1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 「たまには外食しようよ」を英語でカジュアルに。「Should」や「have to」をカジュアルに

「たまには外食しようよ」を英語でカジュアルに。「Should」や「have to」をカジュアルに

 2018/03/19 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

ルームメイトや家族に対して、いつも自宅でご飯を食べているとたまには外食したい時もありますよね。

あるいは、いつも社内でランチをしていると「たまには外食しようよ」と同僚に提案したくなることがあるかと思います。

そのような時、英語ですぐに「たまには外食しようよ」と誘えますか?言えそうで言えない人が多いのではないでしょうか?

ここではどのように、表現すれば良いのか紹介します。

「should」を使って誘ってみよう!

たまには外食しようよ!と誘いたい時は、We should eat out sometimes.と言います。

このフレーズを聞いて、あれ?と思った人もいるはずです。

助動詞である、should  は学校で「~をするべきだ」と習ったのに、人を誘う時にも使えるの?と思いませんでしたか?

実はネイティブスピーカーは「~するべきだ」以外に「~しようよ」という意味でも、shouldを使います。

同様に、have toも~しなければならない。という意味以外に、「~しようよ」の意味でもよく使います。

誘うときの表現として、We should~とWe have to~の両方を覚えておきましょう。

その他にもある、食事に関する英語はこちら

カジュアルに表現できるようになろう

日本語でshouldは、~すべきである。と覚えているとちょっときつい感じがします。

しかし実際には、~した方がいいよ。くらいの軽い感じなので、カジュアルに言いたい時でも使うことができます。

~した方がよい。という表現は、had better ~と習ったと思います。

しかし、この表現はshouldとは反対に英語では威圧的なイメージがあります。

そのため先ほど紹介した表現も、We should eat out sometimes.(たまには外食にいった方がいいよ)と柔らかい表現となりさらにたまには外食にいこうよとカジュアルに誘いたい場合に使えます。

shouldとhad betterでは、had betterの方が柔らかい表現だと思って、「~した方がいいよ」と友人にアドバイスをする時に使っていた人もいるのではないでしょうか?

そのような人はこの機会にぜひ、shouldの方が柔らかい表現だと覚えてください。

そして、had betterを使う際は、命令的な印象を与えるので、頻繁に使わない方が良いこともポイントとして押さえておきましょう。

「たまに」と「たまには」は違う!

たまには外食しようよ!では、たまには。という表現を使っていますが、たまには。とたまに。は違います。

せっかくですので、「たまには」と「たまに」の英語の表現についてもご紹介します。

たまに外食しようよ
たまには外食しようよ

ニュアンスがちょっと違いますよね。

たまに外食しようよ。だと、定期的とまではいかないけれど機会があれば何度か外食しようという感じを受けます。

たまには外食しようよ。だと、「たまに」より頻度が少ない感じです。

We should eat out sometimes.

では「たまには」を表現するのに、sometimesを使いましたが、日本語のたまにはにピッタリ合う訳語はありません。

sometimesを他の言葉で表現するなら、たまにはをちょっと言い換えて表現することもできます。

例えば、気分転換にという意味合いを込めて、How about going out for a dinner(lunch) for a change?(たまには外食しようよ)と言っても誘えます。

たまにと表現したい場合は、once in a whileが使えますので、こちらも覚えていてください。

「外食」を英語で表現するには?

たまには外食しようよ!の外食は英語で何と表現するのでしょうか?

今までの例文でも使用していましたが、eat outgo outで表現します。これは、一般的な表現です。

ここでは、少し英語中級者のように見える単語を紹介します。それは、dine outです。

dineという単語に馴染みがない人が多いと思います。dineは「食事をする」という動詞です。

dine outは、外で食事をする。dine inは、自宅で食事をする。のように使うことができます。

ちなみに、dinner(夕食)はこのdineという動詞から派生した言葉です。こちらの表現を使うと、英語中・上級者のように思われることでしょう。

「たまには外食しようよ」を英語でカジュアルに。「Should」や「have to」をカジュアルにまとめ

今回は、たまには外食しようよ。という表現について紹介しました。

~しようよ!と誘うときには助動詞、shouldhave toが使えます。

また、shouldは日本語では、~すべきであると強い口調だと思われがちですが、じつは、~した方がいいよ!程度なのでカジュアルな表現で使えることを覚えてください。

ほかにも、たまにはとたまにの違い、中級者向けの外食の表現であるdine outなど英語のレベルを1ステップ上げる表現についても紹介したので、ぜひ覚えてさまざまな場面で使ってみてください。

動画でおさらい

「「たまには外食しようよ」を英語でカジュアルに♪」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。