1. TOP
  2. 日常英会話
  3. 英語でのメールの件名の書き方3つ「〜確認」「締切」「〜案内」

英語でのメールの件名の書き方3つ「〜確認」「締切」「〜案内」

 2018/04/05 日常英会話
 
LINEで送る
Pocket

ビジネスのグローバル化にともない、英語でメールをやりとりする機会が増えた、という方も多いのではないでしょうか。

日本語でのメールのやりとりの場合とはまた異なる、英語でのメールの件名の書き方について紹介します。

確認(Confirmation)する英文メールの件名


まず、業務やミーティングなどのスケジュールを確認するためのメールについて例文をあげてみます。

Schedule confirmation for May 9th.
5月9日のスケジュール確認の件。

Schedule = スケジュール
confirmation = 確認
という意味ですので、

Schedule confirmation for〇〇.

というように、 for のあとに日付を入れると、「〇〇のスケジュール確認の件。」という表現になります。

思わぬ行き違いを起こさないためにも、スケジュール確認は大切ですよね。

ぜひ覚えておきたい表現のひとつです。

覚えておきたい英語表現はこちら

締切(Deadline)を伝える英文メールの件名

そして2つめは、業務の締め切りを伝える表現です。

例えば、

Deadline for Budget Analysis.
予算分析業務の締め切りの件。

基本形は、

Deadline for〇〇.

で、「〇〇の締め切りの件。」 となります。

budget = 予算
analysis = 分析

という意味の単語ですので、 Budget Analysis と複合語になると、予算分析や解析などの業務、という意味になります。

海外の人や企業と仕事をしていると、時間やスケジュール感覚の違いに驚かされることがしばしばあります。

締切りについてきちんと確認しておくことはとても大切なので、こちらも覚えておきましょう。

案内(Information)する英文メールの件名

3つ目として、サービス、イベント等を案内するメールの件名について紹介します。

Regarding~
~について

例文:Regarding meeting on Friday
金曜日のミーティングについて

Notification of~
〜の告知

例文:Notification of the Relocation
移転のお知らせ

Inquiry about~
~に関する問い合わせ

例文:Inquiry about Your Services
御社サービスに関する問い合わせ

Invitation to~
~への招待

例文:Invitation to our opening event
弊社オープニングイベントへのご招待

Change of~
~の変更

例文:Change of the Next Meeting
次回ミーティングの変更

Action Requested: ~
~ご対応お願いします

例文:Action Requested: Meeting next month
ご対応お願いします:来月の会議

Order for~
~注文の件

Order for a purchase order number 44132
購入番号44132の注文の件

そのほかの表現

Payment Confirmation for Invoice #~
請求書番号~の支払い確認

Reminder:
(以前送信したメールの件名)

送信相手が忘れていないかどうか再確認するような場合に使います。
日本でもリマインドメールと言いますよね。

Thank you for your inquiry.
お問い合わせ有難うございます。

そのほかに使える便利な表現

その他に、製品の案内などを依頼するメールの件名について紹介します。

Request for~
~依頼の件

Request for Product Documents.
という例文を見てみましょう。

request = 依頼
product = 製品
documents = 書類
という意味ですので、結果として、下記のような意味になります。

Request for Product Documents
製品についての書類(商品案内)をください

また、この表現の応用として、

Request for Change Our Appointment Date
アポイント日時変更依頼の件

という風にも使うことができます。

誰かに何かをお願いしたいときに使える便利な表現なので、これは必ずマスターしましょう。

件名作成のコツ

ここまで紹介したメールの件名のなかで、

Schedule confirmation for
Deadline for
Request for

などの、うしろに for がついている場合があります。

これらの表現は、メールの内容に合わせて for のあとに可変要素を入れてあげれば、それだけで具体的で分かりやすいメールの件名となる非常に便利な表現なのです。

このように、件名はできるだけ簡潔に、どんな内容なのかがはっきり分かるように書きましょう。

そうでないと、メールを開くのを後回しにされたり、返事をもらえなかったりすることもあります。

また、内容が分からないような件名にしてしまうと迷惑メールフォルダに入ってしまう場合もありますので十分に気を付けましょう。

悪い件名例

Thank you!
Inquiry
Payment
Shipment
Meeting
Congratulations!
Good news

上記のように、極端に短い件名はスパムメールと間違われ、システマティックにはじかれてしまうこともあります。

また、絶対に読んでもらいたい重要なメールの場合は、件名の頭に、 [Urgent][Important] と入れてあげると緊急度や重要度が伝わります。

逆に、お知らせしたいだけで返信がいらない場合は、件名の最後にスペースを一つ空けて、

NRN(=No Reply Needed)

と付け加えてあげるといいでしょう。

なお、初めてメールを送る相手には件名の最後に名前を付けるのもマナーのひとつです。

例えば、

Invitation to our opening event –Hanako Yamada of ABC Ltd.
オープニングイベントへのご招待。株式会社ABC 山田花子

といった形です。

英文メール作成上達のコツとは?

簡単なメール本文と簡潔で分かり易い件名が上手く作成できるようになってきたらさらにスキルを磨いていきたいところですよね。

どうすれば早く上達できるか?

それは、ネイティブとやりとりするメールをひたすらメモしてパターンを自分のものにしていくことです。

「これは使える!」という表現を自分でも使ってみることで、細かいニュアンスもだんだん分かってくると思います。

社会人になると、ビジネス文書のパターンを覚えて使いますよね。

英文メールにも同じように決まった形がありますので、使い慣れてしまうことが肝心です。

メールでの表現はこちらの記事も参考になります

英語でのメールの件名の書き方3つ「〜確認」「締切」「〜案内」まとめ

今回は、ビジネスメールなどでよく使われるメールの件名の書き方についてお伝えしました。

カジュアルな英文メールと違い、ある程度決められた形式があるのが英文ビジネスメールです。

間違えたり、内容がうまく伝わらなかったらどうしよう、と心配になってしまうかもしれませんが、基本となるパターンさえ覚えてしまえば、あとは応用が効きます。

忙しいクライアントにいち早く、確実に読んでもらえる件名を目指して、今回の記事を参考にビジネススキルをアップしていきましょう!

動画でおさらい

「英語でのメールの件名の書き方3つ「〜確認」「締切」「〜案内」」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。