英語no longerの意味・使い方|厳選9例文で言い換えを完璧に!

英語 no longer

この街にもはや私たちの学校はない
この本はもはや書店で売られていないよ。

前は存在していたモノや状態が、今では無くなってしまったという時に使われるもはや~ないの表現。
昔を振り返って懐かしむときにも使える表現ですね。
では、no longerは英会話の中で、どのように使うのでしょうか?
no longerの正しい使い方やバリエーションを理解すると、気軽に使えるようになります。

今回はno longerに焦点を当て、発音のコツや意味について例文とともに紹介します。
正しい知識を身につけ、英会話の中でno longerを活かしてみましょう!

no longerの発音

英語 no longer

はじめにno longerの発音を確認します。

no longer
発音記号
nòu lɔ́ːŋər
カタカナ読み
ノーロンガー

no longerにはLの音が入っています。Lは舌を上の歯のつけ根付近に当てて、声帯を震わせて出す音です。
さっそく、舌の位置を意識しながら、no longerを発音してみましょう。

Lの発音方法についてはこちらの記事もおすすめです。

no longerの意味と使い方

次にno longer(もはや~ない)の意味と使い方を例文とともにみていきます。

no longerの意味

no longerの意味はもはや~ないもう~ない
日本語訳でないが含まれていることから、no longerは否定の意味を含む副詞です。シンプルに否定を表すnoも否定の副詞でしたね。

no longerと同じ意味を表すのはnot any longer
no longernot any longernotnoに変換し、anyを削除した表現です。

no longerの意味する状態は、昔は存在していた物事がすでに無いということ。
以前は存在していたことが、今では無くなってしまった時に使う表現ですから、以前も今も存在する対象には使いません。例文をみてみましょう。

この本はもう書店で売られていません。
This book is no longer sold in bookstores.

さらにno longerは、以前出来た行動が今では出来なくなったという状態に使えます。

私はもはや中学生のころのように速く走れません。
I can no longer run that fast like I was in junior high school.

no longerの使い方

no longerは英会話の中でどのように使うのでしょうか。
使い方のヒントはno longerと一緒に使う動詞の種類。早速例文をみていきましょう。

例1)
この街にもはや私たちの学校はありません。
There is no longer our school in this town.

例2)
私はもう彼女の曲は聞きません。
I no longer listen to her songs.

例文の中でno longerがどの位置に使われているかに注目すると、先ほどヒントとして述べた動詞の種類によってno longerの位置が異なることが分かります。

動詞の種類によって位置が変わる理由は、no longerが否定を示す副詞だったということに紐づいています。
例えばI am a student.の否定文はI am not a student.。そして、一般動詞の文章I sing a song.の否定形はI do not sing a song.となりますね。一つ目の文I am not a student.ではbe動詞amの後ろに否定のnot、一般動詞の文ではI do not sing a song.となり、一般動詞singの前に否定を表すdo notが置かれています。

no longerの意味はもはや~ないもう~ないという否定を意味する表現なので、文中の動詞を否定する場所、be動詞の後ろと一般動詞の前にno longerが置かれるというわけですね。

基本の動詞、be動詞について詳しく知りたい場合、こちらの記事も参考になります。

not any longerとnot anymore

ここからはno longerと同じ意味を表す表現、not any longernot anymoreについて説明していきます。not any longernot anymoreno longerは同じ意味なので、使い方もno longerと同じなのでしょうか?
先ほどの例文を用いて、not any longernot anymoreno longerの言い換えをみていきましょう。

例1)この街にはもはや私たちの学校はありません。
There is no longer our school in this town.

There is not our school in this town any longer.

There is not our school in this town anymore.

例2)私はもう彼女の曲は聞きません。
I no longer listen to her songs.

I don’t listen to her songs any longer.

I don’t listen to her songs anymore.

どうでしたか?
not any longernot anymoreに含まれるnotはbe動詞や一般動詞を否定する形、any longeranymoreは文末に置きます。

私はもはや彼を待てませんでした。
I could not wait for him anymore.

まとめ

英語 no longer

今回は、もはや~ないもう~ないを表すno longerについて説明しました。発音や使い方、同じ意味を表す英語表現との違いを勉強しましたね。

no longerをマスターするポイントは2つ。1つめは、no longer動詞の種類により置く位置が異なるということ。そしてもう1つは、no longerと同じ意味を表すnot any longerとnot anymoreが言い換えられるようにno longerとセットで覚えておくということです。

まずは今回紹介した例文を何度も確認しながら、no longerの発音や使い方を正しく理解し、様々な場面を思い浮かべて色々なno longerの英語表現を作ってみましょう。
ぜひ積極的に英会話に挑戦してみてくださいね!

最初のコメントをしよう

必須