そのまんま!「丸顔がコンプレックスです」を英語で言うと?

LINEで送る
Pocket

コンプレックスとは自分が周囲よりも劣っていると感じてしまう感情のことですよね。

誰にでもコンプレックスというものが一つか二つあるのではないでしょうか。

髪型や目の形、顔のシルエット、声など自身の外面が好きになれなかったり、逆に内面に自信がもてない人もいます。

このように、日常生活ではさまざまなことにコンプレックスを感じてしまう場面があるのです。

では、英語でコンプレックスを感じていることをどのように表現するのでしょうか。

今回は、丸顔がコンプレックスです。を例に、コンプレックスを英語でどのように表現するのかを紹介します。

〇〇が好きじゃない!

では早速、丸顔がコンプレックスです。という英語表現を例に紹介しましょう。

丸顔がコンプレックスです。
I don’t like my round face.

あれ?コンプレックスという単語が使われていない!と思った方も多いのではないでしょうか。

実は英語圏では、コンプレックスという単語が使われることはほとんどありません。

だいたいの場合が、I don’t like~(~が好きではない、~が嫌い)で言い表されています。

コンプレックスは、和製英語化されてしまった単語で、日本語独自の使い方をしています。

そのため、アメリカ人などのネイティブにコンプレックスと伝えても、日本人の使うニュアンスは通じないのです。

英語ではcomplex複雑という意味で、例えば以下のように使われます。

複雑なストーリーだ。
It’s a complex story.

東京駅はとても複雑だ。
Tokyo station is so complex.

このように日本語と英語のコンプレックスのニュアンスは異なります。

~がコンプレックスですと英語で伝えたいときは、I don’t like~を使って表現してください。

丸顔を英語で言うと?

丸顔は英語で、round faceと言います。

もしくは、moon faceという表現もあります。

ほかにも、顔の輪郭を表す表現を紹介します。

面長や卵型などは、

long face(面長)

oval face(卵型)

heart face(顎がシャープな逆三角形型)

baby face(童顔)

slender face(細面)

chiseled(彫りが深い)

などがあります。

Baby faceは日本語でもベビーフェイスとしてそのまま使われていますね。

容姿の好みはさまざまなので、丸顔が好きな人もいれば、コンプレックスだと感じている人もいるかもしれません。

また、地域や国によっては捉え方が違います。

褒め言葉として伝えたつもりが、相手によっては不愉快に感じてしまうこともあるので覚えておきましょう。

まとめ

丸顔がコンプレックスです。を英語でI don’t like my round face.と言うことを紹介しました。

英語のcomplexは、日本語の意味とは違い、複雑という意味を持つため、日本語のようなニュアンスでは使えません。

そのため、~がコンプレックスですと英語で表現するときには、I don’t like~(~が好きではない、~が嫌い)とストレートに表現されるのです。

今回のcomplexのように、和製英語化されてしまい海外では通じない英単語は少なくありません。
留学先などで恥ずかしい思いをしないよう、正しい意味やフレーズを学びましょう。

また、丸顔以外にも顔の輪郭を表す単語についてもお伝えしました。

知っていると表現が豊かになりますね!ぜひ覚えてください。

動画でおさらい

そのまんま!「丸顔がコンプレックスです」を英語で言うと?を動画で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket