英語圏の顔文字50選|emoticonを使いこなしてメールを楽しく!

キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!
顔文字が入っていると文字だけでキター!と表現するよりももっと感情が伝わってきますよね。

文字と記号を組み合わせた顔文字は無限大。種類が多く言葉だけで伝えるよりも感情を伝えやすいとして年齢を問わず広く使われています。
(^^) (*´ー`) ヾ(*>∀<)ノ゙キャハハッ シンプルなスマイルから微笑み、爆笑までたくさんありますよね。 そんな顔文字ですが、言語が違えば文化も違う。ということで、実は私たちが使っているあの顔文字は日本限定のもので、アメリカなどの英語圏では別のものが使われています。

そこで今回は、顔文字を英語でどう表現するのかから始め、日本の顔文字と英語圏の顔文字の違い英語圏で使われている顔文字50選と、たっぷり紹介します。
さて、キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!を英語圏ではどんな顔文字で表現するのでしょうか?楽しみながら読み進めてくださいね!

英語圏の顔文字を使いこなして、感情豊かにチャットを楽しみましょう!

顔文字は英語で?

顔文字は英語でemoticonと言います。
emotion(感情)icon(アイコン)から造られた混成語です。
発音も確認しておきましょう。

顔文字
emoticon

ちなみにemojiは、日本語の絵文字がそのまま英語になったもので、小さいデジタル画像又はデジタルアイコンのあの絵文字を指します。
emoticonは、顔文字のことで、顔の表情や感情をキーボード文字のみで表したものを指しますよ!
emojiの発音は、日本語のエモジとは異なるので、これも確認しておきましょう。

絵文字
emoji

ちなみに、emoticonemojiも日本の顔文字や絵文字と使い方は同じです。
文章の終わりに気持ちを強調するために使ったり、文章にしたくない気持ちを単体で使って代弁したりしますよ。

日本では顔文字アートが炎上したこともありましたね。ブログやTwitterが炎上するは英語でどう表現するのでしょう?こちらの記事が参考になりますよ!

日本の顔文字と英語の顔文字の違いは?

日本にも英語圏にもある顔文字ですが、いずれも顔の表情や感情を表します。最大の違いは、顔の向きです。
顔文字で最も一般的なスマイルを例に挙げて、みていきましょう。

日本の顔文字
(^^) (^_^) (^o^) (^-^)
英語圏の顔文字
:) :-) :D XD

違いがわかりましたか?
そうです。英語圏の顔文字は横向きなのです。ついつい頭を傾げて見てしまいますよね。
日本の顔文字は、(^^)や(^_^)のように顔を正面から見た様子を縦向きに表現していますよね。
英語圏の顔文字はというと、:) や :-) のように顔を横倒しにしたものが主流です。
ここがわかっていないと、顔文字だとは気づきませんよね…。

キター!は英語でどう表現する?

意外な人からメールが来た!期待していなかったのに合格した!思いがけず当選した!
こういったシーンで使われるキタ━━(゚∀゚)━━ッ!!。これは歓喜驚喜を表していますね。
まずは、顔文字なし日本語だけで歓喜や驚喜を表しているキター!の英語表現からみていきましょう。

歓喜驚喜を表現する英語としてはYes!Come on!といった表現がよく使われています。
ただ、キター!やった!よかった!といった表現より強く歓喜を表現していますよね。
英語では語を連ねたり伸ばしたりして感情を強調することが出来ます。
キター!= Yeeeees! / Yesssss! / Come Ooooon!
どうですか?視覚的にキター!感が伝わってきますよね!
この一部アルファベットを連ねる方法はYesCome on以外にも応用できますので是非実際にメールで使ってみてください。連ねる回数にルールはありませんが基本的に母音(a,e,i,o,u)を連ねることが多いです。
もちろん伸ばせば伸ばすほど気持ちが強調されます!
Nooooooo!

Whaaaaat??

Cooool!

Suuuuuuuper!

キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!を英語の顔文字で!

では、キター!と顔文字━(゚∀゚)━の総合的なところを英語圏ではどう表現するのでしょうか?
キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!
= Yeeeees!! XD / Come Ooooon! =O
といったところでしょうか。
XD喜んでいる顔=O驚いている顔を表しています。
種類豊富でひとつの文化ともいえる日本の顔文字と、シンプルな英語圏の顔文字とでは全くイコールの表現とは言えませんが、これである程度伝わります!
あとは続く文章で何に歓喜、驚愕したのかを説明していくことで補っていきましょう!

英語圏でよく使われる顔文字一覧

最後に、ネイティブがよく使う英語の顔文字50選を紹介します。

Happyな時に使う顔文字

まずは、Smiley or happy face!Happyな時に使うスマイリー顔文字から紹介します。
:‑) :) :-] :] :-> :> 8-) 8) :c) :^) =] =) :-))
眼鏡を描けていたり、double chin(二十顎)だったりと見ていて楽しいですね!

次に、Laughing(笑い)を表すemoticonです。
:‑D :D 8‑D 8D X‑D XD =D =3 B^D

Tears of happiness(嬉し泣き)なんてのもありますよ!
:’‑) :’)

誰かを褒める時に使うHigh five(ハイタッチ)にもemoticonがあります。
^5
これは顔文字というより、暗号的な表現になっていますね。

Sadな時に使う顔文字

frown(しかめっ面)sad(悲しい)angry(怒り)pouting(ふくれっ面)を表すemoticonはこちらです。
:‑( :( :‑< :< :‑[ :[ :-|| >:[ :@

悲しくて泣いているのはこんなemoticon。涙がほろりと悲しいですね。
:’‑( :'(

Surpriseな時に使う顔文字

surprise(驚き)を表すemoticonは、なんと、あくびを表すこともありますよ!
:‑O :O 8‑0 >:O

horror(恐怖)disgust(嫌悪感)を表すにはこんなemoticonがあります。
D‑’: D:< D: D8 D; D= DX
これらは、今までとは逆で顔を右に横倒ししていますね。

Kissを送る顔文字

kiss(キス)を送る際にはこんな感じになります。
:-* :* :×
最右は口がxになっていますね。スラング略語でxoxokiss&hugを意味しますよ。

なお、ハートは <3 で、broken heart(傷心)は、</3 や <\3 と表します。

顔文字の次はネットスラング!詳しくはこちらの記事が参考になります。

Playfulな顔文字

Tongue sticking out(舌だし)など、playful(ふざけている)emoticonもみてみましょう。
:‑P :P X‑P XP

ユニークな顔文字

最後にユニークなemoticonをクイズ形式で紹介します!

*<|:‑)
これは何だと思いますか?

答えは‥‥、サンタクロースです!

次はこれです!
5:‑)
これは‥‥ちょっと難しい!

答えは、Elvis Presley(エルビス・プレスリー)です!

最後の人はこの方!
//0‑0\\

正解は、John Lennon(ジョン・レノン)でした。

顔文字だけでなく略語も使いこなせるとカッコイイですね!こちらの記事が参考になります。

まとめ

キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!に始まる顔文字を英語圏ではどのように表現するのかを見てきました。

キター!を表すYes!を強調するには、eもしくはsを連ねてYeeeees!Yesssss!としました。日本語の語中や語尾を伸ばす感覚と似ているので馴染みやすいですよね。

また、日本と英語圏での顔文字の違いについてもみてみました。
日本の顔文字は顔を正面から表している縦向きパターンなのに対し、英語圏のemoticonは横倒しパターンでしたね。今回紹介した以外のemoticonを見たら、まずは顔を左に90度傾けて見てみることですね!
デザインに関しても日本の顔文字は細かい点まで凝っているものが多いですが、英語圏のemoticonはシンプルでスタイリッシュなものが多い印象でした。
国や言語が違えば顔文字の文化も異なります。外国人の友達と、日本式と英語圏のemoticon談義を交わしても楽しいですね!お互いの文化を理解し、顔文字が気持ちのいいコミュニケーションをとる助けとなるといいですね!

ぜひ今回紹介したemoticonを使って、いつもの文章に彩りを添えてみてください!

動画でおさらい

英語圏の顔文字50選|emoticonを使いこなしてメールを楽しく!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。