【as ofの意味・使い方】英語で~現在・~以降を表現!例文あり

as of 意味 使い方
LINEで送る
Pocket

ビジネス英語でも日常英会話でもas ofはとても便利なフレーズです。
一見どのような意味か見当がつきにくいかもしれませんが、~現在、~以降と表現したいときに使います。
今回の記事ではas ofについて例文とともにご紹介します。
とくにビジネスシーンでは重宝する表現なので、この機会に覚えてしまいましょう。

as ofの意味・使い方

英語 asof 意味 使い方

~現在の~時点でといった意味を持つas ofですが、具体的にはどのように使われるのでしょうか。まずはas ofの意味と使い方をおさえておきましょう。

as of 日付

as of 日付で、~付けでという意味になります。ビジネスシーンでは辞令などに関する書類や通達でよく目にするフレーズですね。as of March 31, 2021なら、2021年3月末日付けでとなります。

as of now


as of now今現在現在のところこれまででといった意味です。
過去から現在に至るまでの時間軸を表しているため、現在完了を使って表現します。現在完了といえばhave+過去分詞ですね。

as of then


as of thenその時点のという意味です。thenはその時です。thenの時点でというわけですから、その時点のとなるわけです。

as of today


as of today今日現在今日の時点でという意味です。こちらもビジネスシーンでは頻繁に出てくるフレーズなので覚えておきましょう。

as of yet


as of yetこれまでのところという意味で、否定文や疑問文でよく使われるフレーズです。yetまだ~ではないという意味ですから、否定で使われることが多いのはうなずけますね。

as of late


as of late現在最近という意味です。lateといえば遅いという意味が思い浮かぶ人が多いかもしれませんが、最近という意味でも使われます。副詞latelyも近頃、最近という意味ですね。

as ofを使った例文

as ofの意味を見てきましたが、ここでは具体的な使い方を例文とともに見ていきましょう。

1.私の娘は最近おままごとに夢中です。
As of late, my daughter is obsessed with playing house.

as of lateを文頭に置いた例文です。最近、このところという意味ですね。obsessは取りつく、心を奪う、何かに気を取られるという意味です。be obsessedと受け身にすることで、主語が何かに心を奪われている、夢中になっているといった表現になります。

2.2021年7月1日から受講料が5%ほど安くなります。
Your course fee will become lower by nearly five percent as of July 1, 2021.

こちらはas of 日付を用いた例文です。特定の日付から何かが変わったり、新しいルールが適用されたりする際に用いられることが多いので、この機会に覚えてしまいましょう。

3.現時点で、彼の子猫はすくすく成長しています。
As of now, his kitten is growing up so fast.

こちらの例文ではas of nowが文頭に置かれています。今のところ、今現在でといった意味で、和訳では現時点でとなっていますね。
成長するはgrow、すくすくはso fastと英訳されています。fastというとスピードが速いという意味を思い浮かべるかもしれませんが、しっかりと固定したという基本イメージを持つ単語です。そのため目覚ましく、ひっきりなしにといった意味もあります。

4.今のところまだ、親友は大学に進学するかどうか決めていない。
My buddy hasn’t decided if he will go to college as of yet.

as of yetは否定とともに用いられることが多いフレーズです。例文でも今のところまだ~ではないという否定文になっていますね。

親友を表すbuddyには兄弟や相棒といった意味もあり、男性相手に使われることが多い単語です。このほかにも親友を表す英語表現にはbest friendclosest frienddearest friendpalbest matesoul mateなどがあり、ベストをもじってbestieということもあります。

decideは動詞で決めるです。即決が苦手な人はI can’t decide.のフレーズは便利なので覚えておきましょう。何も言わずに困っていても英語圏では察してもらえることはほとんどありません。すぐに答えを出せないというとき、決められない現状をきちんと英文で伝えてくださいね。I can’t make up my mind.でもOKです。make up one’s mindで決心するですから、まだ決めかねていると伝えることができます。

5.私は4月1日付けで経理部に異動しました。
As of April 1st, I was transferred to the accounting department.

as of 日付を使った例文ですね。ある特定の日からという意味で、As of April 1stは4月1日付けでとなります。
部署を異動する際にはtransferを使います。カタカナ表記のトランスファーは見たことがある方もいるでしょう。海外旅行で飛行機を乗り換えることもトランスファーといいますね。

transferには自動詞と他動詞があり、自動詞なら自発的な異動となり、他動詞なら誰かを異動させるという意味になります。例文ではbe transferredと受け身になっていますから、異動が命じられたものであることがわかります。

asとofを使った表現の意味

ここまでas ofの使い方について見てきました。asofにはたくさんの用法があり、便利な半面、混乱してしまうことも少なくありません。
そこでasofを離して使った表現の意味もまとめてみました。ぜひマスターしてボキャブラリに加えてくださいね。

as a matter of


as a matter of~は、~としてという意味で使われます。
matterは翻訳しにくい単語ですが、日本語のことものに似て、漠然とした問題や事柄を表す際に用いられます。as a matter of courtesy=礼儀としてas a matter of principle=原則として、といった具合に使います。

また、~上といった使い方もされます。
as a matter of convenience=便宜上as a matter of form=形式上as a matter of duty=職務上といった具合ですね。
~的にと言いたい時にも使えます。
as a matter of logic=論理的にas a matter of necessity=必然的にas a matter of instinct=本能的にという感じです。

as a means of


as a means of~~の手段としてという意味です。
as a means of transportationは輸送手段として、as a means of improving the traffic situationは交通事情の改善策として、といった具合です。
こちらもビジネスでは登場する機会の多いフレーズですね。

まとめ

英語 asof 意味 使い方

英会話学習サークルのような一般的な英語の勉強法は日常英会話の習得には役立っても、ビジネスなどの専門分野に関する英単語や英語表現を学ぶのは困難な場合があります。英会話レッスンで担当講師がたまたま知りたいジャンルに詳しければいいですが、そうでない場合は質問しても適切な回答が得られないことも起きるでしょう。
同様に学生時代に使っていた英和辞典も収録されている専門用語は限られます。

ビジネスをはじめ、特定ジャンルの専門的な英語表現を学ぼうと思ったら、EDR日英対訳辞書などの辞書サイトがおすすめです。紙の辞書に比べて収録されている語彙数が多く、さまざまなジャンルの用語を検索でき、たくさんの情報を得ることができます。また音声データで発音を確認できるのも辞書サイトのメリットのひとつです。英辞郎on the WEB Proなど無料版が用意されている場合もあるため、購入前に使い勝手を確かめて自分の英語学習に合うものを選びましょう。

ただでさえ難解な表現が多い契約書ですが、英語版ともなると自力で作文するのは至難の業です。しかし契約書は定型文でおさまってしまう場合も少なくありません。頻出ワードやフレーズをあらかじめピックアップしておき、1ページにまとめて単語リストや表現パターン表を作っておけば、いざという時に必要な言い回しをすぐに見つけることができるでしょう。事業譲渡契約書や株式譲渡契約書などで、今回ご紹介したas ofが日付と共に~時点でという意味で使われることも多々あるので、ぜひピックアップしておいてくださいね。
もちろん全ての英文契約書がテンプレに収まるわけではありません。わからない表現が出てくることもあります。英和辞書の説明ではピンと来ないようなら英英辞書を引いてみましょう。またAI翻訳サービスのDeepL翻訳も意味理解に役立ちます。

難解に思えるビジネス英語ですが、日常英会話に比べるとスラングが少ない分、基本の意味を覚えれば仕事に役立つ英語力を高めることができるでしょう。定型文や頻出ワードは一度覚えれば繰り返し使えるので、毎日コツコツと覚えていくことが大切です。
もっとも慣用的表現は言葉の意味を知っているだけではわからないこともあります。ビジネス英語でも英文契約書用語などを知らないと理解できないということも珍しくありません。辞書英語の一般的な意味をマスターしたら、次はより幅広い意味の習得に挑戦してくださいね。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須