1. TOP
  2. 日常英会話
  3. cafeで使う英語!質問の流れさえ覚えれば怖くない

cafeで使う英語!質問の流れさえ覚えれば怖くない

LINEで送る
Pocket

海外で飲食店やカフェ・バーに行ったとき、英語での注文に困った経験はないでしょうか?

お店に入った際に、店員から話しかけられただけでパニックになり、店員が何を言っているのか分からなくなり、上手く対応できず自分の英語力にショックを受けてしまう人は、割と多いです。

今回は、カフェでの英会話にフォーカスし、おすすめの英例文フレーズを紹介します。

実は、日本語でのオーダーと同様に、英語での注文時でも大体パターンが決まっています。

流れの内容を押さえて、動じずに注文を!を目指しましょう!

カフェでの注文流れを予習確認

まずはカフェで注文する流れをつかんでおきましょう。

欧米では、入店した後軽く挨拶を交わし、注文・支払いをします。

海外旅行に行くと、注文の流れが分からず戸惑ってしまいがち。

注文の流れは、マクドナルド(店内飲食時)や、スターバックスと同じ流れと思っておきましょう。

具体的には、

  1. あいさつ
  2. 店員が注文を尋ねる
  3. 客が注文をする
  4. 支払い

の4つのステップが注文の流れになります。

①あいさつ

まずは店員が

Hi.how are you?

など、あいさつをしてくることが多いです。

忙しい場合は、挨拶を割愛する店員もいます。

様子を見ながら以下を参考に返答してみましょう。

Hello, I’m good, thank you, how are you?
Hello, I’m pretty good, how are you?
Hi, I’m ok, thank you, how about you?

上記はどれも、「こんにちは、ありがとう。ご機嫌いかがですか?」というニュアンスの返答です。

How are you?と聞かれて I’m good.と答えたら、相手の調子はどうかも聞き返してみましょう。

その後、店員がI’m good too. Thank you.など返答し、注文に進みます。

②店員が注文を尋ねるフレーズ

軽い挨拶をすませたら、注文に進みます。

ここでは、よく使われる注文を尋ねる英語フレーズを紹介します。

What can I get for you today?
こんにちは。何を注文されますか?

What would you like to order?
ご注文は何にされますか?

May I take your order?
ご注文をどうぞ。

Are you ready to order?
ご注文はお決まりですか?

③注文するフレーズ

続いて、注文に関するフレーズを確認していきましょう。

基本の注文フレーズ

注文する際の表現はいくつかありますが、Can I have 〇〇?(〇〇ください。)が一般的です。

Can I have a cup of coffee?
コーヒーを1杯いただけますか?

Can I have a café latte and a slice of pumpkin pie please.
カフェラテと、パンプキンパイを1つお願いします。

ホット?アイス?

コーヒーなどアイス・ホットどちらも提供している商品は、店員さんはホットかアイスかと聞いてくるはずです。

店員:Do you want that hot or iced?
ホットかアイスか、どちらがいいですか?

あなた:Hot please. /Iced please.
ホットをお願いします/アイスをお願いします。

※日本では冷たいコーヒーは「アイスコーヒー」で通用しますが、英語ではiced coffeeが正しい表現になります。

サイズ確認

続いてサイズを伝えます。

店員:What size would you like?
どのサイズがいいですか?

あなた:Small please.
スモールをお願いします。

甘さ指定

そして、甘さに関する質問をされる場合があります。

店員:Would you like that sweetened?
甘めが宜しいですか?

あなた:Sweetened please. /Not sweetened please.
甘めでお願いします。 / 甘くないものをお願いします。

他に何か注文しますか?

一通りオーダーが終わったら、追加注文を確認する場合が多いです。

店員:Anything else?/Would that be all?
他に何かありますか?/それで全部ですか?

あなた:That’s all.
これで全てです。

追加注文したい場合は、上記に紹介した注文の流れで追加注文してみましょう。

④支払い時のフレーズ

注文がすむと、店員が料金を教えてくれます。金額が聞き取れなかった場合には、レジの金額表示を確認してみてみるのもいいでしょう

店員:Your total is $4.80.
合計で$4.80です。

欧米ではほとんどのカフェでクレジットカードを使用が可能です。

まだ現金支払い派が多い日本と比べ、欧米ではコーヒー一杯だけでもクレジットカード利用する人が多いです。

念のため確認したい場合は次の表現を使いましょう。

あなた:Do you accept credit cards?
クレジットカードは使えますか?

支払いをすまし、商品を受け取ったら、店内のテーブル席でゆっくりしながら周りのネイティブスピーカーの会話を聞いてみるのも楽しそうですね!

~番外編~その他のフレーズ

カフェで使えるその他のフレーズを紹介します。

いざ!という時に備えて予習しておきましょう。

Which one is most popular?
人気の飲み物は何ですか?

Do you have smoking area?
喫煙スペースはありますか?

まとめ

海外旅行に行ってカフェ、またはレストランに入ることがあると思いますが、まずは日本語で構わないので、どのような流れになるのかを、頭の中で思い浮かべてみましょう。

英語は話した分だけ、引き出しが増えていきます。

店員によって異なるフレーズを使ったりすることが多いですが、流れをわかっていれば、英語対応しやすくなります。

今回紹介したフレーズを参考に、英会話にチャレンジし、会話力アップを実感できたら素敵ですよね。

まずは、頭の中でイメージしながら会話練習をしてみましょう!

動画でおさらい

cafeで使う英語!質問の流れさえ覚えれば怖くないを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。