1. TOP
  2. トラベル英会話
  3. 「このバス○○に行きますか?」と英語で聞こう!「Can you」と「Could you」の違い

「このバス○○に行きますか?」と英語で聞こう!「Can you」と「Could you」の違い

 2018/02/20 トラベル英会話
 
LINEで送る
Pocket

旅行先や出張先での
移動手段はいろいろありますが、

鉄道網が発達していない
地域での移動には

レンタカーやバスを
使うことになります。

日本国内でも
バスを使う場合、

行き先間違えてしまうと
冷や汗ものですが、

それが海外となると
さらにハードルが
上がってしまいますよね。

しかし
バスに乗る時に
確認しなければいけないことは
限られていますので、

しっかり
覚えて乗りこなせれば
非常に便利な移動手段です。

また、
ローカルなバスでの移動は、
現地の人の雰囲気を味わえたり、

コミュニケーションをとる
きっかけになったりもします。

今回は
バスに乗車する際に
覚えておきたい、

バスの目的地の聞き方や、
運賃の聞き方、

目的地に着いた時に
教えてもらう方法などについて
詳しく紹介します。

バスが目的地に行くか聞く

行き先が決まっている場合、
バスへ乗車する際に

はじめに
確認しておきたいことは
なんでしょうか?

まずは、
本当にそのバスが
自分の目的地に
向かってるのかどうか
確認をしたいところです。

「このバスどこに行きますか?」
と言いたい時は、

“Does this go to”+「自分が行きたい場所」?

というように、
聞いてみてください。

“Does this bus”
というように

“bus”
くっつけてもいいです。

“Does this bus go to”で、

自分の目的地を
ここ最後に
入れるようにしてみてください。

すると、
“Yes”か“No”
答えが返ってくるはずなので、

“Yes”と言われたら、
そのバスに乗って大丈夫ですし、

“No”と言われたら
そのバスではないので、
違うバスに乗ってください。

行き先までの運賃を聞く

ここまで会話ができれば、
目的地にバスが
向かっているのは分かりますので、
ここで聞いておきたいのが、
目的地までの運賃です。

運転手さんに、

「自分の目的地にまで
行くのにはいくらですか?」

というように
聞きたいところでしょう。

運賃を聞く時には、
“How much is it to”で、
“to”の後に場所を入れましょう。

“How much is it to 場所?”
「どこどこまで」、

“How much is it“
「いくらなんですか?」
という質問になります。

これは、
そのまま覚えてしまうのが
いいのではないでしょうか。

目的地に着いたら知らせてもらう

その次に
覚えておきたいのが、

目的地に着いた時、
運転手さんに
知らせてもらう方法です。

日本のようにバス停ごとに
必ずアナウンスが
あるわけではないので、

バスに乗ったはいいけれども、
降りそこなってしまわないように、
気を付けなければいけません。

また、
目的地のアナウンスが
あったとしても、

ちゃんと聞き取れるのか不安
ということもあるでしょう。

そういう時のために
最初に運転手さんに、

「目的地に着いたら、
教えてもらえますか?」
というように

言っておくのは賢い選択です。

これを英語で
どう言うかというと、

“Can you let me know”
“let me know”

「教えてもらえますか?」
という表現になります。

“let me know when we get to”で、

“to”の後に
「目的地の場所?」
入れましょう。

ちなみに、
“get to”という表現ですが、

“get to 場所?”
場所を後に付けることで、

感覚的には
「着く」という意味合いになります。

“arrive”という
単語を使う方も多いのですが、

arrive”というのは
「到着する」という意味合いです。

「着く」と言いたい時は
“get to”と言い、

「到着する」
言いたい時は
“arrive”
使うと良いでしょう。

微妙なニュアンスの
違いではありますが、
上手に
使い分けてみてください。

アメリカ英語で頼むとき

バスの運転手さんに対して、
目的地の到着を
知らせてくれるようお願いするのに

“Can you”という
表現を紹介しました。

“Can you”って
あまり丁寧な表現ではないのでは?」

「丁寧に表現したい時は
“Could you”にした方がいいのでは?」

というように
言われることがあります。

実はアメリカ英語
限っての話ですが、

“Could you”を使うと
「大変申し訳ございませんが」

というような
ニュアンスになってしまいます。

たとえばバスの運転手さんに対して、

「大変申し訳ないのですが、
到着したら
お知らせいただけないでしょうか?」

というような
ニュアンスになります。

このように、
「大変申し訳ございませんが」
という
ニュアンスで言ってしまうと、

バスの運転手さんが
普段しないことを

無理に
運転手さんに頼んでいる、
という感じになってしまいます。

運転手さんからすれば、
目的地に着いた時に
「ここで降りますよ」
と伝えるのは
当たり前の仕事です。

つまり運転手さんに
自分が降りることを
伝えたいという場合には、

“Can you”
頼んでも問題ありません。

アメリカ英語の場合、

ものを頼む際に
“Could you”
という表現を使う時は、

「相手の仕事でないことを
してください」

と頼む時に
言う傾向があります。

この
“Can you”“Could you”

どちらを使えばいいのか
迷ったという時には、

日本語で例えた場合に、
どういったニュアンスになるのかを
考えてみると良いでしょう。

その他にもある、
旅行の時に使える英語はこちら

イギリス英語で頼む場合

アメリカ英語の場合を
紹介しましたが、

イギリス英語の場合は
どうでしょうか?

“Can you“や“Could you”
使い分けというのは、

日本語でいう普通の話し言葉か、
敬語で伝えるかくらいの違いです。

そのため、
“Could you”というように
言った方が丁寧、

“Can you”
言った方がちょっと話し言葉、
という感じに聞こえます。

したがって、
アメリカで
バスに乗る時はおそらく、

“Can you”という風に
聞いた方が良く、

イギリスの場合では
“Could you”
言った方が良いでしょう。

このように、
アメリカ英語とイギリス英語では
微妙に
ニュアンスが異なります。

アメリカへ行った場合と
イギリスへ行った場合とで
使い分けてみると良いでしょう。

場所に着いた時の尋ね方

最後に、
場所にづいた着いた際の尋ね方です。

「到着したのかな?」
思ってそれを確認したい時には、

“Is this”の後に
場所名を入れて、

“Is this”+“目的地の場所の名前?”

というように聞くと、

運転手さんが
“Yes”か“No”
答えを
教えてくれるはずです。

タクシーの乗り方については
こちらの記事が参考になります

行き先が決まっていない時に使える英語表現

・Could you give me a bus route map?
バスの路線図をもらえませんか?

・How do I catch the bus?
バスに乗るにはどうすればいいでしょうか?

・Do you have a schedule?
時刻表はありますか?

・Where is the bus stop?
バス停はどこですか?

・Where can I buy a ticket?
チケットはどこで買えますか?

「このバス○○に行きますか?」と英語で聞こう!「Can you」と「Could you」の違いまとめ

英語圏の国で
バスを利用する際には、

ここで紹介したような、
バスの
目的地や運賃の聞き方、

目的地に着いた時に
お知らせしてもらう方法などを
知っておくと便利です。

また、
運転手さんに声を掛ける時には、
“Could you”と尋ねることで、

少し謙虚になり過ぎて
伝わってしまうことがあるため、
“Can you”で伝える方が無難です。

ただし、
“Can you”と“Could you”のニュアンスは

アメリカ英語とイギリス英語でも
少し変わってくるため、

それも合わせて
覚えておくと良いでしょう。

せっかくの海外旅行を
少しでも有意義で
楽しいものにするためにも、

今回紹介したフレーズを
ぜひ活用してみてくださいね!

旅行中の
トラブル時に使える英語は
こちらの記事が参考になります

動画でおさらい

「「このバス○○に行きますか?」と
英語で聞こう!
「Can you」と「Could you」の違い」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。