英語で「今日は残業?」のニュアンスを出すには。ビジネスで使える英会話

LINEで送る
Pocket

仕事で「今日は残業?」と尋ねること、日常的にあると思います。

この場合、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。

今回は、ビジネスで使える英会話法について学んでいきましょう。

残業しなきゃいけない時

今日は残業?は、英語で

Do you have to work overtime today?

と表現します。

Do you have to~?は、あなたは〜しなければいけいのですか?というニュアンスで尋ねる表現です。

普通に考えれば、自分から望んで残業しているというわけではないですよね。

なので、ただ単に「残業をするのですか」と尋ねるのではなく、Do you have to〜?を使って義務のニュアンスにするといいでしょう。

そして、overtimeが残業です。
残業をするという表現には動詞のworkを使います。

work overtimeをセットで覚えておくと、「残業する」と言いたいときにすぐに役立ちます。

ビジネスで使える残業についての英会話例

会社では残業について話す機会はたくさんあると思います。

例文を参考に日常英会話に生かしてみましょう。

今日は残業?
Do you have to work overtime today?

そうだよ、今週はずっと残業してるよ。
Yes, I do. I have been working overtime all week.

残業のない企業に転職したいな。
I want to change my job to one with no overtime.

海外ではサービス残業がないと聞いた。
I heard that overtime in foreign companies is never unpaid.

求人情報に残業についての記載がなかった。
Overtime wasn’t mentioned in the job advert.

普通、残業になると少し時給は上がる。
Usually, your hourly wage increases a little for overtime.

今月はたくさん残業したから、長期休暇に行きたいよ!
I have worked overtime a lot this month so I need to go on a long holiday!

その他にもある、ビジネスシーンで使える英語はこちら

まとめ

最近では外国の方と一緒のオフィスで働いているという方も多いと思います。

向かいのデスクの同僚が、夕方になってもまだ机に向かっているようであれば、Do you have to work overtime today?と聞いてみてください。

げっそりした顔で、Yes!と返ってくるかもしれませんね!

動画でおさらい

英語で「今日は残業?」のニュアンスを出すには。ビジネスで使える英会話を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket