1. TOP
  2. トラベル英会話
  3. 英語初心者向け!本当に便利なトラベル英会話

英語初心者向け!本当に便利なトラベル英会話

 2018/02/22 トラベル英会話
 
LINEで送る
Pocket

グローバル化が進む日本。
しかし、英語を使う頻度が低く、英語と疎遠になってしまうことがありますよね。

英語圏などへ英語初学者の方が旅行に行く際に必要な英語表現には、どのようなものがあるでしょうか?
また、ガイドブックを買ってはみたものの、活用シーンが少なかったことはありませんか?

今回は英語初心者にとって本当に便利なトラベル英会話を紹介します!

トラベル英会話で本当に必要な英語表現は?

海外旅行に行ったとき、何か必要なときや、何かしたいときに、どうすればいいですかと質問をすることがありませんか?もちろん、それ以外にも会話をすることはあると思いますが、基本的にはそういった状況の方が多いでしょう。

そんな時に使えるのが“I want to ○○”“I need ○○”です。

I want to 〇〇.という表現で 「〇〇したいです。」と伝えることができます。

例えば“I want to eat.”で、「食べたいです。」という具合です。また、“I want to go shopping.” と言えば、「買い物に行きたいです。」という表現になります。

I need 〇〇.は、「○○が必要です。」という表現になります。

“I need a blanket.” で、「ブランケットが必要です。」という表現になります。

この〇〇の部分に必要なものをあてはめることで、相手に自分が必要としているものが何かを伝えることができます。しかし、ここで止まってしまうと、「〇〇がしたいです。」 「〇〇が欲しいです。」という表現で止まってしまい、相手に質問ができません。

トラベル英会話で本当に必要なのは、相手に「どうすればいいですか?」と質問をし、答えを得ることです。つまり「何々をしたいんですが、どこに行けばいいですか?」「何がお勧めですか?」といった質問をして情報を得るということです。

情報ってどうやってたら得られるの?

情報を得るためには、基本的に5W1Hを使って質問しないといけません。

“What / 何”
“When/ いつ”
“Who / 誰”
“Where / どこ”
“Why / なぜ” の5W

そして、“How/ どのように”

例えば
“How much / どのぐらい”
“How far / どのぐらいの距離”
“How long / どれぐらいの期間”

などを使うことで、相手から情報を引き出すための質問が作れます。

必要な情報があれば良い

海外旅行に行って必要な情報を得るためには、この5W1Hを通して相手の人に質問をすることが出来なければなりません。これらの質問ができれば、必要な情報を得ることが出来るようになります。

例えば、“I want to go shopping.” と述べ、その後に“Where”と付けたとします。

こうして出来上がった
“I want to go shopping. Where?”
という表現は、ちゃんとした文章ではありません。

しかし、このように表現できれば、相手の人には、「買い物がしたいんですけど、どこがいいですか?どこで買い物ができますか?」と言いたいんだなあと通じるはずです。

また、
“I want to eat breakfast. What time?”と表現したとします。

“I want to eat breakfast.”が「朝食が食べたいです。」という意味なので、「?」を付け、語尾を上げて“What time?”と聞くと、「朝食を食べたいのだけれど、何時に食べられるの?」と質問されている、と相手が解釈してくれます。

英語を学習する人の中には、完璧な英語を話さなければネイティブには通じないと思っている方が非常に多いです。ですが日本語でも完璧な文法で話している事がないのと同じように、英語でも、必要な情報さえ口に出して言ってしまえば相手に意味が通じることがほとんどです。

例えば、「朝食が食べたいです。何時?」と、外国人の人が質問してきたとしても「朝食が食べたいのですが、何時に食べられますか?」という意味で聞かれていると、理解することができるのではないでしょうか?

文法的に間違った表現をしていても、自分の要望と、知りたい情報を相手に伝えることさえできば、相手はきちんと理解してくれます。

知っておくと得するその他のトラベル英会話はこちら

トラベル英会話はコミュニケーションから!

現地のネイティブの人と積極的にコミュニケーションをとることは、仲良くなるにはとても重要です。

間違えたら恥ずかしいと黙りこんでしまうのではなくて、
“I want to eat breakfast. What time?”というレベルでもいいので、相手に話しかけてみましょう!

旅行をイメージしてみよう! トラベル英会話例紹介

使用頻度の多いフレーズ

Could you speak more slowly?
(もう少しゆっくり話してもらえますか?)

Can you say that again, please?
(もう一度言ってもらえますか?)

I don’t understand what you are saying.
(仰っていることの意味が分かりません。)

I am looking for a movie theater.
(私は、映画館を探しています。)

Is there a restroom nearby?
(この近くにトイレはありますか?)

I am Hiroshi Yamada.
(私の名前はヤマダ ヒロシです。)

Please call me Hiroshi.
(ヒロシと呼んでください。)

May I have your name?
(名前を教えてもらえますか?)

Nice to meet you. Nice to meet you, too.
(はじめまして/(返事)はじめまして。)

Enjoy your stay. / Thanks.
(よい滞在を。/(返事)ありがとう。)

飛行機内で

You are sitting in my seat.
(あなた、私の席に座っていますよ。)

Give me some water, please.
(水をください。)

空港(入国審査)での英会話

I am here for sightseeing.
(観光のためにここに来ました)

I will stay here for one week.
(ここに1週間滞在します。)

バスやタクシーなど移動時の英会話

Take me to the Prince Hotel, please.
(プリンスホテルに連れて行ってください。)

Does this bus go to the airport?
(このバスは空港に行きますか?)

Is this the platform for San Diego?
(これはサンディエゴ行きのプラットフォームですか?)

I will get off here.
(ここで降ります。 ※タクシー乗車時)

ホテルでの会話

I would like to check in, please.
(チェックインしたいのですが。)

This is for you.
(これはあなたに。 ※チップを渡すとき)

The air conditioning doesn’t work.
(エアコンが動かないのですが)

I am locked out.
(部屋から締め出されてしまいました。)

レストラン/飲食店での英会話フレーズ

I would like a table by the window.
(窓側の席がいいのですが。)

That’s all. Thank you.
(これで全部です。ありがとう。 ※注文したい料理を言った後に)

This is not what I ordered.
(これは私が注文したものとは違います。)

I am not underage.
(私は未成年ではありません。 ※アルコールの注文を断られた時)

Could you bring the check, please?
(お勘定をお願いします。)

To go, please.
(持ち帰りでお願いします。 ※ファーストフードなど)

For here, please.
(店内で食べます。 ※ファーストフードなど)

ショッピングで使える英語フレーズ

That is too expensive.
(値段が高すぎます。)

This is too big.
(大きすぎます。)

This is not what I expected.
(期待していたものと違います。)

I am looking for this in a smaller size.
(これの小さいサイズを探しています。)

Can you show it to me?
(それを見せてもらえますか?)

Do you have that in different colors?
(他の色はありますか?)

May I try it on?
(試着してもいいですか?)

I will pay by cash.
(現金で払います。)

You overcharged me.
(多く課金しすぎていますよ。)

娯楽に出かけるときの英語フレーズ

Where do the local people go shopping?
(地元の人がショッピングに行く場所はどこですか?)

Can you tell me the way to the museum?
(博物館に行く道を教えてください?)

Is it nearby here?
(それはここから近いですか?)

Will you tell me how to get there?
(そこに行く方法を教えてもらえますか?)

Could you take a picture of me?
(写真を撮ってもらえますか?)

Just press this button, please.
(このボタンを押すだけです(写真を撮ってもらうとき。)

トラブルに遭ったときの英語フレーズ

Stop it!
(止めてください!)

Help!
(助けて!)

Call an ambulance!
(救急車を呼んでください。)

I can’t find my baggage.
(荷物が見つかりません。)

I lost my passport.
(パスポートをなくしました。)

Do you have a Japanese speaker?
(日本語を話す人はいますか?)

英語初心者向け!本当に便利なトラベル英会話まとめ

トラベル英会話において一番大切なことは、自分の要望や自分が何を知りたいのかを相手に伝えることです。せっかく海外でネイティブと触れ合う機会を持てたのですから、あとは勇気をもって話しかけてみましょう。

意思疎通ができる瞬間が味わえると感動しますよ!

動画でおさらい

「英語初心者向け!本当に便利なトラベル英会話」を、
もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。