クラッシュする準備?英語で「疲れたからもう寝るよ」のニュアンス




LINEで送る
Pocket

夜、友達と電話をしていてそろそろ切り上げたい時や、疲れているの時に誘われて断る時に使う「もう寝るね」という表現。

英語ではさまざまなフレーズで表現できますが、今回はネイティブが日常会話の中で使う「疲れたからもう寝るよ」の英語表現を紹介します。

crashを使って「疲れたからもう寝るよ」を表現

「もう寝るよ」という時には、bedsleepという単語を使った表現がすぐに思いつくという人も多いのではないでしょうか。

例えば、

  • I am going to go to bed now.
  • I‘ll go to bed now.
  • I want to sleep now.

という表現がありますよね。

ネイティブはこのような表現以外に、crashを使ってもう寝るよということを表現することもあります。

I’m ready to crash.で「疲れたからもう寝るよ」というニュアンスになります。

crashという単語には、クラッシュする(衝突する)という意味があり、I’m ready to crash.を直訳すると、crashする準備はできている、となります。

寝るという意味の単語は、sleepgo to bedなどが一般的ですが、crashを使う場合は、ベッドにcrashしたいほど疲れていて眠りにつきたい状態を表すことができます。

I’m ready to crash.以外にも、

すごく眠いからもう寝るね。
I’m so sleepy, so I’m gonna crash.

というような使い方ができます。
gonnaは、going toを短くした表現で、親しい間柄でよく使う表現です。

crash寝るという意味を表現することは、少しこなれた感じがでるのでぜひ覚えておいてください。

readyを使うフレーズならこちらの記事も参考になります。

言ってあげると良い言葉

友達や家族などが、I’m ready to crash.と言ったらなんと回答してあげると良いのでしょうか。

日本語でも、とても疲れているからもう寝るね。と言われたら、よく休んでね。と伝えますよね。
英語で、よく休んでねと相手に伝えたい場合は、

Get some rest.
Get some sleep.

と言ってあげると良いでしょう。

子どもたちへ言う英語表現ならこちらの記事も参考になります。

まとめ

「疲れたからもう寝るよ」という表現は、

I’m tired so I’ll sleep now.

I am tired today, so I am going to go to bed early.

など、sleepgo to bedを使った表現はすぐに思いつきますが、crashという単語で「寝る」ということを表現することもできます。

I’m ready to crash.で、「ベッドにクラッシュしたいほど疲れているからもう寝るね」というニュアンスを表現できるので、ぜひ覚えて使ってみてください。

動画でおさらい

クラッシュする準備?英語で「疲れたからもう寝るよ」のニュアンスを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須