「Oh my god」は使わないで!びっくりした時にとっさに出る言葉について

LINEで送る
Pocket

Oh my god.

という表現は日本人でもよく耳にする表現ではないでしょうか。

驚いたときにとっさに口にする表現として日常英会話で多用されています。

しかし、Oh my god.は神様という単語が使われていることから、宗教的観点からみた場合に望ましい使い方ではないのです。

英語を母国語としているアメリカ人などのネイティブとの間で、トラブルを招かないためにも正しいOh my god.の使い方について、ご紹介します。

アメリカにはクリスチャンがいます

アメリカや英語圏の人々のなかには、多くのクリスチャンがいて、週末に家族で教会へ行くという習慣も根づいています。

なかでも、アメリカ南部には保守的なクリスチャンが多くいらっしゃいます。

そんな保守的な信仰心をもっている人の前で、神の名前をむやみやたらに出してしまっては、相手を不愉快にさせてしまう可能性もあります。

聖書に次のような言葉があります。

神の名をみだりに唱えてはならない。
Do not use God’s name in vain.

これは旧約聖書の中の一節です。

そのなかのモーセの十戒に、このDo not use God’s name in vain.という言葉が存在しています。

したがって、敬虔ケイケンなクリスチャンであれば神=Godという表現をなるべく避けるケースが多いのです。

Oh my god!

Oh my god!

は映画やドラマなどの場面で一度は耳にしたことがあると思います。心の底から驚いたときの感情表現として、多くのシーンで使われています。

また、最近ではSNS上でOMG

という略語が用いられているのも目にします。

これだけ頻繁に至る所で使われているのが現状なのです。

それでは、敬虔ケイケンなクリスチャンがいることを想定してOh my god.を表現したい場合にはどのように表現すれば良いのでしょうか。

Oh my gosh!

と言い換えることをおすすめします。

goshには特別な意味はありませんが、Godを遠回し表現したときの音になります。

一番よく使われているフレーズなので、覚えておいてください。

微妙なケース

Oh my godと同じ意味合いで、Oh,Jesus Christ!

という表現があります。

これも宗教的観点からみてOh my godと同様に、微妙な空気が流れてしまうでしょう。

この場合においても、Oh,Jesus Christ!を次のようなフレーズに言い換えることができます。

それは、「Gees.」
です。

こちらもネイティブの間では一般的に使われている表現です。

Gees.と一言なので、感情を込めたいときはOh Gees.と感嘆詞をつけると良いでしょう。

Oh my gosh.Gees.は、使い方次第で敬虔ケイケンなクリスチャンとも気兼ねなく会話を楽しむことができますよ。

相手を選んでちゃんと使い分け!

キリスト教を信仰している日本人は少ないと言われています。ですから、信仰者の人の感覚は理解しづらいかもしれません。

しかし、実際には敬虔ケイケンなクリスチャンも多く存在しているため、言葉選びには十分気をつけて使うようにしましょう。

そのため基本的には、Oh my gosh!Geesといった表現を使った方が無難です。

驚きのリアクションを表すその他フレーズ

心底驚いた時というのは、日本語でもヤバイ!やマジ?というようなあいづちをしてしまうものですよね。

英語においてもOh my gosh.Gees.以外にも驚きのリアクションを表すフレーズというのがあります。

それでは例文を紹介しましょう!

なんてこと!
Oh my goodness!

goodnessは良い事、高潔を表す単語です。年配の人が使っている傾向があります。

冗談でしょ!うそでしょ!
You’re kidding!

まさか!あり得ない!
No way!

予想外だった時にとっさに出る一言として王道的に使われています。

え!なに!なんだって!
What!

驚きを表現する時に使える万能なフレーズです。

信じられない!あり得ない!
That’s unbelievable!

良い事に対しても悪い事に対してもどちらでも使われています。

何てこと!マジで!ヤバイ!
That’s crazy!

想定外の出来事が起こった事に対して使われます。狂っているほどすごい!のようにcrazy(狂っている)というニュアンスが含まれます。

まとめ

Oh my god!という表現は誰もが知っている驚きの気持ちを表すフレーズです。

しかし、使い方によっては相手に不愉快な感情を抱かせてしまうことが分かりました。

キリスト教を信仰している一部の敬虔ケイケンなクリスチャンにとっては、神の名=Godを使うことに抵抗を感じる人も多いのです。

なので、海外でOh my god.Oh,Jesus Christ!という状況がおとずれたときは、Oh my gosh!Oh,gees!を使うことが無難です。

自分の国以外の言語を使うときには、使い方はもちろんですが、その国の文化や宗教まで考えることが大切です。

自分の使っていた表現がその場の空気を悪くしてしまうことだってあり得るのです。使い方には十分注意しましょう。

もし、ネイティブの友人がいる場合には、実際の使い方を聞くこともおすすめです。

動画でおさらい

「Oh my god」は使わないで!びっくりした時にとっさに出る言葉についてを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket