1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 基礎からの英会話学習法。ネイティブは単語じゃない、センテンスだ!
Sponsored Link

基礎からの英会話学習法。ネイティブは単語じゃない、センテンスだ!

LINEで送る
Pocket

英会話の上達に欠かせない
センテンスでの会話の習得にて
基礎的な勉強法の1つである

「5W1H」(ゴダブリューイチエイチ)

使った質問の回答方法などを
紹介します。

「5W1H」を使って
自分の趣味に対する

相手の質問の答えを
考えてみましょう。

あらかじめ用意した答えに基づいて
回答ができるようになれば

1センテンスの回答で
会話がストップしてしまうことは
ありません。

具体的なコツなどを
紹介して参ります。

Sponsored Link

相手に情報を与えたい

例えば英会話スクールなどで
趣味はなんですか?と
質問された場合、

「I love yoga !」
(ヨガを愛しています)

と答えたとします。

ほとんどの人が
ここで止まってしまいます。

その理由は

ほとんどの日本人が英語は
1センテンス単位で話していくものだと
思い込んでいるからなのです。

英語に限らず、
なぜ話すのかということを
考えてみましょう。

相手に情報を与えたいということが
コミュニケーションの根本に
なっております。

このように考えてみると、
もっと自分が相手に与えたい情報が
見つかるのではないでしょうか。

例えばどれくらいの頻度で
ヨガをやっているのかとか
ヨガスクールに通っているのかなど。

相手からの質問に対して

自分が伝えたい情報は
決して1つでは収まらないことの方が
多いのではないでしょうか。

次の項では具体的に
どのような情報を伝えたくなるのかを
紹介します。

センテンス単位の学習ついては
こちらの記事も参考になります
⇒ぺらぺらへの道のり!英語脳になるための3ステップ

必須事項は「5W1H」

相手に対して伝えたい情報には
どのような例があるのでしょうか。

例えば

「What」(何)、

「When」(いつ)、

「Who」(だれ)、

「Where」(どこ)、

「Why」(なぜ)、

「How」(どのように)

が挙げられます。

これは
「5W1H」(ゴダブリューイチエイチ)
と言われます。

趣味はなんですか?
と質問され、

「I love yoga !」と答えて
ヨガの趣味について
そのまま話そうと思った場合、

「What」(何)の
「What yoga?」を自問します。

何のヨガが好きなのか?

それに対する答えが
「I do power yoga」
(パワーヨガという種類のヨガです)

などになります。

この要領で
自問自答を繰り返すことにより、

相手に対する回答が
沢山用意できます。

「When」(いつ)の「When」を自問すれば
「I do yoga in the mornning」
(朝やるんですよね)

を伝えることができますし、

「Who」を自問すれば
「I do yoga with my friend」
(友人と一緒にやっています)

を伝えることができます。

続けて、

「Where」(どこ)を自問すれば
「I do yoga at home」
(お家でやります)や

「Why」(なぜ)を自問すれば
「Because I want to lose weight」
(痩せたいんです)

などと
会話を拡げることができます。

最後の
「How」(どのように)ですが
こちらは様々な表現があります。

「How offen?」
(どのぐらいの頻度か?)
に対して

「twice a week」
(週2回)などとなります。

このように
「5W1H」を使えば
趣味1つにしても

様々な情報を
相手に与えることができるのです。

基本の英会話学習に関するトピックはこちら
⇒1からやり直す英会話!やってほしい勉強法

まずは準備をしておく!

「5W1H」を使って
あらかじめ質問の回答を
準備しておくことをお勧めします。

まずは趣味にしても
食べ物にしても

相手から質問されそうなことを
想定して「5W1H」を使った

自問自答で
1センテンスずつを

用意しておくのが
良いでしょう。

相手から質問されることは
「5W1H」に則った事が
ほとんどですので

質問されたら
即答ができるようになります。

1つ答えられるようになれば
また「5W1H」に則った質問が
来るケースがほとんどですので、

1センテンスの回答は
「5W1H」でまかなうことが
できます。

これが
出来るようになれば

少し長いセンテンスに
チャレンジしてみるのも
良いかもしれません。

「5W1H」については
こちらの記事もお役立ちです。
⇒独学で英会話はどこまでマスターできる!?

確実に1センテンス!

ます初めは1つの質問に対して、
確実に1センテンスで
答えていくことを意識してみてください。

単語単位ではなくて、
1センテンスでちゃんと答えて
次の質問をしてもらう。

それが単語では無くて
センテンスで会話することの
ファーストステップです。

相手からの質問に対して
自分が答える1センテンスを
書き出してみることをお勧めします。

1センテンスで
質問と回答の繰り返しが
できるようになれば

ネイティブに質問されても
ちゃんと答えられるようになるはずです。

はじめは
1センテンスずつの回答でも
確実に答えられるようになれば

上達していることが
実感できるようになります。

確実にマスターできるに
反復練習をすることをお勧めします。

 

まとめ

「5W1H」を使えば
あらかじめ質問されそうなことに対する
答えを用意しておくことができ、

1センテンスの
簡単な回答であれば

全てまかなうことができることが
分かりました。

まずは1センテンスの回答を
確実にできるようにして

少しずつ長いセンテンスに
ステップアップしていくのが
良いでしょう。

「趣味はなんですか?」や
「好きな食べ物はなんですか?」
といった質問の場合、

「5W1H」を使った回答は
難しくありません。

ぜひ練習して
英会話スクールや

英語を勉強している友達同士や
ネイティブの知り合いなどに
頼んで試してみましょう。

質問を変えたり、
質問者と回答者を変えたり
することもお勧めです。

ぜひ普段の勉強や
レッスンに取り入れて
試してみてください。

 

動画でおさらい

「基礎からの英会話学習法。
ネイティブは単語じゃない、
センテンスだ!」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • つぶやける英語のフレーズ「変な時間に寝ちゃって頭がぼーっとする」

  • 英語で初対面の挨拶。英会話スクールでの自己紹介は使えない?

  • 完璧な人はいない!英語で励ましの言葉

  • 英語でクレーム「頼んだものが遅すぎる」店員さんに言う英語フレーズ

  • 「end up」結局終電で帰ったよ、結局彼と結婚したよを英語で

  • 英語で注文「炭酸水ありますか?」アメリカでは○○water