これで安心!英語で電車の「乗り換え案内」フレーズ!

LINEで送る
Pocket

公共交通が整っている
日本では、

訪日外国人が電車やバスなどを
利用している姿を
よく見かけますよね。

車の運転ができないとなると、
やはり電車を活用するのが
主流のようです。

乗り換えが多い日本では、
乗り換えに慣れていない観光客から

「どうやって乗り換えるのか・
どれに乗り換えるのか」

聞かれることもありますよね。

日本には、
いろんな線の電車がるため、
難しいのは当たり前です。

1本乗り間違えてしまったら大変です。

そんなとき、
カッコよく乗り換え方法を
案内できたらかっこよくて、
相手も安心しますよ。

そこで今回は、
電車の乗り換えについて
困っている人がいたら、
悩まず返答できるフレーズを紹介します。

ぜひマスターして
電車利用で困っている外国人を
フォローしていきましょう。

自分から困っている人に声をかけよう

まず初めに、
目の前に困っている
外国人がいた時、

自分から積極的に
話しかけてみましょう。

日本語の読めない外国人にとって、
電車の乗り換えで
迷うのはかなりのストレス。

あなたも、
海外で電車の乗り換えに迷ったら、
不安になりますよね。

地図を見ても分かりづらいですし、
そんな時に乗り換えの
詳しい人から話しかけてもらうと
不安も解消されるのではないでしょうか?

困っている人がいた時、
「何かお困りですか?」
というような

ニュアンスの言葉を
かけてあげましょう。

最初の一言は、

(何かお困りですか?)
・Do you need help with anything?

(大丈夫ですか?)
・Is everything OK?

(何かをお探しですか?)
・Are you looking for something?

(助けましょうか?)
・May I help you?

(迷っていますか?)
・Are you lost?

このように一言
声をかけてあげましょう。

「困る」の直訳は
「be troubled」や

「have difficulty」という

フレーズがありますが、

駅で声をかける時などは
このような
フレーズが自然です。

また、
May I help you?」

ここでは、
「助けましょうか?」
というニュアンスになります。

そして
「Are you lost?」
「迷っているの?」と同時に

状況を確認する
ニュアンスでもありますので
とても便利です。

細かく説明するために重要なフレーズ

自分から声をかけてみて、
乗り換えや
駅について聞かれた時、

まずは
「Sure(もちろん)」や

「All right(もちろん)」

と応じてあげましょう。

もちろん承諾したら、
正確に説明を
しなければいけません。

まずは説明をするにあたり、
電車に
「乗る/降りる」や
「乗り換える」などの

細かいフレーズを
覚える必要があります。

ここでは
覚えておきたい言葉を
紹介しておきましょう。


(乗る)
・Take on/

get on

(降りる)
・Get off

(~線)
・〜Line

(~方面/~行き)
・going toward~ /

bound for~

(~に乗り換える)
・transfer to~ /

change to~

このフレーズは
駅で乗り換えなどを
案内するときに
必須のフレーズ。

電車に
「乗る/降りる」は
もちろんのこと、

「乗り換え」や
「〜線」に乗ることも
しっかり説明
しなければいけません。

とても重要な言葉ですので、
全て覚えておきましょう。

具体的に乗り換え方を案内しよう

乗り換え方が分からなくて、
困っている人の状況を聞いた後は、
具体的な
英語の案内をしましょう。

乗り換えをするには、
「○○線に乗り換える」や
「○○駅で降りる」などの
説明が必要ですね。

具体的に、
案内に使えるフレーズを
紹介します。

(○○線に乗って△△方面に行ってください。)
・Take the ○○ Line going toward △△.

まずは、
何線に乗るのか伝えましょう。

山手線などの「線」は
英語で「Line」と表すので、
「○○Line」と表現します。

ただその線に行っても
逆方向に乗ってしまっては、
大変です。

必ず
「going toward △△(~方面)」
つけるようにしましょう。

(○○駅で△△線に乗り換えてください。)
・At ○○ Station, transfer to the △△ Line.

「transfer」が
乗り換えという意味ですが、
「change」を使って同じ表現をしても伝わります。

また、
(△△駅で○○線に乗って)
・Take the ○○ Line at △△ Station.

このように
伝えることもできますよ。

(○○駅で降りてください。)
・Get off at ○○ Station.

「get off」を使って
降りると表現することができます。

どこで降りるのかを
明確に説明するのは
とても大切です。

(ここから○○駅ぐらいです。)
・It’s about ○○ stops from here.

何駅ぐらいかの数字を
教えてあげると、

電車に乗っている方も
安心ですよね。

(ここから2、3駅ぐらいです。)
・It’s about a few stops from here.

(ここから3駅です。)
・It’s about 3 stop from here.

このように数字を含めて
説明してあげましょう。

(○○分ぐらいでそこに着きますよ。)
・You’ll get there in about ○○ minutes.

このように大体の時間を
伝えてあげるのも良いでしょう。

例えば
10分ぐらいで着くようだったら

「○○」のところに
「10minutes」

と入れて伝えてあげましょう。

これで安心!英語で電車の「乗り換え案内」フレーズ!まとめ

いかがでしたうか?
日本の電車乗り換え
特に難しいです。

日本人でも迷うことが
多々ありますよね。

訪日外国人なら、
なおさら複雑で
分からないものです。

ぜひ
今回紹介したフレーズを覚えて、
困っている人に
声をかけてみてください。

細かく説明してあげることで
相手も安心しますし、
説明できた自分自身も
さらに一歩成長できるでしょう。

LINEで送る
Pocket