1. TOP
  2. トラベル英会話
  3. 英語でサブウェイの激ムズ注文にチャレンジ!アメリカでの注文方法

英語でサブウェイの激ムズ注文にチャレンジ!アメリカでの注文方法

LINEで送る
Pocket

アメリカのコネチカット州
ミルフォードに
本社を置くサブウェイは、

全世界の店舗数では、
Mでおなじみのファストフード店を
上回っている、世界でも
人気の高いサンドイッチ系の
ファストフード店です。

日本でも身近なお店なので、
実際に入ったことはなくても
見かけたことがある人も
多いのではないでしょうか?

いろいろなサンドイッチの
メニューがありますが、

日本で注文するのも
けっこう難易度が高いですよね。

ではこの注文、
英語ではどんな風に
すればいいのでしょうか?

今回は、おいしいけど、
注文がちょっと大変な
「サブウェイサンドイッチ」を

英語でどのように
注文すればいいのかを紹介します。

サブウェイサンドイッチの注文は大変!?

サブウェイサンドイッチの特徴は、
メニューを色々
カスタマイズできるという点です。

このカスタマイズ注文
色々作法があるため、

知らなければ日本語でも
戸惑う人が多くいます。

スターバックスの
カスタマイズ注文も
呪文と呼ばれていますが、

実はサブウェイの注文も
なかなかの難易度なのです。

ただでさえ注文する際に
聞かれる質問も多いですし、
自分から言わなければ
ならないこともあるのに、

これがアメリカで、
しかも英語での注文となると、
ハードルが
さらに上がってしまいます。

しかし、
一回注文方法や使う表現を
覚えてしまえば、

難しく感じることは
なくなります。

ぜひ海外旅行へ行った際に
サブウェイがあったら、

これから紹介する内容を
参考に
チャレンジしてみてください!

メニューからサンドイッチの種類を選ぶ

まず、レジに並んで
自分が食べたいサンドイッチ
店員さんにカスタマイズオーダー
する必要があります。

英語圏のサブウェイでは、
店員さんたちは
「サンドイッチアーティスト」
と呼ばれているそうです。

アーティストと聞いては、
あえて変わったオーダーを
したくなっちゃいますね!

今回は例として、
BLTサンドを注文してみましょう。

“Can I have a BLT sandwich?”
(BLTサンドをください)

自分が欲しいサンドイッチを
くださいという時には、

“Can I have”
という表現を
使って注文します。

そのほかの
主なサンドイッチ
以下のとおりです。

Roast Beef
(ローストビーフ)

Roast Chicken
(ローストチキン)

Shrimp & Avocado
(えびアボカド)

Cold cut combo
(ハム、ソーセージ、サラミ)

Turkey Breast
(ターキーブレスト)

Meatball Marinara
(ミートボールとトマトソース)

Steak & Cheese
(ステーキとチーズ)

Veggie Delite
(野菜)

Tuna
(ツナ)

Egg
(たまご)

パンのサイズと種類を選ぶ

サブウェイのパンは
お店で生地を
発酵させるところから始まり、

毎日お店のオーブンで
焼き上げているそうです。

だからおいしいのですね。

注文するときには、
まずパンの種類から選びます。

9 Grain wheat
(9種穀物のウィート)

9 Grain honey oat
(9種穀物のハニーオーツ)

Italian
(イタリアン)

Parmesan Oregano
(パルメザンチーズ,オレガノ)

Flat bread
(フラットブレッド)

White
(ホワイト)

Sesame
(ごま)

などです。

店舗によっては、

Jalapeno Cheese 
(ハラペーニョチーズ)

Monterey Cheddar 
(モントレーチェダー)

Parmesan Oregano 
(パルメザンオレガノ)

Roasted Garlic 
(ロースティッドガーリック)

Rosemary & Sea Salt 
(ローズマリー&シーソルト)

Rye Bread 
(ライブレッド)

なんていう種類も
あるようです。

店員さんが

“What type/kind of bread?”

もしくは
“Which bread? ”
(どのパンにしますか?)

と、聞いてきますので、

“On 〇〇 bread, please.”
(〇〇でお願いします)

と、答えましょう。

次に、店員さんからは、
サンドイッチのサイズを
聞かれるでしょう。

サブウェイのサンドイッチというのは、
2種類あります。

① 6-inch
(約15cm)

② footlong
(約30cm)

この2種類の
「どちらにしますか?」
と聞かれます。

つまり、

“Which size would you like?”
(どちらのサイズにしますか?)

と聞かれるので、

“6-inch/footlong Please”
(6インチ / フットロングにします。)

自分が
食べたいサイズのものを
選んで伝えましょう。

これは、
日本のサブウェイでも同じなので
イメージしやすいでしょう。

知る人ぞ知る裏メニュー!

サブウェイで
密かに知られる裏メニュー、

その名も「パン抜き」

“without bread”!

つまり
「サラダ」を注文する
裏技が流行っているようです。

野菜がおいしい
SUBWAYならではですね!

また、
後でご紹介する
ソース(ドレッシング)も
増量可能なので、

忘れずに追加注文しましょう!

飲食店でのオーダーの際に
役立つ英語はこちら

チーズの種類を選ぶ

次に聞かれるのが、
チーズの種類についてです。

“Which cheese would you like?”
(どのチーズにしますか?)

と聞かれたら、
下記より選んで伝えてください。

“Can I get 〇〇 cheese please.”
(〇〇チーズを下さい)

いらない場合は、

“No cheese, Please”

と伝えます。

基本的には
2種類から選びますが、

American(アメリカン):
オーソドックなナチュラルチーズ、
プロセスチーズ

Monterey Cheddar
(モントレーチェダー):

濃いめのチェダーチーズ

もう少し詳しく指定すると
チーズは下記のような種類です。

Cheddar cheese
(チェダーチーズ)

Swiss Cheese
(スイスチーズ)

Provolone Cheese
(プロボローンチーズ)

Pepper Jack cheese
(スパイス入りチーズ)

American cheese
(アメリカのプロセスチーズ)

アメリカのサブウェイでは、
お店によって置いているチーズの
種類が違うケースがあるようです。

そのため、
パンの種類の方法とは異なり、
あらかじめ覚えていっても、

そのお店では
取り扱っていないというケースが
考えられます。

そうした場合には
チーズを指さして、

“I would like this one.”
「このチーズでお願いします」

相手に伝えるとよいでしょう。

英語の表現と組み合わせて
ジェスチャーを使うことも、

コミュニケーションを円滑に
行うためには大切なことです。

オーダーに役立つ英語は
こちらの記事も参考になります。

パンの焼き加減を選ぶ

チーズが決まった後には、
次のような質問がされます。

“Would you like your sandwich placed
in the oven and toasted or microwaved?”

チーズをとろとろに溶かして、
焼き目を付けたり、

お肉を温めたい時には
ぜひ頼んでください。

少し長いため、
難しいことを聞いていると
思うかもしれませんが、
聞いている内容は普通のことです。

この質問のなかで
聞き取ってもらいたい単語が、

“oven and toasted”
(オーブンに入れてパンを焼く)と、

“microwave”
(電子レンジで温める)の2つです。

“microwave”というのは、

「電子レンジ」
という名詞でもあるのですが、

「電子レンジにかける」
という動詞でもあります。

そのため、

「オーブンに入れてパンを焼きますか」

それとも、

「電子レンジで温めますか?」

と聞かれていることになります。

もしパンを
焼いてもらいたいのであれば、

“I would like my sandwich placed
in the oven and toasted”

のように
自分が電子レンジかオーブンで焼くのか
どちらかを伝えるようにしましょう。

その他にもある、
飲食店でオーダーをする際のポイントはこちら

野菜の種類を選ぶ

そして最後に出てくるのが
vegetable(野菜)です。

種類は
下記のようなものがあります。

Lettuce
(レタス)

Tomato
(トマト)

Green Pepper
(ピーマン)

Onion
(玉ねぎ)
※英語圏ではRedOnionが多い

Cucumber
(キュウリ)

Spinach
(ほうれん草)

Olives
(オリーブ)

Jalapeno pepper
(ハラペーニョ)

Pickles
(ピクルス)

「どのお野菜入れますか?」

と聞かれます。

この時の
一番簡単な表現は、

“I want everything except 〇〇”
(〇〇以外全部ください)

あるいは、

“I want everything”
(全部ください)

と伝えてしまうことが
おすすめです。

このどちらかを覚えていれば、
対応することはできるでしょう。

好みで野菜は
2倍まで無料で増量できるので、
ぜひオーダーしてみてくださいね!

また逆に、
レタスを少なめにして欲しいときには

“Light lettuce”

と伝えたり、

ピクルスがたくさん欲しい場合には、

“A lot of pickles”

と言いましょう。

または、
“Everything, please, but light
on the lettuce and extra pickles”

(全部ください、
でもレタス少な目、ピクルス多めにしてね)

というような表現を
使ってみても良いでしょう。

追加トッピングを選ぶ

次に何を
トッピングするか聞かれます。

“Would you like any extras?”

“Any extras? ”

トッピングの種類は以下です。

Extra Cheese
(追加のチーズ)

Crispy Beacon
(カリカリベーコン)

Spicy Pepperoni
(スパイシーペペロニ)

さらにお肉やベーコン、
チーズの追加など、

追加トッピングの注文
する場合のフレーズ例です。

“Double the meat, please.
Add 2 strips of bacon, please.”

(お肉2倍、
ベーコン2枚追加でお願いします)

ただし、オプションは
有料(Extra Charge)なので
気を付けてくださいね。

ソースを選ぶ

いよいよ最後です。

Sauce(ソース)を選びましょう。

こちらも
国によって差はありますので、
店舗で確認して
注文してみてください。

塩・コショウの他に
以下のような種類があります。

Ranch
(ランチドレッシング)

サワークリームとマヨネーズ、
ヨーグルトなどが混ざった濃厚なソース

Chipotle
(チポレ)

※メキシコの唐辛子の
燻製を使った辛いソース

Mayonnaise
(マヨネーズ)

Honey mustard
(ハニーマスタード)

Oil and vinegar
(オイルと酢)

Sweet onion
(スィートオニオン)

Sweet chili
(スィートチリ)

Italian
(イタリアン)

Thousand island
(サウザンアイランド)

Barbeque
(バーベキュー)

日本のサブウェイですと、

「わさび醤油ソース」

(すりおろしたわさびを使用した
ピリッとした辛味のあるソース)
あります。

国によって特色が出ますね!

この中から
2つ以上選ぶこともでき、

ミックスにすることも
できるのです。

“〇〇and〇〇 mixed,please”

具にあった
ソース(ドレッシング)
店員さんに聞いてみる場合には、

“What do you recommend?”
(おすすめは何ですか?)

と聞いてみましょう。

かけ過ぎを止めたいときは、

“That’s good.”

さて、
これでサブウェイサンドイッチの
注文が完了しました!

サイドメニューの注文

サンドイッチの注文が
完了した後は

ドリンク、サイドメニューの
オーダーです。

“Would you like any drink or side menu?”

(飲み物やサイドメニューは付けますか?)

“Would you like to make it combo?”

(セットにしますか?)

上記のようにセットは
“combo”
英語では表現されます。

サブウェイのセットは、
ドリンクとポテトチップスが付きます。

フライドポテトに慣れているせいか、
袋入りのポテトチップが付いてくるのって、
なんだか不思議な気分です。

他に注文がなければ、

“No,thank you.”
“That’s all.”

と言いましょう。

持ち帰りにするには?

店内で食べるのか
持ち帰りかを聞かれます。

“For here or to go?”

日本では持ち帰りにする時
「take out(テイクアウト)」
と言いますが、

英語圏では
“to-go/take away”です。

また、店内で食べるときは
“for-here(店内)”と言います。

これですべての
注文の流れが完了です!

いかがでしたでしょうか?

実はサブウェイの注文が
面倒だな…と思っているのは、

日本人だけではなく、
英語圏の方々も苦労しているようです。

ですので、
ちょっとくらい失敗したって
なんてことはないのです。

恥ずかしがらずに、
いろんなオプションにチャレンジして
徐々に慣れていけばいいのです!

ちなみに、
世界各国のサブウェイの
オーダーの仕方
公式ウェブにありましたよ。

・アメリカ
http://www.subway.com/en-us/menunutrition/menu/howtoorder

・イギリス
http://www.subway.com/en-gb/menunutrition/menu/howtoorder

※ほかの国も、
プルダウンの切り替えで
見られるようになっています。

基本のフレーズは3つだけ。

“Can I get ~”
(~ください)

“What kind of~ do you have?”
(どんな種類の~がありますか?)

“I will do ~”
(~にします)

単語と流れさえ覚えてしまえば、
自分が欲しいものを多くしてもらうなどの
注文をすることは簡単にできます。

そのため、
チャレンジする意味でも

ぜひ海外に行って
サブウェイがあったら
入ってみてください。

アメリカの
サブウェイサンドイッチでは、

自分が頼みたい
サンドイッチを決めて、

パンの大きさや
サンドイッチの大きさを伝えます。

そして、
パン種類やチーズを選び、
パンを焼くか

あるいは
レンジにかけるかを伝えます。

最後にどの野菜を入れるのか
ということを伝えることができれば、

自分が食べたい
サンドイッチを注文できるため、

ぜひサブウェイで
オーダーしてみましょう。

英語でサブウェイの激ムズ注文にチャレンジ!アメリカでの注文方法まとめ

アメリカで
サブウェイサンドイッチを
注文をするときには、

今回紹介した注文の流れや
表現を使ってみましょう。

特にパンやサンドイッチを
焼くか電子レンジで温めるかについては
単語を知らないと分からない場合もあるため、
知識として身につける必要があります。

そのほかの表現については、
特に難しいものはないため、
あとは実践あるのみです!

動画でおさらい

「英語でサブウェイの
激ムズ注文にチャレンジ!
アメリカでの注文方法」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

こちらの記事も読まれています!

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビジネス英語・ネイティブがよく使う遅刻した時の言い訳2つ

  • メールで相手を褒めたい時の英文・日本語同様、口語とは多少違います

  • 先方に電話「渋滞に巻き込まれて大幅に遅刻」を英語で報告!

  • スペルとマッチしません!「Though」のネイティブ発音

関連記事

  • 「○○を見つけなかったですか?」ホテルに忘れ物をした時に使う英会話

  • 第一声に「Nice to meet you」は言わない?出会いの英語表現

  • 本場の英語に触れるチャンス!海外旅行でネイティブと英会話を

  • 5つのシチュエーションごとの「接客英語」を覚えて、ワーキングホリデーをしてみよう

  • ネイティブがよく使う「I’d like to」の使い方は?類似表現との使い分けと一緒にマスターしよう

  • 博物館を英語で?世界のおもしろ博物館3選!博物館を楽しむための英語フレーズ集