英語表現「説明する」は何と言う?類義語の使い分けや例文を紹介!

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

外国人に対して日本文化を説明する、海外製品の説明書など、「説明」にまつわる英単語を使う機会は意外と多いものです。

和英辞典を調べてみると「説明」を意味する英語の単語が何種類もあることがわかり、どれを選べばよいのか難しいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、英語表現における「説明」の類義語の使い分けのポイントや、参考になる例文についてご紹介していきます。

descriptionとexplanationの違いとは

「説明する」「説明」を表す単語の中でも、もっともポピュラーな表現が
description


explanation

の2つの名詞です。

まずは、この両者の違いや使い方について解説していきます。

description(読み方:ディスクリィプシャン)


weblio英和辞典でdescriptionを調べてみると  記述、叙述、描写、(物品・計画などの)説明書、解説(書)、人相書き、種類、タイプとあります。

口頭での説明というよりは、書面での説明を指すことが多い単語です。

また上記の通り、モノや出来事を詳細に語るようなシチュエーションでも使われる表現です。

descriptionの動詞は
describe

で、性質や特徴・外観などを説明する、描写するという意味で使われます。

【具体例】
明細情報
description information

記述例
description example

彼は私にその建物についての説明をした
He gave me a description of the building.

explanation(読み方:エクスプラァネェィシャン)


もっとも汎用性の高い説明を意味する単語が、explanationです。

ほとんどの物事や対象について使えますが、descriptionに比べて、口頭での説明の意味合いが強い表現になります。

また、日常会話ではexplanationの代わりに、より口語的な
talk


tell


などを使うことも多いです。

explanationの動詞は、
explain

で説明する、明らかにする、などの意味が含まれます。

【具体例】
意味の説明
explanation of meaning

~に関する説明
an explanation for

an explanation of

an explanation about

an explanation that

(※文脈によって前置詞は変化)~

彼は私にゲームのやり方を説明した
He gave me an explanation of how to play the game.

他にもある!「説明」の類語・類義語と使い分け

説明を表す単語はdescriptionexplanation以外にも、多数存在します。

これらの類語を知っておけば、英語での会話がより表現力に富んだものになるでしょう。

account


単語でのaccountは、一般的に会計や預金口座を表すため、ほとんど説明という意味では使われません。

account for~

~の理由を説明するというフレーズになります。

これは、何かの理由を説明するときのみに使われる英語表現です。

presentation


人々の前で、口頭による説明をする場合は、presentationを使います。

日本語でも、プレゼンやプレゼンテーションとして使用しているため、想像しやすい単語ですよね。

demonstration


実験や実演などを行いながら説明する場合は、demonstrationを使います。

この単語には、論証、証明などの意味もあり、相手の目の前で明らかにしながら事実を説明するニュアンスを含んでいます。

show

とも近い表現です。

「説明する」の日常英語表現


日常会話でよく使われる説明の英語表現について見ていきます。

これからご紹介するフレーズは比較的カジュアルなものばかりなので、形式ばった表現をしたくないときにおすすめです。

1.Can you be more specific?

詳しく説明してくれませんか?詳しく説明してください。という定型のフレーズです。
ネイティブの間でよく使われる表現なので、覚えておくと便利です。

2.make something clear

明確に説明するmake something clearで、何々を明確にするという意味です。
somethingの部分に任意の目的語を入れることで、説明してほしい事柄を伝えます。
また、clearを比較級の
clearer

にすることで、はっきりと説明してほしいことをより強調できます。

(例)もっと詳しく説明してくれますか?
Can you make it clearer?

3.break something down

わかりやすく説明する難しい内容をよりわかりやすく、かみ砕いて説明する、という英語表現です。

(例)彼女にわかりやすく説明してください。
Break it down for her.

4.talk about~

~について話す一般的な「~を説明する」という表現に
explain about

がありますが日常会話や雑談では、talk about~を使うことが多いです。

(例)餃子の味について話してください。
Please talk about that taste of gyoza.

【実践編】「説明」を使ったシーン別例文

より実践的な説明を使った英語表現について、いくつかご紹介します。

シーンによって頻繁に使われる表現が異なるため、例文帳などで覚えておくことをおすすめします。

ビジネスシーンで

ビジネスシーンなどのかしこまった場でよく使われる例文を見ていきましょう。

ご説明させてください。
Let me explain.

説明を申し出る際の言い回しです。

より丁寧に表現する場合は、

I’d like to explain.

を使います。

また、相手への説明不足を謝罪する場合は、このような表現が使えます。

説明不足で申し訳ありません。
I’m sorry that I didn’t make it clear enough.

もしくは

I’m sorry for a lack of my explanation.

でも大丈夫です。

日常会話で

説明に関する、普段の会話でよく使われるフレーズをご紹介します。

なぜ~なのか説明しよう。
Let me tell you~.

~についてお見せしながら説明します。
Let me show you~.

日常会話では、descriptionexplanationよりも、Let me tell you~Let me show you~などの言い回しがよく使われます。

前者は口頭のみでの説明、後者は実際の対象を示しながら説明するときのフレーズです。

なぜ富士山が美しいのか説明しよう。
Let me tell you why Mount Fuji is beautiful.

設定画面を表示する方法を説明します。
Let me show you how displaying the configuration screen.

彼女はカフェで見た男について、田中さんに説明した。
She described the man she saw at the cafe to Mr.Tanaka.

物や人物の外観・様子ついて詳しく説明、描写する場合は
describe

を使います。

まとめ

和英辞典の「説明する」という項目にはたくさんの単語が並んでいますが、その理由は、内容や場面に応じたさまざまな言い回しがあるからです。

そのため、いざ英語で話そうとすると、どの表現が適切なのか悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、辞書のページの内容を丸暗記する必要はありません。

説明するのは仕事相手なのか、友人なのか、あるいは雑談なのか、商品説明なのか、シチュエーション別にポイントを絞った適切な用語を知っておけばいいのです。

また、ご紹介してきたような典型的なパターンを覚えてしまえば、会話での応用も可能になります。

最初は少ないフレーズからでも、コツコツ学んでいけば英語表現の幅を広げることができますよ。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須