1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 職場で使える「解雇されたらしいよ」ネイティブ表現

職場で使える「解雇されたらしいよ」ネイティブ表現

 2019/01/28 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

今回は日本人が言えそうで言えない英語の表現を紹介します。

例えば「ジェイコブは、解雇されたんだってね?」と言いたい時、英語ではどのように表現するのでしょうか。

知り合いや同僚が解雇されてしまった。

それを、プライベートの友達との会話で何気なく話題にする、という状況で使うフレーズを紹介していきます。

解雇を表すフレーズ

英語では「解雇」をいろいろなフレーズで表現することができます。

例文を挙げて、みていきましょう。

let go

Jacob was let go.
ジェイコブは解雇されました。

let go:
クビになる、解雇される

ニュアンスとしてはそんなに強くなく、遠回しなフレーズです。

婉曲エンキョク的にクビになった事実を表現する際、よく使われます。

また、従業員本人には責任がない場合も、let goを使って表現する場合があります。

このフレーズを使うと、解雇されたことがあまり重いニュアンスになり過ぎず、ひとつの話題として話題を振ることができます。

fire

Jacob was fired.
ジェイコブはクビになった。

fire ~:
~を解雇する

be fired:
クビになる、解雇される

fireを用いて解雇を表わすと、ちょっと強めの表現になります。

この単語は、「明日からもう来なくていい」という、完全にクビの意味です。

友達同士などカジュアルな会話の場面で使う言葉ではありますが、強い英語表現になるので気をつけましょう。

会話の中で解雇という話題を、少し優しいニュアンスで出したい場合、適しているのはlet goです。

let goを用いると、あまり強くない間接的な言い回しになるので、友達との会話にはピッタリの表現でしょう。

相手に自分の知っている情報を教える時の英会話フレーズ

今回紹介しているのは、友達との会話の中で解雇の話題を振るという状況の表現です。

日本語だと「ジェイコブが解雇されたの知ってた?」「ジェイコブが解雇されたらしいよ」というような言い方になると思います。

Jacob was let go.は、ジェイコブが解雇されちゃった。という意味で、事実を述べるだけの言い回しです。

~って知ってた?~らしいよ。のニュアンスを含むフレーズを付け加えることで、ネイティブのような英語表現になります。

Did you know that〜?とまず最初に言って、続けてJacob was let go.と言いましょう。

Did you know that〜?をくっつけると、友達とのカジュアルな会話の中で、自然に「知ってた?」というニュアンスを持たせることができます。

Did you know that Jacob was let go.
ジェイコブは解雇されたんだってね、知ってた?

Did you~?なので、過去形の質問のように感じるかもしれませんが、意味合いが全く違います。

質問ではなく、自分は知っていて、相手が知らないであろうと思われる知識や情報を、相手に伝えるというニュアンスです。

誰かに何かを伝える時は、Did you know that~?を付けて、軽く話題を振るようにしてください。

英語らしい表現方法であり、「~されたんだってね?」「らしいよ」という雰囲気で話すことができます。

DoとDidのニュアンスの違いに注意

ちなみに、Do you know ~?と言ってもいいのでは?と思う方がいるかもしれません。

結論から言うと、ニュアンスは全く異なります。

参考までにふたつの例文を比較してみましょう。

Do you know how to make a cake?
ケーキの作り方は知っていますか?

Did you know that he speaks 5 languages?
彼は5言語話せるらしいよ。

Do you know~?
→自分が知らない知識や情報、方法ややり方などを相手にたずねる時

Did you know~?
→自分が既に知っている知識を相手に伝える時

ニュアンスの違いを意識して、使い分けができるようになりましょう。

まとめ

解雇する、という内容を伝えるにもいろいろな表現があり、ニュアンスも違います。

その中でも今回は、直接的でなく優しいニュアンスの表現であるlet goについて説明しました。

また、友達同士で、誰かが解雇されたことを話題にする際は、Did you know that~?の後に伝えたい内容を言うようにしてください。

~らしいよ。という会話のニュアンスが再現でき、ネイティブがよく使う表現です。

軽いトーンの日常英会話で使える、とても便利なフレーズですので、覚えて活用していきましょう。

動画でおさらい

ネイティブの英語表現「解雇された」の優しい雰囲気の言い方を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。