1. TOP
  2. 郵便局で使う英語3つ。送料・安く送る方法・折り曲げ現金を英語で!
Sponsored Link

郵便局で使う英語3つ。送料・安く送る方法・折り曲げ現金を英語で!

LINEで送る
Pocket

今回は「郵便局で使う英語を教えてください」という内容をご紹介します。

郵便局は日常的にも良く利用しますよね。

海外旅行に行ったときなどにも荷物の郵送のため訪れる事があるかもしれません。

そんな郵便局で、利用頻度の高い3つの表現をご紹介します。

Sponsored Link

海外から日本に何かを送るとき

郵便局で使える英語表現の1つ目は
How much does it cost to send this to ○○?」という表現です。

今回は○○の部分に例えば「Japan?」と入れたとして考えてみたいと思います。

ちなみに、「How much does it cost」というのが、「いくらかかりますか?」「いくらですか?」という意味です。

How much does it cost」というのは覚えておくと便利な表現ですが、
実を言うと「How much does it cost to」の「to」の部分まで覚えておくとより便利に使用できます。

この「How much does it cost」という表現で疑問形にしてしまうと、
How much does it cost?」つまり「いくらですか?」となり、このあとはこれ以上の言い回しは続きません。

しかしながら、「How much does it cost to」まで覚えておくことで、あとはここにいくらかかるか知りたい単語を1つ入れるだけで、
「~するのにいくらお金がかかりますか?」という質問をする事が出来るようになります。

to」まで覚えておけばその他の表現にも流用できるため、便利に郵便局以外でも使えるはずです。

そのため、「How much does it cost to send this to Japan?」と言うと、
「日本にこれを送るのにいくらかかりますか?」となります。

これをさらに発展させ、「How much does it cost to go to Japan?」という文章になるとどうでしょう。

この場合、”send this to“に変わり”go to“が入るため、

・日本に行くのにどのぐらいお金がかかりますか?

・日本へはどのぐらい費用がかかりますか?

という訳になります。

このように、「How much does it cost to」まで覚えておくことで
to“の後のKWを変更するなど、使い方でいろいろと役に立つ表現です。

もちろん、「How much does it cost」とだけ言うことも可能です。

「いくらかかりますか?」と言う時、”cost“のすぐ後で「?」をつけましょう。

何にどの程度の費用がかかるのか、と内容まで細かく尋ねたいときは「How much does it cost to」まで言って、単語を付け加えたり文章を足したりしましょう。

細かな情報が必要でない場合は「How much does it cost?」で切るようにしましょう。

便利な表現ですので、しっかり「How much does it cost to」まで覚えるようにしてください。

 

“how much”についてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒海外旅行の時ちゃんとバス乗れますか?

最も安いのは?

郵便局で使える英語表現の2つ目は
What’s the cheapest way」という表現です。

郵便物を送る際に気になる点はやはり「価格」ですよね。

できることであればお得に利用できるようにしたい、と誰もが考えるはずです。

これはそんなときに使える英語表現です。

使用する際は「the cheapest」が指し示す意味がポイントとなります。

「最も」を表す「est」、これに「the」が加えられています。

the ~est」という形で
the」がくっ付いてる時は「最も~」という表現に変化します。

cheap」のみの場合は「安い」という意味ですが、
今回は「the」と「est」がくっ付いてるため「the cheapest」という形になります。

この言い方で「最も安い」という意味になります。

そのため、What’s the cheapest way
直訳すると「最も安い方法はなんですか?」という意味です。

郵便物を送る際にはそこに”to send this“を付け、
What’s the cheapest way to send this?」を使いましょう。

これで「これを送るのに最も安い方法はなんですか?」と聞くことが可能です。

 

その他の価格に関するトピックはこちら
⇒海外旅行の時ちゃんとバス乗れますか?

曲げてほしくない時

郵便局で使える英語表現の3つ目、最後は
Do not bend.」という表現です。

郵便物を送る際に気を付けたいのは
郵送されるお手紙や荷物の状態ではないでしょうか。

中身に影響がないようにできるだけ丁寧に取り扱って欲しいですよね。

そんな場合に役立つ表現です。

Do not bend.

bend」とは「折り曲げる」「曲げる」という意味です。

例えば「Bend your knees.」という表現の場合、
knees“は膝のことですから、「膝を曲げてください」という意味になります。

そのため、「Do not bend.」と言うと
「折り曲げないでください」となります。

郵便局で手紙を出す際に使用するのであれば、

・この手紙は曲げないでくださいね
・折り曲げないでくださいね

という表現になります。

この一言を添えることで
安心して郵便物を任せることができるのではないでしょうか。

ちょっとした表現でも重要なポイントと言えるでしょう。

 

郵便物についてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒なぜ”Robert”が”Bob”に?英語の名前の省略でよくある例と変わった例

郵便局でも英語で伝えられるように!

海外から郵便物が送られてきたら受け取る側もきっと嬉しくなることでしょう。

このような英語を使用することで安心して荷物を送付できるはずです。

海を越えてメッセージや風景を友人や家族へ届けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

郵便局が海外で利用できればちょっとした自慢にもなるはずです。

これらの3つの表現を使ってぜひチャレンジしてみてください。

 

動画でおさらい

郵便局でも使える英語!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたは聞き取れる?オーストラリア英語のリスニング攻略!

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

関連記事

  • 「道なりに進んでください」は英語で?道案内の英語

  • 英語の聞き流しって効果あるの?リスニング力アップは音とのリンクが最も重要

  • 「うっかり」は英語で何と言う?3つのよく使う表現でニュアンスを出そう’

  • 「女性服売り場は何階ですか?」を英語で表現

  • 若者英語「Chill out」の使い方と発音。「落ち着いて」

  • 今決めたか、予定されていたか?「will」と「be going to」の違い