「高所恐怖症です」を英語で言うと?2つの表現




LINEで送る
Pocket

今回は、高所恐怖症を英語でなんと表現するかについて説明していきます。

皆さんの中にも高所恐怖症の方がきっといらっしゃるでしょう。

では、私は高所恐怖症ですと英語で相手に伝えることはできますか?

相手に上手く伝えることができないと、高いところに行かなくてはいけない状況になってしまうかもしれません。

高所恐怖症の方は今回紹介する2つの表現や例文を覚えて、ぜひ使ってみてください。

簡単な言い方で言うと

英語で高所恐怖症は2つ言い方があります。

1つ目の表現はI’m afraid of~.という表現ですが、この意味は〇〇が怖いですという意味です。

〇〇に高いところという名詞のheightsを入れると高いところが怖い=高所恐怖症となるわけです。

〇〇には様々な名詞を入れることができます。

それでは例文を見てみましょう。

I am afraid of heights.
私は高所恐怖症です。

I am afraid of snakes.
蛇が怖いです。

I am afraid of the darkness.
暗闇が怖いです(暗所恐怖症です)。

I’m afraid of my wife.
妻が怖いです。

比較的簡単で、利用するシーンも多いとフレーズなので、例文のように自分の恐れているものを入れて練習してみましょう!

高所恐怖症という単語がある!

2つめの表現は高所恐怖症を直接指す単語を使う方法です。

高所恐怖症はacrophobiaと言い表します。

I am afraid of heights.よりもacrophobiaは学術的な用語です。

私は高所恐怖症ですと伝えたいときは、I have acrophobia.となります。

なお、phobiaは恐怖症という意味を持つ接尾辞なのでacrophobiaacroの部分を変えると、様々な恐怖症を指す単語ができます。

aerophobia
飛行機恐怖症

nyctophobia
暗所恐怖症

aquaphobia
水恐怖症

agoraphobia
広場恐怖症

いくつか例として挙げてみましたが、辞書で調べると他にもたくさんphobiaとつく単語はでてきます。

自分が嫌悪感を抱くものや恐怖を感じるものがあれば検索しておきましょう。

いざという時に使えるので覚えてみて!

私は高いところが苦手ですを復習してみましょう。

たとえば、東京タワーの展望台のところで、ガラス張りになっているところだと、足が震えて立てなかったりという経験をした場合、I am afraid of heights.伝えてみましょう。

または、I have acrophobia. と言い表すことができます。

高所恐怖症であることに大人になってから気付く場合もあります。

また、特に海外ですと高所の観光地なども多く存在しますよね。

高所の観光地に行き気付いてしまったときなどは使ってみましょう。

現地の方々が助けてくれるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

日本語では簡単に言えてしまいますが、英語での表現方法を知らなかった人もいたかと思います。

I’m afraid of heights.I have acrophobia.のどちらを使っても伝わりますが、特にI’m afraid of~.は他の表現にも使用できるので特に覚えておきましょう。

また、高所恐怖症以外で何か恐怖症がある人は単語や表現方法を確認しておくことをお勧めします。

いざというときに役に立つはずなので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

動画でおさらい

「高所恐怖症です」を英語で言うと?2つの表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須