「自転車」を「Bike」は間違い!? 英語で伝える3つの英語表現とは

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

日本では、通勤や通学、駅までの交通手段や、ちょっとしたお買い物まで、自転車をよく使用します。
そんな自転車の英語表現をご存知ですか?

ちなみに、私たちが普段使用する「チャリ」は、日本のみで使用される言葉です。
こちらは英語には当てはまらず、日本の俗語です。では、ネイティブは自転車をなんというのでしょうか?

ここでは「自転車」の英語表現についてご紹介します。

「自転車」は、「Bike」?

自転車を英語で表現すると「Bicycle」

といいます。

発音は「バイセコー」
「Bicycle」以外にも「自転車」を表す英語表現があることを、ご存知ですか?

それは、「Bike」です。

発音は「バイク」

「バイク」というと、日本では、原付などのことを想像しますよね。しかし、英語では「自転車」を表します。

日本でいう「バイク」は英語では「Motorcycle」

と表します。

※「Motorbike」

も使用できます。

「Bicycle」、「Bike」どちらが正しい?

「Bicycle」と「Bike」、どっちが正しいのか疑問を持ちますよね。

ネイティブは、どちらも使用するので「自転車」を表す英語は、「Bicycle」「Bike」のどちらも使用が可能です。

どちらかというと、「Bike」のほうが口語的で普段の会話でよく使用する単語です。

「自転車」を使った英文

英語 自転車 bike Bicycle

「Bike」を使用した英文を紹介します。「Bike」を「Bicycle」に変えても使用できますよ。

・自転車に乗る
I ride on my bike.

「Ride on ~」というフレーズは、「~に乗る(乗り物)」という意味を持ちます。
主に乗り物に対して使用できるので、覚えておくと活用できます。

・自転車からおりる
I get off my bike.

「Get off ~」も「~からおりる(乗り物)」に使用できるフレーズのひとつなので覚えておきましょう。

・わたしは、ブレーキをかけた
I hit the brakes.

「ブレーキ」を英語で表すと「Brakes」。
「壊す」という意味を持つ「Break」

と似ているので書くときには、間違えないように要注意です。

また「I applied the brakes.」も

ブレーキをかける表現になります。

「Applied」は「Apply」

の過去形です。

・タイヤがパンクしました
I got a flat tire.

「パンク」という言葉、「これって英語かな?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

「パンク」も実は和製英語です。

「パンク」を表す英語は、「Flat」。
自転車以外にも、車のタイヤがパンクをしたときにも使用できます。

便利なので、こちらも覚えておきましょう。

車に関する英語表現についてもご紹介。
英語で「燃費は良いですか?」車の燃費を聞いてみよう!

・私はタイヤに空気を入れた
I pumped up a tire.

「Pump」

という単語を使用してタイヤに空気を入れることを表します。

・チェーン(自転車の)がはずれた
The chain came off.

チェーンは英語でも「Chain」。こちらは英語でも、使用されます。

「Come off」

という表現も何かがはずれたときなどに使用する表現なので、覚えておきましょう。

※「Came off」で過去形となります。

・わたしは、自転車を直した
I fixed my bike.

「Fixe」

は「修正、直す」ことを意味する単語です。

なので、ここでは「Fixe」を使用して自転車を直したことを説明します。

「自転車」に関する英単語

英語 自転車 bike Bicycle

自転車の種類を表す英語表現

競技用自転車
Racing cycle

電動自転車
Electric bicycle

マウンテンバイク
Mountain bike

大人用自転車
Full-size bicycle

子供用自転車
Children’s bicycle

子ども用の自転車でも意外に大きいサイズもあるので小柄な人には、子ども用の自転車でも、大丈夫ですよ!

ママチャリ(日常自転車)
City cycle

アメリカなどは、車社会。そのため、日本のように自転車で行動するということは、ほとんどありません。
なので日本で使用されている「ママチャリ」という名称はあまり使用されていませんが、あえて「ママチャリ」を表す表現というと、「City cycle」が1番近い表現かと思われます。

自転車にまつわる英単語

自転車のブレーキ
Bicycle brake

サドル
Seat

「サドル」も英語と思う人が多いと思いますが、これも和製英語となります。
実際に海外で「サドル」と使用されていることもありますが、「馬に乗るときに使用するサドル」を表す意味なので「自転車」のサドルには、使用されません。

ネイティブは、「Bicycle Seat」

または省略して「Seat」と呼ぶことが一般的です。

ペダル
Pedal

チェーン
Chain

サビ
Rust

ライト
Light

パンク
Flat tire

補助輪
Training wheels

二人乗り
Double riding

自転車屋さん
Bicycle shop

まとめ

思っていたよりも普段使っていた単語が和製英語だったのではないでしょうか?
実際に使われている単語は、難しいものはありません。今日から、正しい単語に切り替えていきましょう。

そして海外の人たちと話す機会があるときには、くれぐれも和製英語に注意してくださいね。

LINEで送る
Pocket