英語で「無いよりはマシでしょ?」right?の使い方

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

今回は、日本人が言えそうで言えない英語のフレーズ、「無いよりマシでしょ?」の英語表現を紹介します。

「マシ」をどのように表現するのかが重要になってきますが、実は中学生で習う単語で表現できるんです。

また、最後の「~でしょ?」という表現についても説明します。
どちらも日常英会話表現として使う機会が多いフレーズなので、ぜひ覚えてください。

無いよりマシ



「無いよりはマシでしょ?」
を英語にすると、
Better than nothing, right?

フレーズの単語の意味は、
better than 〜:〜より良い
nothing:何も(少しも)~ない

これを合わせると
Better than nothing.:無いよりマシ

何も無いよりはいい(マシだ)ね、というニュアンスになります。
日本語で直訳したままの意味ですね。

~でしょ?

フレーズの最後に「~でしょ?」の一言を添えると、日本語でも英語でも相手の気持ちを確認する、また同意を求めることができます。

英語では
~, right?:~でしょ?、~だよね?

英文の最後に、right?を付けます。

rightには「右」の他に、正しい、合っているなど、複数の意味があります。
また、語尾にright?とつけると、~でしょ?という疑問形の意味になり、付加疑問文と同様の使い方ができるのです。

~でしょ?と付け加えることで、「合ってるよね?」と確認や同意を求めています。

また、~, right?の発音をする際は、語尾を上げて発音してください。
そうすることによって、疑問形的になります。

無いよりはマシでしょ?
Better than nothing, right?

一言添えることで、「マシ」と言い切るよりも、やわらかい印象の言い回しになりますね。

その他にもある、「right」を使用した英語の例はこちら。

そう思わない?

~, right?は、~でしょ?という意味で、日常英会話表現としてよく使われてます。

同じニュアンスの意味で他の英語表現で、
~don’t you think?(そう思わない?)

があります。

例文に付け足してみると、

無いよりはマシだと思わない?
Better than nothing, don’t you think?

無いよりマシでしょ?と同じ状況で言えて、やはり相手の気持ちを確かめることができる言い回しです。

ここでは~, right?でも~don’t you think?でも、どちらを用いても構いません。

また本来はbetterの前にはIt’sがあり、
It’s better than nothing, right?

となります。
会話では省略されることが多いので、省略してもしなくてもどちらでも大丈夫です。

自分の意見を一方的に主張するだけでなく、相手の考えも聞くことができますね。

少なくとも

Better than nothing.とよく一緒に使われる単語をもうひとつ紹介します。

At least:少なくとも

少なくとも何も無いよりは良いよね。
At least it’s better than nothing, right?

知っていると表現の幅が広がりますね。

しないよりはマシ

同じように使える英会話フレーズ「何もしないよりはマシ」についても触れておきましょう。

物の有る無しではなく、行動をするしないに着目する場合に使います。

例文:
英語は話せないけど、ジェスチャーでコミュニケーションをとろうとしています。
何もしないよりはマシでしょ?
I don’t speak English, but I’m trying to communicate with hand gestures.
It’s better than not doing anything, right?

It’s better than not doing anything.:何もやらないよりはマシ

こちらも併せて覚えておきましょう。

まとめ



「無いよりマシ」
という表現、日本語でも英語でも、日常会話の中で使う機会は多いと思います。

また、~でしょ?そう思わない?といった表現は、さまざまな状況の会話で頻出する、相手に同意を求めることができる表現です。

一方通行の会話ではなく、相手の意見や考え方を引き出す際に、とても重宝するフレーズなので、ぜひ覚えて使ってみてください。

動画でおさらい

英語で「無いよりはマシでしょ?」right?の使い方を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket