「I messed up !」の使い方と発音「やっちゃった〜!」




LINEで送る
Pocket

今回は、「I messed up」という表現を紹介します。

日本人にはあまり馴染みがない表現かもしれません。

しかし、この表現は、外国人がよく使う英語フレーズです。

ネイティブ英語に一歩近づくことができるこの英語表現をぜひ覚えてみてください!

I messed upの意味は?

I messed up.

これは、どのような意味でしょうか?

英和辞書によると、mess upという単語には以下のような意味があります。

名詞:混乱、失敗、汚いところ
動詞:ぐちゃぐちゃにする、台無しにする、失敗する

messed upは、mess upの過去分詞形で、何か失敗した状態、(モノや状況などを)ぐちゃぐちゃにした状態、問題だらけな状態というニュアンスで使います。

つまり、I messed up.を直訳すると、このような意味になります。

I messed up.
直訳:私はぐちゃぐちゃな状態にしてしまいました。

やらかしちゃった時に使える英語スラング

I messed upスラング英語として、ネイティブがよく使う表現です。

ここでは、実際にネイティブはどのようなニュアンスで使っているのかを紹介します。

I messed up!
やらかしちゃった!
やっちゃった!
大失態を犯しちゃった!

ネイティブは、何か大きな失敗をした時や大失態を犯してしまった時に、この表現をよく使います。

大きなミスを犯してしまって謝りたい時には、このように表現しましょう。

Oh, I’m sorry. I messed up.
本当にごめんなさい。大きなミスを犯してしまいました。

単に「I’m sorry.」と言うよりも、「やってしまった!」という感情を相手に伝えることができます。

messed upのその他の使い方

messed upには、「やっちゃった〜!」という意味以外にも様々な使い方があります。

先ほど紹介したように、messed upは、ぐちゃぐちゃな状態、混乱した状態という意味ががあります。

そこから、理不尽である、つじつまが合わないという状況で、messed upを使います。

例文をみてみましょう。

たとえば、友人が会社で何か理不尽な目にあっていた時に、

That’s messed up.
全くひどい話だね。

というニュアンスで使います。

何か悪い話を聞いた時に、同情の気持ちをこめてよく使う表現なので覚えておくといいでしょう。

まとめ

何か大きな失敗をしてしまったり、大失態を犯したりといったシーンは、出来れば避けたいですよね。

I messed up!はネイティブがよく使う表現で、失敗してしまったとき、やらかしてしまったという気持ちを効果的に伝えることができるフレーズです。

使わずに済むならそれに越したことはないフレーズですが、誰にでも間違いはあります。

普段の英会話の中で使えるよう、ぜひ覚えておいてください。

動画でおさらい

「I messed up !」の使い方と発音「やっちゃった〜!」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須