「まじで!?」の「Really?」以外の英語表現




LINEで送る
Pocket

会話のなかでびっくりするような話があり、テンションが上がってくると「まじで?」と言いたくなるときがありますよね。

英語では何と言えばいいのでしょうか。

今回は「まじで?」と英語で言いたいときの表現についてご紹介します。

まじでをネイティブが使うと

ネイティブスピーカーが言う「まじで!?」に近いニュアンスの表現はFor real?です。

学校でよく習うReally?という表現もとても驚いた様子を示しているため、「まじで!?」に近いニュアンスで使うことができまますが、

ネイティブスピーカーはReally?「本当に?」といったより丁寧な意味で使うことの方が多いです。

ネイティブスピーカーと同じように、少し砕けた感じで「まじで!?」と言いたいときにはFor real?の方を使ってみましょう。

言った後に…

For real?と言ったあとによく続けられる表現としてYou’re not joking, are you?「それ冗談じゃないよね?」があります。

jokeという動詞は「冗談を言う」という意味です。

また末尾のare you?は否定文について「~よね?」という念押しの意味を表します。 You’re not joking, are you?For real?とあわせて使えば、さらに驚いた印象を与えられます。

2文続けてセットで覚えておきましょう。

まとめ

今回は英語で「まじで!?」と言いたいときの少し砕けた表現、For real?をご紹介しました。You’re not joking, are you?「それ冗談じゃないよね?」と続けて覚えて、ネイティブスピーカーとの会話を盛り上げてみましょう。

その他にもある、日常で使える英語の例はこちら
⇒「えっ?」と驚いた時を英語で表すと

動画でおさらい

「まじで!?」の「Really?」以外の英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須