「隠居生活」を英語で何と言うと?quiet retirement

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

第一線で活躍していた現役を退き、第二の人生をはじめる年齢はさまざまです。
普通の会社員であれば、60歳から65歳で会社を定年退職し、隠居生活に入ることになります。

日本語では、隠居生活という単語はすぐに思いつくと思いますが、英語ではどのように表現するかご存知でしょうか。

今回は日本人が言えそうで言えない隠居生活の英語表現について紹介します。それでは見ていきましょう。

隠居生活のニュアンス

早速、隠居生活をどう英語で伝えるかを確認していきましょう。

私の両親を主語にした場合、

My parents live in quiet retirement.

となります。

隠居生活は単なる引退後の生活という意味ではなく、のんびりと静かに暮らしているという意味が含まれています。

日本語では隠れるという文字を使いますが、隠れるという言葉は比喩であり、意味合いとしては静かなというニュアンスになるので、
(静かな)
quiet

を使います。

(静かな引退)
quiet retirement

隠居生活を表します。

ですから、
live in quiet retirement

で、のんびりとした隠居生活を送っているというニュアンスを出すことができます。

ぜひ覚えてみてください。

言えそうで言えない英語についてはこちらの記事も参考になります。

quiet retirement以外の表現

英語には隠居生活に相当する表現がさまざまあります。
すでに隠居生活を送っているケースやこれから隠居に入るケースなど微妙に意味合いが異なります。

そこで、隠居に関連した単語を紹介します。

隠居生活
retired life

退職
retirement

退職後の生活
life in retirement

老後の暮らし
life after retirement

最近は定年退職を迎える前に退職するセミリタイアや、早期優遇退職制度に基づいて定年前に退職する早期リタイアなど、退職の時期も多様化しています。

そのため、話題になることも多いので、覚えておくと日常英会話できっと役に立ちますよ!

まとめ

今回は隠居生活を英語で表現した場合について紹介しました。

隠居生活の多くの場合がのんびりと静かに暮らしているイメージがあることから、
quiet retirement

を使って表現することがわかりましたね。

また他にも関連した表現があることもお伝えしました。
退職後どう過ごすかというのは、各国で話題になることなので、今回の表現を知っていると話題になったときに便利です。関連用語もぜひ覚えましょう。

動画でおさらい

隠居生活を英語で何と言うと?quiet retirementを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須