1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

 2017/01/13 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

英会話フレーズで、話を切り出すときの言い回しについてお伝えしたいと思います。
英語表現も日本語表現でも、間合いを取ったりニュアンスを工夫するための言い回しが多く使われます。

その言い回しによって、会話全体のトーンがネガティブなのかポジティブなのか、なども表現するこができます。

では、実際によく使われる英語フレーズYou know what?はどういう言い回しで、どのような場面・意味で使えばよいのでしょうか?

いくつかYou know what?に続くパターンや使用例、英語例文も紹介するので参考にしてみてくださいね。
では、早速みていきましょう。

You know what?で始まる会話

日常会話の中で、相手が突然You know what?と言い出すことがあります。

You know what?のあとに、話したい情報がきます。要するに、キーフレーズとなる話の内容が始まるというわけです。

このYou know what?という言い回しは、英会話において話を切り出すときに多く用いられる表現です。

何か話そうとしているわけなので、You know what?を相手が使ったら、ハッと気付き、耳を傾けることを忘れないでくださいね。

ネイティブとのやり取りに使う言い回しはこちらの記事も参考になります。

You know whatの意味は?

You know what?は日本語で言うと、あのさあ・あのね・ちょっと聞いてよといったニュアンスになります。
相手があなたと会話をスタートさせるときの、イントロダクションのようなものです。

You know what? I bought a new car!
ちょっと聞いてよ、新しい車買ったんだ!

こんな感じで会話を始めることができます。
この場合は、喜びを表すポジティブなトーンですね。

また、もし神妙な面持ちでYou know what?(ちょっと聞いてよ)というと、少し暗い話や真面目なトピックを切り出すための、落ち着いたニュアンスを表現することもできる言い回しだということを頭に入れておいてください。

you knowについてはこちらの記事もお役立ちです。

You know what?に続く例文をみてみよう!

You know what?の使い方の実例として、会話例を二つ紹介します。

You know what?
I bumped into your husband.

辞書や辞典を確認すると、bumpedbumpの過去形で、bump intoばったり会う、~にドンと突き当たるという意味です。

ちなみに、bumpは、衝突、バタン、ドスンという意味のほかにコブという意味も含んでいます。ラクダのコブのように、ボンッと出ている様をbumpと表現しており、語幹と意味がうまくマッチしています。

整理すると、ボンッと出ているラクダのコブのこともbumpと言い、街中で偶然誰かに出くわすことは、ボンッとぶつかる衝撃に似ていることから、ばったり会ったというニュアンスが生まれています。

また、husbandは夫という意味なので、これらを合わせると

You know what?
I bumped into your husband.

で、ちょっと聞いてよ!旦那さんとばったり会ったんだ、旦那さんとばったり出くわしたの。という表現になります。

もう1つの例文です。

You know what?
She finally dumped her boyfriend.

こちらも辞書や辞典を確認すると、dumpは、投げ捨てる・放り出す、厄介払いするなどの意味があります。
ダンプカーの荷台いっぱいに積まれたゴミが、放り投げるように捨てられている様子をイメージするとわかりやすくなります。

従って、ゴミを捨てるイメージから、恋愛において相手を振るという意味になるのです。

ちょっと厄介な恋人を振って、やっと別れた!というようなニュアンスを伝えるのに最適な表現です。

You know what?
She finally dumped her boyfriend.

を日本語訳すると、ちょっと聞いてよ!彼女はついにボーイフレンドのこと振っちゃったんだって!になります。

まとめ

英会話において、話を切り出すときに使うYou know what?は、どういうニュアンスの言い回しなのか、どういったシチュエーションで使えばよいのか、二つ例文をあげてお伝えしました。

日本語だと、ちょっと聞いてよといったニュアンスで、後に続く内容に合わせてトーンを調整しながら、話を切り出す場合で使うことができる言い回しです。
ぜひ、会話の内容に合わせて使って英語力を高めてください。

動画でおさらい

ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。