タクシー乗車時の英語フレーズ!料金確認・行き先を伝えよう

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

海外旅行などに行った時、タクシーを利用する機会は多いと思います。
例えば、空港を降りてホテルに行く場合や、観光地に行くためなどにタクシーに乗るとします。あなたなら、どのような英語表現でタクシー乗り場を見つけますか?そして、どうやってドライバーとやり取りするでしょうか?

タクシーに乗ってはみたものの、どのような英語を使えばいいのか分からず、現地で戸惑ってしまう人は少なくありません。

今回は、そんな場面で役立つタクシーに乗った際の英会話フレーズや注意点を紹介します。
それでは早速見ていきましょう!

タクシーに乗る前に

まずはタクシーに乗る前の英語表現や注意点を紹介します。

タクシー乗り場の場所を尋ねる

慣れない土地では、右も左も分からない…という状況に陥りがち。タクシーに乗ってホテルに行きたい場合、まずはタクシー乗り場を尋ねてみましょう。

タクシー乗り場はどこですか?
Where is the taxi stand?

上記以外にも、どこでタクシーを捕まえたらいいか?と聞く場合にはこんな表現も使えます。

どこでタクシーを捕まえられますか?
Where can I catch a taxi?

料金確認をする際のフレーズ

タクシーの運転手には事前に目的地までの料金を確認する際には、こんなフレーズ。

ABCホテルまで行くのに、いくらかかりますか?
How much is it to go to the ABC Hotel?

上記はABCホテルまでとしていますが、go toの後に別の行先を入れれば、道を尋ねたい時などにも応用が可能です。

注意!ぼったくりタクシー

日本では乗客がタクシー運転手にぼったくられるというケースは考えにくいですよね。
しかし、国やドライバーによっては、外国人観光客が通常より高い料金を請求されてしまう場合もあります。

ぼったくられないためには、タクシーに乗る前に◯◯に行くのに、どのぐらいお金がかかりますか?と先に聞いてしまうのが賢明です。
料金をはっきり提示しないなど、ちょっとこの運転手さん怪しいぞ…と思ったら、利用するのをやめるのもトラブル回避に繋がります。

料金を確認した後の会話例

ここからは料金を聞かずにタクシーに乗る場合や、料金確認後の会話例です。以下会話例から英語表現を確認してみましょう。

タクシーの運転手:どこまでいかれますか?
Where do you want to go?

あなた:ABC airportに連れて行ってください。
Can you take me to the ABC airport?

上記例文のようにtake me toの後に行きたい場所の名前を入れればOK!

ここで大丈夫ですを英語で伝える

無事目的地を伝えられて、到着が近づいてきました。
日本語でもよく言うのは、ここで大丈夫です、ここで降ろしてくださいという表現。英語ではこんな風に言ってみましょう。

ここで大丈夫です。
Here’s fine.

これは例えば、目的地に到着前に、気になる場所があった場合にも使えます。

その他にもある、旅行の時に使える英語はこちら。

チップを渡す時の英会話

最後は料金の支払い。
アメリカの場合、料金とは別にチップを渡すケースが多いです。アメリカでは職種によって渡すべきチップの金額が大体決まっています。

チップの目安

通常、チップの金額は支払い金額の○パーセントという計算になります。以下表で目安を確認してみましょう。

タクシー 10%~15%
レストラン 15%~20%
高級レストラン 20%~25%
ドアマン(ホテルなど) 1ドルか2ドル程度

チップはアメリカでは収入と考えられています。
それを見越したうえで会社からのお給料は低めに設定されている場合が多いので、接客をしてもらったら、しっかりと払うのがマナーです。

では、タクシーの場合、チップを渡すときに何と言ったらよいのでしょうか?
例えば、タクシー料金が18ドルだったとします。

18ドルに対してチップ込みで20ドル札を渡した場合は、以下の様に言ってみましょう。

おつり(2ドル)は取っておいて。
Keep the change.

changeはおつりを意味。

あまり使わないかもしれませんが、おつり2ドルを戻してほしい場合は、こんな表現を使います。

2ドル戻してもらえますか?
Can I have 2 dollars back please?

行き先まで連れて行ってもらうという目的だけであれば、今回紹介した英会話表現で十分乗り越えられますので、ぜひ英語でコミュニケーションを取ってみましょう!

安さが魅力!移動手段アプリ

近年人気のUBERやLYFTなどの移動手段手配アプリ。
タクシーより安価で利用できるということが人気が上がってきている要因のひとつのようです。

アプリを使うと、クレジットカードで料金の支払いができ、チップ支払いは任意で、チップも含めてクレジットカード経由で支払いが可能です。キャッシュレスで移動出来る手軽さも魅力となっています。

移動料金の目安を事前に把握したい場合や、コストを抑えたい場合などに利用してみてはいかがでしょうか?

ちなみ、米国本土の場合、Uberの方が需要は高いですが、Lyftの方がUberより多少安い値段設定になっています。

Uber (日本語サイト)

Lyft (英語サイト)

バスの乗り方についてはこちらの記事が参考になります。

番外編~ホテルでタクシーを呼んでもらう~

滞在先のホテルにてタクシーを呼んでくださいとお願いしたい場合には、以下のように言ってみましょう。

タクシーを呼んでいただけますか?正午にABC空港に行かなければならないのですが。
Would you call a taxi, please? I have to go to the ABC airport by noon.

taxiの部分をa cab

と言い換えてもOKです。

上記の様に、お願いする際にいつ・どこに行かなければならないかを伝えると、よりスムーズになります。

国によっては時間を指定したにも関わらず、タクシー到着が遅れるのが日常茶飯事という場合も想定されます。そのため、タクシーは早めの時刻を指定して手配しておきましょう!

旅行中のトラブル時に使える英語はこちらの記事が参考になります。

まとめ

旅行英会話は幅広くあれど、今回学習した表現で目的地までタクシーで行くことができます。

乗車前に、料金を聞くことは日本ではほとんどないでしょうが、海外では聞いた方が良い場合もあります。

また、アメリカではチップの文化があるので、紹介したチップを渡すときの表現を覚えておくと、タクシー以外の場所でも役に立ちます。
英語表現だけでなく、その国の文化を学ぶことも大切なことです。

その場で辞書を引いて、もたもたしてしまい、スムーズなコミュニケーションが取れなかった、自分もタクシー運転手もイライラしてしまった、などということがないように、ぜひ紹介した表現を覚えてくださいね!

動画でおさらい

タクシー乗車時の英語フレーズ!料金確認・行き先を伝えようを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket