英語で「確認(する)」| ビジネスや日常生活で役立つ表現20

LINEで送る
Pocket

ビジネスシーンでは、確認します確認をお願いしますなど、何かを確かめるやりとりがよくありますね。間違いを防ぎ、物事をスムーズに進めるために避けて通れないコミュニケーションです。
ビジネスシーンに限らず、確かめるという行動は、勉強や旅行など日常生活の中でよく発生します。

重要なやりとりなのに、英語でどのように言えば良いのか分からず、困った経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回は、この確認に関するフレーズの場面に応じた使い分けを紹介していきます。

確認を表す単語と使い分け

確認を表す単語はひとつではありません。
ビジネスや日常生活でふさわしい表現や英単語ごとのニュアンスの違いをみていきましょう。

OK

確認しましたと簡単に伝えたい場合、
OK.

と言えば伝えたいことは伝わります。ただ、友達と話すときなどカジュアルな場面では問題ありませんがビジネスシーンなど改まった場ではふさわしくありません。

check


日本語でもよく使うcheckという単語。

英語でも、確認するという意味でカジュアルな場面からビジネスシーンまで幅広く使うことができます。

checkには、正しいか調べる、正常か点検する、目視するという意味があります。

例文
スケジュールを確認させてください。
Let me check my schedule.

このメールに添付の資料を確認してください。
Please check the attached documents in this email.

confirm


confirmには、ある情報が本当に間違いないかどうかについて裏付けや証拠を使って確かめるというニュアンスがあります。
ビジネスシーンでは資料の最終確認や承認、日常生活ではレストランやホテルの予約の確認などによく使われます。

今日午後5時の予約を確認したいのですが。
I’d like to confirm my reservation for today at 5 p.m.

ご注文の前に最新情報を確認してください。
Please confirm the latest information before placing an order.

confirmについてはこちらの記事もおすすめです。

verify


verify真実かどうかわからないことを確かめる、証明するというニュアンスで、フォーマルな表現です。

そのデータを確認しましたか?
Have you verified the data?

このパスワードは確認がとれません。
This password card has not been verified.

make sure


make sureもよく使われる表現です。

こちらには、念のため確認するというニュアンスが含まれます。
sureは、~と確信しているという意味の形容詞です。sureにするで、~であることを確かめるという意味になります。

(念のため)確認したいのですが。
I’d like to make sure.

忘れ物がないか確認するためにカバンの中を見た。
I looked in the bag to make sure everything was there.

内容や進捗、予約など自分が確認する場合

ここまで紹介した単語を使って、各場面で使えるフレーズを見ていきましょう。
まずは自分が確認する場合の表現です。

Let me check~.

~を確認します。

例文をみてみましょう。

A:このプロジェクトの進捗状況はどうですか?
How is the project going?

B:確認してすぐに報告いたします。
Let me check and get back to you as soon as possible.

よく調べるというより、すぐに確認しますという場面で使われます。

I would like to confirm〜.

〜を確認したいのですが

この表現は少し丁寧な言い方です。

confirmは先ほど説明したように、ホテルやレストラン、会議室などの予約の確認でよく使われます。

ポールブラウンで予約がとれているか確認したいのですが。
I would like to confirm the reservation for Paul Brown.

confirmの部分にcheckmake sureを入れてももちろん使えます。

Allow me to check〜.

~を確認いたします。

allow me to+動詞の原形は、~させてくださいという意味で、相手を尊重したフォーマルな表現です。
allow me to checkで、何かお客様からの問い合わせを受けて確認いたします、とより丁寧なニュアンスになります。

確認いたします。分かり次第すぐに連絡いたします。
Allow me to check and we will contact you as soon as I find out about it.

Just to confirm, 〜?

確認ですが、〜ということでしょうか?

相手の意図を確認したい、と切り出すときのフレーズです。
会話でもメールでも使え、ネイティブもよく使う英語表現なので覚えておくと便利です。

確認なんだけど、明日は9時に学校集合でいいんだよね?
Just to confirm, we’re meeting tomorrow at the school at nine, right?

内容、進捗、予約など相手に確認を依頼する場合

続いて、相手に確認をお願いする時のフレーズを紹介します。

Please check〜.

確認お願いします。

ビジネスメールなどで、〜の確認をお願いしますと伝えたい時にはこの表現が使えます。

より詳しい情報については、添付ファイルをご確認ください。
For more information, please check the attached file.

Could you check〜?

確認をお願いできますでしょうか?

could you~は、英語で丁寧に何かを頼む時の定番表現ですね。
確認をお願いしたいですと丁寧に依頼する表現になります。

以下ご確認いただいてもよろしいでしょうか?
Could you check the following?

Could you please confirm〜?

ご確認いただいてもよろしいでしょうか?

目上の人などに丁寧にお願いしたいシチュエーションでは、could you please~を使うことでより丁寧な表現ができ、確認してくださいませんか?と伺いをたてる表現になります。

3月15日にお送りしたメールを受け取りになったかどうか、ご確認いただいてもよろしいでしょうか?
Could you please confirm that you have received my email sent on March 15th?

ここで紹介した表現のcheckconfirmの部分は、make sureverifyなどに置き換えることも可能です。
相手との距離感や立場、状況に応じて表現を使い分けましょう。

助動詞couldについて詳しい説明はこちらもおすすめです。

メールの件名やビジネスシーンで使えるフレーズ

最後に、会社でのメールやビジネスシーンでよく使われる表現をご紹介します。
まずは、確認してもらったお礼を返信のメールで伝える時。

ご確認ありがとうございます。
Thank you for your confirmation.

確認を依頼する時は次のように表現すると丁寧です。

添付ファイルをご確認いただけますと幸いです。
I would appreciate it if you could check the attached file.

メールの件名で~の確認と表現したい時は、confirmの名詞confirmationを使いましょう。

ご入金の確認
Confirmation of your payment

ちなみにメールの文中で振り込みを確認しましたと伝える表現は、以下のような表現もよく使うので覚えておきましょう。

入金を確認いたしました。
We confirmed your payment.

お振り込みいただきありがとうございました。
Thank you for your payment.

まとめ

確認に関する単語やフレーズをみてきました。
確かめるという行動は、仕事はもちろん、日常生活でも物事を円滑に進めるために欠かせません。だからこそ、適切な表現で確実に行いたいコミュニケーションです。

今回紹介した表現は、いろいろなシーンでよく使うフレーズばかりなので、覚えておくと英語での電話やメールなどもスムーズに対応することができます。
ぜひ、丸ごと暗記したり、何度か口に出して、いざという時に使えるようにしておきましょう!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須