木曜日は英語で?曜日の読み方・略表記・由来、日付の書き方も解説!




LINEで送る
Pocket

普段の会話で頻繁に登場する「曜日」の話。

もちろん英会話でも、ビジネスシーンや友達と予定を合わせる時などに日々使用します。

誰もが一度は聞いたことのある英語での曜日表現ですが、実際に使うとなると案外思い出せなかったり、つづりがわからなかったりする方も多いのではないでしょうか?

この記事では、英語での曜日にまつわる由来や表現などを紹介します。

つづりを覚える方法としても役立つはずですよ。

英語の曜日一覧《読み方・省略表記・由来・スペルの覚え方》

英語の曜日をマスターするために、まず理解すべきは「由来」です!

由来は、七曜の名前に連動していたり、北欧神話に関連したものだったりします。

曜日の由来は読み方や表記、覚え方にも連動する部分があります。

実際に詳しく見ていきましょう!

※曜日は固有名詞扱いのため、先頭は大文字になります。

日曜日【Sunday】

カタカナ発音:サンデイ
発音イメージ:サンディ
省略表記:Sun./Su.

由来:太陽の日から来ています。ゲルマン民族が太陽を崇める日として設定した日だったので、太陽の日=Sundayとなったようです。

覚え方:Sun(太陽)の day(日)と覚えましょう

月曜日【Monday】

カタカナ発音:マンデイ
発音イメージ:マンディ
省略表記:Mon./Mo.

由来:ローマ神話の月の女神Luna(ルナ)の日だったことから、月の日(Moon Day)=Mondayとなりました。

覚え方:Moon(月)の day(日)と覚えましょう

火曜日【Tuesday】

カタカナ発音:チューズデイ
発音イメージ:チューズディ
省略表記:Tue./Tu.

由来:ローマの軍神Mars(マルス)が、北欧神話の軍神Tyr(チュール)に置き換えられたことにちなんでいます。
Tyrが「Tiu(チュー)」に変化し、それに「〇〇の」を意味する「es(ズ)」が付いて=Tuesdayとなったそうです。

覚え方:
チュールの日なのでTuesday(チューズデイ)と覚えましょう

水曜日【Wednesday】

カタカナ発音:ウエンズデイ
発音イメージ:ウェンズディ
省略表記:Wed./We.

由来:ローマ神話では商業の神Mercurius(メルクリウス)の日だった水曜日ですが、北欧神話では最高神Odin(オーディン)の日に置き換えられました。OdinのスペルがWoden(ウォドン)に形を変え、それに「es(ズ)」が付いて現在のWednesdayになったといわれています。

覚え方:Woden
(ウォドン)の日なので、Wednesdayと覚えましょう。または、水曜日=水の日=Water=Wednesdayという覚え方がわかりやすいかもしれません。

木曜日【Thursday】

カタカナ発音:サーズデイ
発音イメージ:(前歯を舌にあててから抜きながら)サーズディ
省略表記:Thu./Th.

由来:
ローマ神話では雷神Jupiter(ジュピター)の日だったことから、北欧神話でも雷神であるThor(トール)の日となり、それに「es(ズ)」が付いてThursdayとなったそうです。

覚え方:
サンダー(雷)の日なので、Thursday(サーズデイ)と覚えましょう

金曜日【Friday】

カタカナ発音:フライデイ
発音イメージ:フライディ
省略表記:Fri./Fr.

由来:
ローマ神話では愛と美の女神Venus(ウェネス)の日だったことから、北欧神話でも愛と豊穣の神であるFreija(フレイア)の日となり、Fridayとなったそうです。

覚え方:Freija
(フレイア)のDay(日)と覚えましょう

土曜日【Saturday】

カタカナ発音:サタデイ
発音イメージ:サタディ
省略表記:Sat./Sa.

由来:
ローマ神話の農耕神Saturnus(サトゥルヌス)から来ています。英語の曜日で唯一古代ローマ時代の言語の形を残している曜日でもあります。

覚え方:Saturn
(土星)のDay(日)=Saturdayと覚えましょう

いかがでしたか?

言葉の由来を理解すると覚えやすいのではないでしょうか。

また、発音についてはカタカナ発音の方が覚えやすい人が多いとは思います。

しかしながら、実際の発音は、カタカナ発音と英語の発音では違ってきます。

正しい英語の発音もまとめておきますので、こちらも参考にしてみてください。

発音まとめ

日本語 英語 発音記号
日曜日 Sunday sʌ́ndei
月曜日 Monday mʌ́ndei
火曜日 Tuesday tjúːzdei
水曜日 Wednesday wénzdei
木曜日 Thursday θɜːzdeɪ
金曜日 Friday fráidei
土曜日 Saturday sǽtərdèi

歌で覚えるやり方も

英語では子供たちが曜日を覚えるために歌う歌があります。

覚えにくい曜日も、リズムに合わせて歌う方法なら覚えやすいのではないでしょうか。

また、週の始まりは日曜日からだと思いがちですが、英語圏では地域によって変わります。

和暦同様アメリカでは日曜日始まりですが、ヨーロッパのイギリスでは月曜日始まりです。

きっと一度は聴いたことがあるこちらの歌はアメリカの歌なので、日曜日始まりになっています。

Days of the week Song

Sunday,Monday,Tuesday,Wednesday,Thursday
Thursday,Friday,Saturday
Sunday comes again!

日付の正しい書き方は?

日付+曜日の書き方は、日本語と英語で異なります。

また、アメリカ式とイギリス式でも違います。

ビジネスシーンでメールで英文を打つ際に正しく使えるよう、この機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

アメリカ式

米国式とも呼ばれるアメリカ式は、以下の順で書きます。

曜日


実際に例をあげて見てみましょう。
※アメリカ式では、曜日と日の後にコンマが入ります

【例】2019年7月1日 月曜日
Monday, July 1,2019

読み方は、Monday July the first twenty-nineteen となります。

曜日を含む日付を読む際は日の前に「the」が入るため、読み方にも気をつけましょう。

イギリス式

英国式ともよばれるイギリス式は、以下の順で書きます。

曜日


実際に例をあげて見てみましょう。
※イギリス式では、曜日の後にコンマが入り、日の後には入りません。

【例】2019年7月1日 月曜日
Monday, 1st July 2019

読み方は、Monday the first of July twenty-nineteenとなります。

なお、アメリカ式、イギリス式を問わず「日」の序数の書き方は以下の通りになります。

       数字 序数の書き方

    •  1   1st
    •  2  2nd
    •  3  3rd
    •  4  4th
    •  5  5th
    •  6  6th
    •  7  7th
    •  8  8th
    •  9  9th
    • 10 10th
    • 11  11th
    • 12 12th
    • 13 13th
    • 14 14th
    • 15 15th
    • 16 16th
    • 17 17th
    • 18 18th
    • 19 19th
    • 20   20th
    • 21    21st
    • 22   22nd
    • 23   23rd
    • 24   24th

※以降略

おわかりいただけたでしょうか?

序数の1〜3の表記が他とは違います。

【序数の書き方】
※11〜13以外の数字に適用

1がつくものは1st
2がつくものは2nd
3がつくものは3rd

こちらも覚えておいてください。

誕生日の書き方も同じ?

なにかの申請書類を出す際に必ずと言っていいほど書くのが誕生日(生年月日)。

その書き方も同じなのでしょうか?

誕生日の場合は基本曜日が入らないため若干変わってきます。

例えば、生年月日が1986年1月2日だった場合

アメリカ式:January 2, 1986
イギリス式:2nd January, 1986

読み方はアメリカ式の場合、January second nineteen eighty-sixとなり、イギリス式の場合は Second of January nineteen eighty-sixとなります。

全体を省略形にした書き方はこちらです。

生年月日が1986年1月2日だった場合

アメリカ式:1/2/86 (または1/2/1986)
イギリス式:2/1/86(または2/1/1986)

日常では短縮形の表記を使うことが多いと思うので、活用してみてください。

「前置詞+曜日」使い方と例文

つぎに、曜日を文章の中で使う際に必須となる「前置詞」について勉強していきましょう。

on,by,untilなどの「前置詞」をどう使えば良いかわからない方は多いのではないでしょうか。

実は3つのルールをマスターすれば、意外と簡単に使える、「前置詞」「曜日」の組み合わせをみていきましょう。

on+曜日

曜日に使う基本的な前置詞onです。

また、曜日が形容詞として使われる場合も前置詞onを置くことがあります。

例文をみてみましょう。

【例1】基本的な前置詞on
I have a piano lesson on Wednesday.
(水曜日にピアノレッスンがある)

【例2】曜日が形容詞の場合の前置詞on
On Sunday night
(日曜日の夜に)

until+曜日

次にuntilです。

この前置詞は、「何曜日まで」という文章を作る際に使います。

継続して何かを行う際の終着点を表す前置詞です。

例文をみてみましょう。

【例】
You have to practice the guitar until Monday.
(月曜日までギターの練習を続けなさい)

by+曜日

最後にbyです。

この前置詞は、〆切や期限を示す「何曜日まで」という文章を作る際に使用する前置詞です。

例文をみてみましょう。

【例】
I must finish this homework by Saturday.
(私はこの宿題を土曜日までに終わらせなければならない)

いかがでしたか。

思ったよりも簡単だったのではないでしょうか。

この3つのルールをマスターすれば、簡単に文章を作れるはずです。恐れずに使って英語力を上げましょう!

まとめ

今回は知っているようで難しい英語での曜日の読み方から覚え方までを紹介しました。

語源を理解し、シンプルなルールに沿って覚えると、意外と簡単な英語での曜日表現。

ただ、頭では理解をしていても、使い慣れていないとスラスラ出てこない場合もあるのでこの記事を見返しながら、実際に何度も使ってみることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須