ホテルに忘れ物!「部屋に○○を忘れてきてしまいました。」を英語で




LINEで送る
Pocket

あれも見たいしこれも見たい、行きたい場所もたくさんあるし、あれもこれも食べてみたい!

海外旅行は時間が限られているものですが、そんな中にびっしりとスケジュールを詰め込んでしまい、大忙し!なんて方も多いのではないでしょうか。
そして常にバタバタした挙句、急いでいたらうっかりホテルに忘れ物!!そんな経験したことはありませんか?

今回は海外で滞在したホテルに忘れ物をしてしまった時、どのように対処すべきかの紹介です。
チェックアウト直後やチェックアウト後数日経ってからなど、状況に応じたホテルへの問い合わせフレーズを例文と共にみていきましょう。

ホテルに忘れ物をしたら

海外で滞在したホテルにうっかり忘れ物をしてしまった…。
あまり考えたくはない事態ですが、実際に起こり得ることです。

ツアーなどで海外を旅行した際は旅行会社に相談出来るかもしれませんが、個人での旅行の際には、自分で海外のホテルに直接問い合わせる必要があります。
状況によって使える英会話フレーズがいくつかあるので順番にみていきましょう。

海外旅行で役立つ英語についてはこちらの記事も参考になります。

忘れ物をした事を伝える

まず、ホテルに忘れ物をしてしまった、置き忘れてしまったという事実を伝えなければなりません。
日本語だと「部屋に〇〇を忘れてきてしまいました。」もしくは「部屋に〇〇を置き忘れてしまいました。」といった感じでしょうか。
これを英語で表現すると、

I left 〇〇 in my room.

leftleaveの過去形で、去る、出発するという意味の他に~を置き忘れる、~を置いて立ち去るという意味があります。何か物を忘れた時に使える単語です。

例文:
携帯電話を部屋に忘れてしまいました。
I left my phone in my room.

化粧ポーチを部屋に置き忘れました。
I left my cosmetic bag in my room.

携帯充電器を部屋に忘れました。
I left my charger in my room.

このようにI left ○○ in my room.を使ってまずはこの忘れたという事実を伝え、自分が困っている状況をホテルの人に知ってもらいましょう。

また、必ず聞かれるのが、滞在した部屋の番号。
部屋番号の伝え方はシンプルです。

部屋番号は1234です。
My room was 1234.

短くて覚えやすい表現なのであわせて覚えてしまいましょう。

ホテルで使える英会話にはこんなものも。

ホテルのフロントで直接聞いてみる

I left 〇〇 in my room.をちゃんと伝えることができれば、次のアクションとしては3つに分かれます。
チェックアウト後からの時間経過、現在自分のいる場所、依頼方法によってそれぞれ見ていきましょう。

1つ目はチェックアウトした直後でまだホテル付近にいる場合。
この場合、ホテルのフロントに出向いて直接話ができる状況ですね。

部屋に戻って取ってきてもいいですか?
May I go and get it?

May I ~?といった依頼形態はとても丁寧な表現です。
自分の非で忘れ物をしてしまったので丁寧に依頼することも大事ですね。
では、全体的な英会話の流れをみてみましょう。

自分:チェックアウトしたばかりなのですが帽子を部屋に忘れてしまいました。取りに行ってもいいですか?
I just checked out but I left my hat in my room. May I go and get it?

フロント:もちろんです。部屋番号は何でしたか?
Sure. What was your room number?

自分:1234です。ありがとうございます。
My room was 1234. Thank you.

そして自分で部屋をチェックしても見つからなかった。
そんな場合はフロントに戻って再度問い合わせる必要がありますね。

すみませんが、紛失・遺失物係が○○を保管しているかチェックしてみてもらえませんでしょうか?
Could you check if the lost and found has 〇〇 please?

May I ~?同様Could you ~?も非常に丁寧な依頼の仕方です。
自分で見つけられなかった際には、誰かが気付いて既にthe lost and found(紛失・遺失物係)にて保管している可能性があります。
あわせて覚えておきたい表現です。

電話で連絡する

2つ目はチェックアウトしてから時間が経過していて、すでにホテルから離れてしまっている。しかしまだ現地にいるので電話で連絡を取る、という状況です。

私の代わりにチェックして頂けませんか?
Would you check it for me please?

Would you ~?の依頼形もとても丁寧な表現です。この場合も全体的な英会話の流れをみてみましょう。

自分:昨日ホテルをチェックアウトしたのですが、今になってジャケットを部屋に置き忘れてき事に気づきました。代わりに見て頂けませんでしょうか?
I checked out of the hotel yesterday, and I just realized that I left my jacket in my room. Would you check it for me please?

フロント:かしこまりました。部屋番号は何番でしたか?
Sure. What was your room number?

自分:305です。ありがとうございます。
305. Thank you very much.

yesterdayjacketの部分を置き換えることで、さまざまな場面で使える表現になりますね。

メールで問い合わせる

3つ目は帰宅後に忘れ物に気付いた場合。
こういった場合はメールで問い合わせるのが最適でしょう。以下、例文です。

トミタアヤコと申します。11月13日から15日にホテルに滞在しました。
部屋は9876号室です。
帰宅後にマフラーを部屋に置き忘れたのに気づきました。
恐れ入りますが紛失・遺失物係にて保管されているか確認していただけますでしょうか?
保管されていた際には、下記の住所まで送っていただきますようお願い致します。

Hi,
My name is Ayako Tomita.
I stayed at your hotel from November 13th to 15th.
My room number was 9876.
After I got home, I realized that I had left my scarf in the room.
Would you check if the lost and found keeps it or not, please?
If you have it, could you send it to the address below?

前述の自分の代わりにチェックしてもらうというスタンスは変わりません。
今回は質問だけでなく発見時の郵送依頼もしているメール例文ですが、発見有無の回答が来てから郵送方法等を相談していくのでもいいかもしれませんね。
なおこのメールは、ホテルだけでなく空港や航空会社などへの問い合わせの際にも応用できます。
部屋番号や滞在日をフライト便名や利用日に変更して使いましょう。

まとめ

ホテルに忘れ物をした場合、気づいたタイミングや問い合わせ方法によって3つの状況別英会話表現がありました。いずれの場合にも共通して必ず使うフレーズがありましたね。

I left 〇〇 in my room.=部屋に〇〇を忘れてきてしまいました。

この表現は定番フレーズなのでしっかり覚えましょう。
また、いずれの状況でも共通していたのは丁寧な依頼表現でしたね。

May I ~?
Could you ~? Would you ~?依頼形を使用して、相手に対して丁寧に依頼するパターンも身につけましょう。
何かを丁寧に感じよくお願いしたい際に応用が効く定番の表現です。

忘れ物はしようと思ってするものではありませんが、もししてしまった際には焦らずに事実を伝え、ゆっくりと丁寧に依頼できるといいですね。

動画でおさらい

ホテルに忘れ物!「部屋に〇〇を忘れてきてしまいました。」を英語でを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須