を立ち上げたいんだ。
Not that much. I’m not good at getting up early in the morning, so I want to quit a job soon and start a company of my own.

ほんと?雇ってくれない?早起きは得意だよ。
Really? Can you hire me? I’m good at getting up early.

早起きだけではそんなに払えないよ!
I can’t pay well for such a reason!

overtime pay

残業代は、規定の時間以上に働いた時にもらえる手当。英語でもそのままの意味でovertime payと言います。

夫は残業代をたくさんもらっているけど、私は彼の健康が心配なの。
My husband gets much overtime pay but I’m worried about his health.

英語で「今日は残業?」のニュアンスを出すには。ビジネスで使える英会話

まとめ

給料をもらう 英語 バイト 高い 薄給 少ない 給料が上がる 成果報酬 時給 賃金 例文

今回は、給料を意味するいろいろな単語を紹介しました。
サラリーマンという和製英語のもとにもなっているsalaryのほかにも労働条件、仕事の内容などによって、使う単語が変わってきます。

それぞれの単語のニュアンスを頭に入れておくと、リーディングやリスニングでも文章全体の意味を捉えるのにも役に立ちますよ。