タクシー運転手に英語で何と言う?海外旅行時に知っててお得




LINEで送る
Pocket

海外旅行などに行った時に、タクシーを利用する機会は多いと思います。
例えば、空港を降りてそのままタクシーに乗り、ホテルに行く場合などが考えられます。

では、タクシーを利用するときに、どのような言い回しでドライバーとやり取りするとスムーズにいくのかご存じですか?

多くの人海外で、いざタクシーに乗った時にどんな英語を使えばいいのか分からず、戸惑った経験があるはずです。
今回はタクシーに乗ったときにどのようなことを質問したり、受け答えをすれば良いのか紹介します。

タクシーに乗る前に確認した方が良い点

まずタクシーに乗る前に、ドライバーに聞いた方がいい質問があります。

例えば、アメリカに行ったとします。
荷物をいっぱい持って空港から降りました。
目の前にはタクシーがいっぱい停まっています。
そこでタクシーの運転手に聞くべきことは目的地までの料金です。

How much is it to go to ◯◯?
◯◯までいくらかかりますか?

このように、目的地までの料金を予め確認しておきましょう。

目的地がホテルであれば、◯◯の部分にホテルの名前を入れれば通じます。

例えば、

How much is it to go to the Hilton Hotel?
と言うと、
ヒルトンホテルまで行くのにどのぐらいのお金がかかりますか?

という質問になります。

旅行中のトラブル時に使える英語はこちらの記事が参考になります。

海外ではタクシーに乗る前に注意する!

日本ではタクシーでぼったくられることはまずないと思いますが、海外旅行に行った際は少し注意が必要です。

外国人旅客に対して、通常よりも高い料金を請求するというのは当たり前にある国もあります。
もしかしたら、海外でぼったくられた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでぼったくられないためにも、タクシーに乗る前に◯◯に行くのに、どのぐらいお金がかかりますか?と先に聞いてしまうのが、いいアイディアなのです。

先に聞いておけば、利用者はそこからかけ離れた運賃を請求されることはないでしょう。
聞いてみて「ちょっとこの運転手さん怪しいな」と思ったら、利用するのをやめるのが賢明命です。

では、ここからは料金を聞かずにタクシーに乗る場合、どのような流れになるかを説明します。

この場合、タクシーの運転手はWhere to?(どこまでいかれますか?)と目的地を確認してくるはずです。

Where to?と聞かれたら、

Can you take me to ◯◯?

◯◯に連れて行ってください。

と答えましょう。

Can you take me to the ABC airport?
ABC空港まで連れて行ってください。

例文のように、◯◯には行きたい場所や観光地を入れてあげればそれで通じます。

ここで大丈夫です♪と英語で伝える

無事目的地を伝えられて、到着が近づいてきました。
こんなとき、日本語でもよく言うのは、あ、ここで大丈夫ですここで降ろしてくださいですよね。

これを英語だと、Here’s fine.と言います。

これは例えば、目的地に到着する前に通ったところで気になる場所があった場合にも使えます。
非常に便利なので是非、覚えておいてください。

その他にもある、旅行の時に使える英語はこちら。

チップを渡す場合

最後に料金の支払いです。

アメリカの場合、支払いをする時にはチップを渡すケースが多いです。
もともとチップの文化があることを覚えておきましょう。

アメリカでは職種によって渡すべきチップの金額が大体決まっています。
多くの職種の場合は、支払い金額の◯パーセントという計算になります。

例えば、今回のタクシーの場合は10%~15%が一般的です。
その他に、レストランなら15%~20%、高級レストランなら20%~25%です。
ドアマンなどは1ドルか2ドルと金額で決められていたりもします。

チップはアメリカでは収入と考えられています。
それを見越したうえで会社からのお給料は低めに設定されている場合が多いので、接客をしてもらったら、しっかりと支払ってあげましょう。

では、タクシーの場合、チップを渡すときに何と言ったらよいのでしょうか?

例えば、タクシー料金が18ドルだったとします。
18ドルに対してチップ込みで20ドル札を渡した場合は

Keep the change.

おつり(2ドル)はキープしていいよ=これ(2ドル)がチップだからね

と言います。changeおつりを意味しています。

もし、2ドルを戻してほしい場合は

Can I have 2 dollars back?
2ドル戻してもらえますか?

と言えば、おつりを返してもらえることもできるので、覚えておきましょう。

ここまで紹介した英会話フレーズや表現を知っていれば、どこに行くにも困ることはそれほどないでしょう。
少し運転手さんと話したいな、と思うともの足りないかもしれませんが、行き先まで連れて行ってもらうという目的だけであれば、この程度の英会話で十分です。

バスの乗り方についてはこちらの記事が参考になります。

まとめ

海外旅行をするときにタクシーを使うことも多いと思いますが、基本的には今回紹介した表現で目的地までタクシーで行くことができます。

最初に料金を聞くことは日本ではほとんどないでしょうが、海外では聞いた方が良い場合もあるでしょう。
自分が想像していたよりも高ければ、ほかのタクシーを使うことで余分なお金を払わなくて済みます。

また、アメリカではチップの文化があるので、紹介したチップを渡すときの表現を覚えておくと、タクシー以外の場所でも役に立ちます。
英語表現だけでなく、その国の文化を学ぶことも大切なことです。

その場で辞書を引いて、もたもたしてしまい、スムーズなコミュニケーションが取れなかったということがないように、ぜひ紹介した表現を覚えてくださいね!

動画でおさらい

タクシー運転手に英語で何と言う?海外旅行時に知っててお得を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須