【保存版】災害時に役立つ英語12選。すぐ使える安否確認のフレーズ

LINEで送る
Pocket

日本が地震大国なのは、
すでに世界では有名ですが

実際に地震がめったにない国の人が
日本を訪れて、

いざ地震に遭遇してみれば
パニックになってしまうでしょう。

そんな時に相手を気遣う言葉
とっさに出てくれば、

あなたはすでに
英語マスターでしょう!!

とっさに出てこなくても
心配はいりません!

今回は安否確認の
覚えておくべき英語表現
ご紹介します。

Are you OK?(大丈夫?)を使ってみよう

“Are you OK?”

はよく聞きますよね。

「大丈夫?」
という意味ですが
このように使ってみましょう。

(昨晩の地震は大丈夫だった?)
・Were you OK after the earthquake last night?

(今までよりも巨大地震だったから、今朝は家が倒壊するかと思ったわ。あなたや家族は大丈夫?)
・I didn’t think my house would still be standing this morning! This was the biggest earthquake yet! Are you and your family OK?

“Are you OK?”は
とても便利なフレーズですが、

単独で使用すると
何を心配しているのか通じません。

会話やメール文などで
使用する際には、
何を心配しているのかを伝えましょう!

hopeとwishの違いは?

“hope”と“wish”は、
同じような意味を持ちますが、
使い方が異なります。

“hope”
可能性があるときに使い、

“wish”
実現性が低い場合と
幸運を祈るときに
使うことが多いのです。

(どうかご無事で。)
・I hope you stay safe.

(幸運を祈ります。)
・I wish you good luck.

(あなたと英語で会話できたらなぁ。)
・I wish I could communicate in English with you .

例えば、上記の例でみると…

・I wish you could stay safe.

こちらの英文を訳してみると、

(あきらめてはいるけど、どうかご無事で)

このような意味に
なってしまいます。

そのため、
このような場合には「hope」
使用して

“I hope you stay safe.”

と表現しましょう。

安否を確認する場合は、

怪我をしていたり
生死をさまよっていたりと
大変な時です。

そんな時に言い間違いで
反感をかってしまうことも
考えられますので、

使用するときには
注意して使ってみてください。

安否確認の後は、さらなる地震の際の注意を英語で伝えよう

海外では、
地震がめったに
起こらない国もあります。

そのため、
訪日の際に初めて地震を
体験される方もいます。

そんな方々は、
急に揺れだす地震に
ビックリされるでしょう。

安否確認とともに、
地震の際の
注意事項の伝え方も覚えましょう。

・心配しないで!すぐ地震はおさまりますよ!
Don’t worry, earthquakes end quickly.

・机の下に隠れてください
Please hide under the desk.

・地震の後は海から離れた場所にいた方がいいよ
You should avoid seaside areas after an earthquake.

・しばらくは余震に注意してね
Be cautious of aftershocks for some time after a quake.

地震などの災害時に役立つ英語での安否確認方法まとめ

重要な情報を英語にするときは、
まず日本語を英語に
直してみるのも1つの方法です。

決まったフレーズや
シチュエーションを想定して
文章を作っていくと、
英語が覚えやすくなりますよ!

LINEで送る
Pocket