1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. チップは1ドル!カジノで使うかもしれない英語3つ

チップは1ドル!カジノで使うかもしれない英語3つ

LINEで送る
Pocket

カジノと言えば、
ラスベガスやマカオが
思い浮かびますよね。

カジノは海外ならではの
遊びの一つです。

日本人がカジノで遊びたい場合、
現状では海外に
行く必要があります。

普段ギャンブルをやらない方でも
旅先でお酒を飲みながら

きらびやかな
会場の雰囲気を味わうのも
旅の楽しみ方のひとつです。

カジノはゲームを
楽しむ場所なので、

ルールさえ知っていれば
英語がわからなくても遊べますが

最低限の英会話がでれば
もっと楽しめるに
違いありません。

カジノで使う英会話
種類が少ないので、
今回紹介する
3つのフレーズさえ覚えておけば
十分に通用します。

カジノでスマートにふるまうための
マナーも合わせて紹介します。

「誰か座っていますか?」

カジノでは
ルーレットやスロット、
ブラックジャック、
ポーカー、バカラなど

色々なゲームを楽しめますが

まず、カジノの会場に入ったら
どのゲームをするのかを
決めますよね。

そして、
やりたいゲームが見つかったら
座る席を探すのでは
ないでしょうか?

座れそうな席を見つけた時、

その席が本当に
空いているかどうかを
聞く必要があります。

「Anyone sitting here?」
ここは誰か座っていますか?

正しい文法では

Is anyone sitting here?

と、文頭に“Is”が付きますが
この“Is”
省略しても伝わります。

カジノでゲームを始める前に
席を確保するために必要な表現ですので
必ず覚えておきましょう。

「Anyone sitting here?」
と周りに聞いたら、
返ってくる言葉は
「Yes」か「No」
どちらかとなりますね。

質問をして、
「No」であれば
座って参加出来ますし、

「Yes」であれば
別のテーブルに移動しなければいけません。

この会話だけで
今からやりたいゲームのテーブルに
座ることができるか
どうかの判断がつきます。

飲み物を頼んでみよう!

ラスベガスなどのカジノでは
アルコールやソフトドリンクの飲み物が
無料で提供されることが多いです。

ウエイターやウエイトレスが
トレーに飲み物を乗せて
会場を回っている姿を目にしますので

自分のところに来た時には
飲み物を無料でもらうことができますよ。

欲しい飲み物をもらうには

「Can I have a ~」

と伝えましょう。

“~”の部分に
飲みたい物を入れます。

ビールであれば
Can I have a beer?
(ビールをいただけますか?)

コーラであれば
Can I have a coke?
(コーラをいただけますか?)

で伝わります。

その他にもある、「Can I have」を使った文章の例はこちら

ビールやコーラは数えられない名詞です!

飲み物を頼むときは

Can I have a beer?
Can I have a coke?

と表現できると説明しましたが
ビールやコーラは液体なので
英語の文法では
数えられない名詞とされています。

つまり、数を表す「a/an」を使って
「a beer」や「a coke」のように表現することは
英語の文法上、間違っています。

正しい文法では

Can I have a pint of beer?
Can I have a glass of coke?
Can I have a cup of coffee?

のように
“a”の後ろに
「pint」や「glass」、
「cup of」をつけなければいけません。

しかし、会話では
ビールやコーラは“1杯”と分かっているので
「pint of」「glass of」を省略しても伝わることを
覚えておきましょう。

Can I have a (pint of)beer?
Can I have a (glass of)coke?
Can I have a (cup of)coffee?

「pint」は飲み物のサイズを示す単位ですが
「a pint of beer」
生中1杯程度の量をさします。

英会話では、飲みたい飲み物は
「Can I have a ~」“~”
あなたが飲みたい物を入れるだけで伝わります。

「pint of」「glass of」「cup of」
省略されていることを理解しておきましょう。

チップは1ドル

カジノでの飲み物は無料であっても、
飲み物を持ってきてくれたウエイトレスやウエイターには
必ずチップを払いましょう。

チップの目安は1回につき1ドルで十分です。

日本ではチップを払う習慣がありませんので
うっかり忘れてしまいがちですが
これはマナーです。

スマートに気持ちよくカジノを楽しむためにも
飲み物をもらったら
「Thank you」の一言を添えて
1ドルのチップを忘れずに渡しましょう。

勝ったの?負けたの ?

カジノでよく使う英語と言えば、やはり
「勝った!」「負けた・・・」
ではないでしょうか。

・勝った! = I won!
・負けた・・・ = I lost…

ゲームの後であれば過去形で表現しましょう。

具体的に
いくら勝ったのか、
いくら負けたのかを伝えるときは

200ドル勝った = I won 200 dollars
100ドル負けた = I lost 100 dollars

と表現できます。

友人がラスベガスで
カジノに行ったという話を聞いたとします。

勝ったのか、負けたのか
気になりますよね。
そんな時には
勝ったの? = Did you win?
負けたの? = Did you lose?

と聞きましょう。

いったい、いくら勝ったのか
いくら負けたのかも気になりますね。

いくら勝ったの? = How much did you win?
いくら負けたの? = How much did you lose?

文頭に「How much」を加えて
質問してみましょう。

How much did you win?
いくら勝ったの?

と聞かれたら

I won 200 dollars!
200ドル勝ったよ!

のように答えましょう。

友人との会話で使えるその他の英語の例はこちら
⇒「誰がそんなの気にすんの!?」を英語で言うと?

チップは1ドル!カジノで使うかもしれない英語3つまとめ

カジノにあるスロットマシンなどは
ディーラーが間に入らないゲームなので
英会話があまり必要ない場合もあります。

しかし、せっかくの海外のカジノで
ハラハラドキドキを楽しむのであれば、
英語で周りの人たちと会話してみたいですよね。

今回紹介した3つのフレーズさえ覚えておけば
もっと楽しめるはずです。

・Anyone sitting here?
ここは誰か座っていますか?

・Can I have a beer?
ビールをいただけますか?

・I won! / I lost…
勝った! / 負けた・・・

慣れない英語を使ってゲームに参加するのは
少しハードルが高いように思えますが
周りを見渡すと、
案外英語を母国語としない人が
たくさんプレーしていることに気づきますよ。

この簡単な英語表現の3つさえ覚えておけば、
ラスベガスでもマカオでも
カジノを楽しむことができます!

そして、忘れてはならないのが
ウエイトレスやウエイターから
飲み物をもらった時のチップです。

きらびやかなカジノを
スマートに気持ちよく楽しむためにも
1ドル程度のチップを忘れないようにしましょう!

動画でおさらい

「チップは1ドル!
カジノで使うかもしれない英語3つ」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。